マンション購入時の「手付金」とは?相場はどのくらい?

マンション購入時の「手付金」とは?相場はどのくらい?

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

マンション購入の際、購入金額のうち最初に支払うものとして、頭金のほかに手付金というものがあります。この手付金というのは、どういうお金なのでしょうか。どの時点で支払い、いくらぐらいが必要なのでしょうか。また、頭金との違いは何なのでしょうか。マンション購入時の手付金について探っていきましょう。

手付金とは?

いいマンションが見つかっても、すぐに購入できるわけではありません。購入するマンションを決めてからローン審査を行うため、少しの時間がかかります。その間に物件が売れてしまっては元も子もありません。そのため、購入する物件が決まったら、まず売買契約を結び、手付金というものを支払います。

買い主側からすれば、手付金を支払うことによって物件が確保されます。売り主側から見れば、物件の売り先が確保できたことになり、これで双方一安心ということになります。手付金は、保証金のようなものなのです。

手付金を授受した後は、契約解除になった場合の保証金として扱われます。例えば、買い主側が何らかの理由で契約を解除したときには、この手付金はそのまま売り主に払わなければなりません(手付放棄)。反対に、売り主側の理由で契約解除になった場合には、売り主は手付金の倍の金額を買い主側に払わなければなりません(手付倍返し)。

また、手付金はあくまでも手付金で、物件代金の一部ではありません。なので、実際に契約が成立して代金を支払う際には、その手付金はいったん返還したうえで、買い主側が物件代金に補てんするという形式をとります。事実上は物件代金の一部になるのですが、あくまでも書類上は別ものになります。

手付金の相場金額は?

では、マンションの手付金の相場はいったいどのくらいなのでしょうか。一般に、未完成物件で物件代金の5%程度、完成物件では10%程度が相場とされています。これという決まった金額はなく、売買契約の中で決められていきます。

ただし、あまり手付金が高すぎても、万が一売り主が倒産した場合などに回収不能にもなりかねません。また、突然の転勤や家庭の事情、会社の業績悪化や倒産等でローンが組めなくなったりと、買い手側にも何が起こるかわかりません。そうしたことを考えると、高い手付金を支払うのはリスクが高すぎます。

また、手付金が少なすぎたり、中には手付金が不要という契約も存在しますが、そうした場合には何かあったときには法外な違約金を取られたりトラブルになるケースは少なくありません。

手付金は必ず現金での授受になりますので、そういった様々なことをかんがみて、5~10%という相場が生まれたようです。

また、手付金は契約時の保証のためのお金となりますので、できれば契約日、早くても契約日の前日に支払うのが理想とされます。契約を締結したわけではないのに支払うのは、何かあった場合のリスクが大きすぎるとうわけです。

また、一括払いの場合などには、契約した時に物件代金を支払うことができますので、手付金はない場合がほとんどです。

せっかく出会ったマンションを逃さないためにも、必要な手付金についてしっかりと知っておくことが必要でしょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス