傷害保険と医療保険の違いとは?知らないと損する「傷害保険」3つの条件とは

傷害保険と医療保険の違いとは?知らないと損する「傷害保険」3つの条件とは

クレジットカードの付帯保険としても目にすることの多い傷害保険。具体的に、どのようなときに給付を受けることができるのでしょうか。

いつ、どんなトラブルをカバーしてくれるのかを知らなければ、保険の請求をすることもできません。意外と広い範囲をカバーしてくれる傷害保険の特徴や種類について解説します。

傷害保険と医療保険の違いは

そもそも傷害保険とは、突然の事故などによるケガを補償してくれる保険です。
ケガを補償する保険には医療保険もありますが、傷害保険と医療保険では、加入条件もカバー範囲も異なっております。

医療保険は、契約内容によるが、ケガや病気などで、入院や手術をした際に給付金が受け取れるものです(保険商品により、一部除外される病気などもある)。

その性質上、加入する際は、持病や病歴についての告知義務があります。これを偽って加入した場合、給付金が支払われないこともあるので注意が必要です。

一方の傷害保険は、病気で給付金を受け取ることはできません。
また、ケガであっても、元々の持病が原因となっている場合は給付の対象外となります。

傷害保険は、あくまでも突然の事故などによって負ってしまったケガを補償するための保険なのです。そのため、加入に持病や病歴の告知義務はなく、健康状態にかかわらず加入することができます。

さらに、医療保険と傷害保険では、保険料の決まり方も異なります。
医療保険は年齢が上がるごとに病気のリスクが高まることから保険料も上がっていくのが一般的ですが、傷害保険の場合、年齢によって保険料が変わることは原則としてありません。

一方で、危険な職業についている場合に、保険料が上がるケースがあります。

傷害保険の対象となるケガは

傷害保険でカバーすることのできるケガは、「急激」「偶然」「外来」という3つの条件を満たしたものに限られます。これ以外のケガについては、給付金の支払い対象外となるため注意しなければなりません。

傷害保険の対象となるための3つの条件

3つの条件が具体的にどのようなことを示しているのか、ひとつずつ見てみましょう。

  • 急激

急激とは、ケガの原因が発生してから、実際にケガを負うまでに時間がないことを指します。昔の事故が原因で、ある日痛みが出てきたというような場合は、急激には該当しません。

  • 偶然

偶然とは、予想できない偶然の結果によってケガを負ったことを指します。自分でわざと危険なことをした場合や、誰が見てもケガをするリスクがあるような行為を行っていた場合は、偶然であるとはいえません。

  • 外来

外来とは、ケガの原因が自分の体の中以外にあることを指します。元々持っていた持病などが原因で起こった事故などは、傷害保険の対象外となります。

対象にならないケガの具体例

傷害保険の3つの条件を満たさないケガの具体例には、次のようなケースがあります。このような場合は、傷害保険から給付金を受け取ることができません。

  • テニスを繰り返し行うことによって肘に痛みが出ていたが、そのままプレイを続けたことによってテニス肘になってしまった(「急激」「偶然」を満たしません)。
  • 貧血が悪化して倒れた際に頭を打った(「外来」を満たしません)。
  • 飲酒運転をしていて事故を起こした(「偶然」を満たしません)。

傷害保険の対象になるかどうかは、このように、3つの条件を満たすかどうかを順に検討してみることで知ることができます。

ケガによりどのような状態になると傷害保険を受け取れる?

3つの条件を満たすケガによって次のいずれかの状態に陥った場合、傷害保険の保険金・給付金を受け取ることができます。

  • 死亡
    ケガが原因で死亡した際に、保険金が受け取れます。本人が受け取ることはできないため、死亡保険金の受取人を指定していない場合、法定相続人が保険金を受け取ることになります。

  • 後遺障害
    傷害保険の対象となるケガが原因で後遺障害が残った場合に、所定の給付金が受け取れます。

  • 入院
    ケガの治療を理由として入院した場合、入院日数に応じた給付金を受け取ることができます。なお、医療保険にも加入していた場合、両方から給付金が受け取れます。

  • 手術
    ケガの治療のための手術について、所定の給付金が受け取れます。

  • 通院
    医療保険の場合、通院だけでは給付金を受け取れない場合もありますが、傷害保険では基本的に通院のみでも給付金が支払われます。

入院後の通院や手術後の通院などに限定されることもないため、軽微なケガでも給付金が受け取れる可能性があるでしょう。

傷害保険に付帯できる特約

傷害保険には、各種の特約をつけることができます。特約を利用することで、ケガに限らず日常の中で起こるさまざまなアクシデントに備えることができます。

傷害保険の特約には、盗難・破損などによって持ち物に損害を生じた際に支払われる携行品損害特約や、他人に損害を与えた際の賠償金等をカバーする個人賠償責任特約、他人から借りたものを破損させた場合の賠償責任特約などが挙げられます。

また、ユニークなものでは、ホールインワン特約や旅行中に遭難した場合の捜索費用などをカバーしてくれる特約もあります。

このような特約は、特に旅行やレジャーに行く際に役立ちます。アクティブなレジャーを楽しむことが多い人や、スポーツをしている人などは、傷害保険をうまく利用するのがおすすめです。

さまざまな傷害保険

傷害保険には、いくつもの種類があります。それぞれの特徴を知った上で利用すれば、必要な補償を必要なときに役立てることができます。

普通傷害保険・家族傷害保険

本人だけに補償対象をしぼった通常の傷害保険を普通傷害保険、夫婦型や家族型など、対象者を広くした傷害保険を家族傷害保険と呼びます。

突然の事故によるケガは、いつ誰が遭遇するかわかりません。家族がいる場合は、家族全員の補償をカバーできる保険を選ぶのが得策でしょう。

旅行傷害保険

旅行傷害保険は、旅先でのケガに備えるための保険です。特に海外旅行に行く場合、日本の健康保険証を使うことはできません。言葉も通じないことから、突然の事故に遭ったとしても、どうすればいいのか右も左もわからないということになりかねません。

24時間電話対応サービスのある海外旅行傷害保険に入っておけば、保険会社のサポートを受けることができるため安心です。

また、補償範囲にテロや歯痛、個人賠償責任、携行品損害、手荷物到着遅延などが含まれるものも多く、海外旅行におけるさまざまな偶発的トラブルに対応することができます。海外に出掛けるときは、ぜひとも入っておきたい保険です。

クレジットカードによっては、付帯サービスとして旅行傷害保険がついているものもあります。自分の所持しているクレジットカードに保険の付帯サービスがついていないかどうか確かめておくと、いざというときに役に立つでしょう。

交通事故傷害保険

交通事故傷害保険は、交通事故によるケガに特化した補償を行います。車での事故はもちろん、自転車事故や駅のホームでの事故などもカバーされるため、小さい子供や高齢者がいる家庭にも適しています。

少ない保険料で、死亡、入院、通院、手術などに備えることが可能です。特に事故による重度の後遺障害は、その後の生活に大きな影を落とすものになりかねません。こうしたリスクをカバーする保険として、交通事故傷害保険は役立つでしょう。

一方で、車での事故については、自動車保険の任意保険に入っていれば、ある程度の補償を受けることができるなど、ほかの保険との兼ね合いによっては不要となるケースもあります。

独自のカバー範囲が魅力の傷害保険

傷害保険は、旅行中など、必要性が高まるときだけでも利用することができる保険です。 また、健康状態の告知義務がなく加入できることや、年齢が高くなっても保険料が変わらないことから、通常の医療保険に加入できない持病を持った人や高齢者のセーフティネットとしても役立ちます。

傷害保険ですべてのリスクをカバーすることはできませんが、不慮の事故によるケガを原因とする通院などを含めて広く補償してくれるというのはありがたいですね。

傷害保険の内容とカバー範囲を知った上で、医療保険やがん保険、損害保険などとの補償範囲の兼ね合いを考えて、加入を検討しましょう。

リズム株式会社

東京23 区の中古ワンルームマンション投資やリノベーション投資など を手掛ける不動産投資会社です。バリューアップした中古不動産を、将来のライフプランを 叶える資産としてご提案しています。“「住む人の満足」が「持つ人の満足」につながる“と いう考えのもと、資産価値の高い空間づくりを目指しています。
リズム不動産投資サイト
facebook

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス