「布団の捨て方」知っている?やってはいけないNG行為とは

「布団の捨て方」知っている?やってはいけないNG行為とは

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

要らなくなった布団の処分に困ったことはありませんか?新しい布団を買った時や引っ越しの時に荷物になった時、意外と困るのが布団の処分です。今回は知っておくと助かる、布団の捨て方とその注意点をご紹介します。

意外にわからない布団の捨て方

まず、布団は何のゴミになるのでしょうか?

自治体では、粗大ごみに分類されている所が多いようです。自治体にもよりますが、粗大ごみとして出す場合は事前に自治体が発行している粗大ごみのシールを購入して、指定された場所と日にちにシールを貼った布団を出して回収してもらいます。シールは一枚数百円程度ですが、布団一枚につき一枚必要なので、枚数が多いと意外に高くなります。布団を細かく切り刻めば、燃えるゴミの日に出せる場合もあります。この場合、料金はかかりませんが、かなりの力仕事になります。

不用品回収業者に頼む捨て方もあります。業者の場合は、日にち指定もなく、家まで取りに来てもらえるので、いつでもすぐに処分できるメリットがあります。ただし、有料となるので、事前に見積もりをしてもらったほうが安心です。布団が未使用だったり、きれいな状態の場合は、リサイクルや寄付などの方法もあります。

やってはいけないNG行為  

布団の捨て方にはいくつか注意点があります。自治体で粗大ゴミとして出す場合は、細かい指定があります。

一つの例をあげると、長さ90センチ以内、直径40センチ程度でしっかりひもなどでまとめておくというような決まりです。自治体によって条件が異なるので、事前に調べておく必要があります。

燃えるごみとして出す場合も、小さく切ってきちんとゴミ袋に入れた状態で出さなくてはいけません。いずれも指定どおりに出していないと、回収してもらえません。いい加減な出し方や、適当な場所に放置することは、放火などの犯罪の原因にもなるのでしてはいけません。

不用品回収業者に頼む場合も注意が必要です。業者の中には廃棄物収集運搬業の許可を受けていない業者があります。そのような業者に頼むと不法投棄のような違法行為を行っている場合があり、トラブルの原因となります。業者を選ぶ時は、事前にしっかり調べておく必要があります。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス