その土地大丈夫?「建築条件付土地」を買う前に知っておきたいポイント3つ

その土地大丈夫?「建築条件付土地」を買う前に知っておきたいポイント3つ

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

新築住宅の購入をお考えの方、ちょっと待ってください!その物件、「建築条件付土地」ではないですか?念願のマイホーム購入に向け、デザインや間取りを考え、建設業者もお調べのあなたに知ってもらいたい「建築条件付土地」についてまとめました。

建築条件付土地とは?

建築条件付土地とは、「土地の売主が指定する建築業者と、一定期間内に建築請負業務契約を交わし、自己の所有する土地上に建物を建ててもらうこと」をいいます。

通常、土地を購入すれば、その上に自分の好きなデザインや間取りで家を建てますよね。また、結婚前であれば「結婚後に家を建てたい」などの建築時期も、自分で決められるものです。 しかしこの建築条件付土地の場合は、売主(不動産会社)が「自分の会社で家を建てることを前提に、この土地をお売りします!」というものなのです。 そのため、購入した土地の上に建てる建物に対して、ある程度の条件がついてしまいます。 つまり、ゼロから自分で決められる「注文住宅」とは違い、あらかじめ建設会社が決まっている点が、建築条件付土地の特徴といえます。

では具体的な“条件”とはどういったものなのでしょうか。購入者視点で解説していきたいと思います。

“条件”が整わない場合は?

まずは契約の“条件”と“ポイント”をおさえていきましょう。

1.土地の売主は誰か

まずは土地の売主の確認です。 売主は不動産会社であるケースが多く、そしてその売主が指定する建築業者というのは、売主である不動産会社のグループ会社であるケースが多いです。つまり、購入者ご自身で業者を選定することはできないといった点がポイントとなります。

2.建物プランの期間は?

冒頭で、建築条件付土地の定義で「一定期間内に」請負契約を締結することを挙げました。この「一定期間内」の具体的な期間ですが、一番多いとされているのが『3ヵ月』です。まれに6ヵ月と長い場合もあります。なかなか時間がないので、注意が必要です。

3.仲介手数料はどうなる?

購入者さんが一番気になるのは、もしかしたらこの仲介手数料かもしれませんね。建築条件付土地の場合、“土地のみの購入“となるため、条件の付いた土地にしか仲介手数料はかかりません。建物はまだ建築していないので、仲介手数料はかからない点がポイントです。

以上がこの契約の“条件”と“ポイント”になります。

では、もしこの条件が整わなかった場合は、どうなるのでしょうか。 上記で挙げた1~3のひとつでも整わなかった場合は、契約は白紙となります。 例えば2で挙げた、売主との一定期間内(3ヵ月)での建築プランが折り合わず、期間を過ぎてしまった場合。この場合は、(建物条件付)土地の売買契約は白紙解除となり、なかったこととなります。

「支払った仲介手数料はどうなるの?」と思われた方もいらっしゃると思います。 ご安心ください、全額返金されます。また、違約金も発生しません。

最終的には解除できるものの、やはり手間と時間はかかるものです。 購入した後に、「自分で建築業者は選べないの!?」などといったことをきっかけに、業者とトラブルになるケースは多いです。購入の事前に、この建築条件付土地についての理解が必要です。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス