間取りにある「S」って何!?知っておいて損はない"不動産の豆知識"

間取りにある「S」って何!?知っておいて損はない"不動産の豆知識"

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

間取りを見ていると、たまに「S」と書いてある部屋がありますよね。また、「2LDK+S」などと書いてあることもよくあります。

この「S」とは何でしょうか?

サービスルームの定義とは?

建築基準法では「居室」の定義付けがされています。
居室に必要な条件とは、「採光に必要な窓などの開口部が居室の床面積の7分の1以上あること」、「換気に必要な開口部が床面積の20分の1以上であること」です。

この定義に合わない部屋は「居室」とはみなされず、納戸的な扱いになります。
それが「S」、つまりサービスルームとされている部屋です。
間取り図によっては、サービスルーム(S)となっているほか、納戸(N)となっていたり、ウォークインクローゼット(WIC)や書斎(DEN)という表記になっているものもありますが、これらはすべて居室とは認められない部屋のことです。

この場合、部屋の広さは関係なく、6畳近くあるサービスルームなども存在します。
また、窓がついているのにサービスルームとなっている部屋もあります。
これは、窓の外側が廊下に面しているとか、隣接する建物の陰になっているなど、採光が得られない窓とみなされているためです。

例えば、マンション内で同じ間取りの部屋でも、上層階の部屋は「3LDK」となっているのに下層階の部屋では「2LDK+S」という表示になっていることがあります。これは、上層階では光が得られる窓が、下層階では隣接建物の陰になり採光の得られない窓とみなされていることが考えられます。

一概にサービスルームといっても、その様相はさまざまということです。

サービスルームのメリットとデメリット

サービスルームの最大のメリットは、販売価格です。同じ間取りでも居室が1つ減るとみなされるので、価格は安くなります。つまり、同じ間取り、同じ平米数でも3LDKより2LDK+Sのほうが安いということです。

では、どんなデメリットが考えられるのでしょうか。もちろん、採光が十分でない点が挙げられます。また、居室とみなしていないために、テレビや電話線の差込口がない、エアコンを設置するための穴やコンセントがなく空調設備が設けられない、ということがよくあります。

サービスルームをどのように使うかについては特に規定はありません。
居住者が自由に使っていいので、そこを居室として利用することももちろんできます。しかし、やはり最大のデメリットはエアコンが設置できないことでしょう。
エアコンがない部屋で夏や冬を過ごすのは厳しいものがあります。ただし、窓型のエアコンを設置するなどの対策を練れば、居室として十分に使えるサービスルームもあります。またモノは考えようで、窓がないサービスルームは日光の影響を受けにくいので、日焼けが心配な衣類や書類、食品などの収納スペースとしては最適です。

「+S」の物件に出会ったら、間取りだけを見て判断するのではなく、まずは現場を見ることが一番。同じサービスルームでもさまざまな様相がありますので、実際に現地を見てそのサービスルームの活用性を見出してください。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス