沖縄らしさで原点回帰した「Payke」。ユーザーの気持ちも体験できる新オフィスとは?

沖縄らしさで原点回帰した「Payke」。ユーザーの気持ちも体験できる新オフィスとは?

訪日外国人向けショッピングサポートアプリを中心としたインバウンド対策プラットフォームを展開する、沖縄生まれの株式会社Payke(ペイク)。人員増加と事業拡大にともない、2019年7月に東京オフィスを千代田区九段から港区赤坂のオフィスビルに移転しました。

本物の砂浜と波の音。リゾート感あふれるエントランス

エントランスを入るとどこからか波の音が聞こえてくるPaykeのオフィス。石畳の階段を上った中央が受付と待合スペースになっています。 受付と待合スペースをぐるりと囲んでいる石垣は、本物の……ではなく、石垣を撮影して作ってもらった壁紙。遠くから見ると本当に石垣が積まれているように見えます。 砂は本物。散りばめられた貝殻やビーチグラス、やさしいLEDキャンドルの灯りに、ビーチリゾート感満載。手形を作って遊ぶ社員もいるようです。

今回お話をお伺いしたのは、経営管理部長の橋本直さんと、経営管理部の岡田百合子さん。沖縄で創業したPaykeが東京にもオフィスを構え、東京での移転は4回目。 「沖縄よりも東京のほうが人数が増えてきたので、沖縄を忘れないように原点回帰。拡大していく中で、改めてビジョンを確認していこうというメッセージを込めて、沖縄らしさを感じられるようなオフィスづくりを心がけた」と言います。

たっぷり設けた個性豊かな会議室

会議室はエントランスの周りを囲むように配置されています。 会議室の中にも石垣やグリーンが施され、さりげなく波の音も聞こえます。2人用の小さな会議室から大人数用まで、バリエーション豊か。 ブレスト専用の会議室はあえて外から丸見えにしてあるそうです。

タイプは様々でも、どの会議室も明るい雰囲気で、白い壁や石垣、グリーンなどで統一感を出しています。 会議室の名前はそれぞれの特徴にあわせてすべて社長自らがネーミングしたそう

沖縄の空気を感じられるリフレッシュスペース

リフレッシュスペースはさらにリゾート感全開。靴を脱いで寛げるコーナーや、 リゾートホテルのラウンジのようなエリアもあり、壁には沖縄の風景写真が飾られています。 全体会議やセミナーなどを行うひな壇にもグリーンが施され、自然を感じることができます。 バーカウンターも、ビーチハウスにあるような雰囲気で、仕事を忘れてしまいそうです 今そろっているお酒はお祝いなどでいただいたもの。19時以降は解禁になるそうです こちらもいただきものの立派なコーヒーメーカー。コーヒーはいつでも自由に飲んでOKです

いたるところにリゾート感を感じながらも、無理なく落ち着いた雰囲気なのが印象的でした。

社員がユーザーの立場を体験できるPayke Store

今回のオフィスの大きな特徴のひとつは、社内コンビニ「Payke Store」です。

商品パッケージのバーコードをスマホでスキャンすると、商品の情報を7言語で表示できるサービスを展開するPayke。 この自社サービス「Payke」を「Payke Store」に導入し、社員が実際にPaykeを初め、開発中のサービスを実験しながら、ユーザーの立場や気持ちを感じられるようにしました。 商品は現在、社員に希望を聞きながら集めている段階。ここで購入するだけでなく、仕入れから関わり、売る側と買う側、両方の立場を体験しようとしています。

先を見越して余裕を持ってつくった執務室

新オフィスは前のオフィスと比べて、4倍の広さに。

営業が移動しやすい立地であることを優先していたところ、溜池山王駅から近く、複数路線利用できる、このオフィスを紹介されたとのこと。

執務室も広さを十分にとっており、「これから少しずつ社員数が増えていく予定」 「できるだけ長くこのオフィスにいられるよう、拡張性のある執務室に」 とのことで現在はまだスペースに余裕がありました。

「あらためてコミュニケーションする場をつくりたい」と、執務室内にも気軽に集まれる場所をたくさん設けました こちらは集中エリア兼テレフォンブース。リゾート風な壁紙が気分を明るくしてくれます

創業の地である沖縄らしさを存分に感じられ、広さも十分にあり、立地も申し分ない新オフィス。「満足度は100%と言いたいところだけど、まだまだこれからみんなで作って行きたいから、まだ未完成。80%ということにしておきたい」と、うれしそうにお話ししてくださいました。

これからのオフィスの成長、そして「Payke Store」がどのようににぎわっていくのか、楽しみです。

株式会社Payke について

【 設 立 】 2014年11月26日
【代表取締役】 古田 奎輔
【 本 社 】 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル 4F
【 会社HP 】 https://payke.co.jp/
【 事業内容 】 訪日外国人向けショッピングサポートアプリ「Payke」の開発・運営、物販・商品開発のコンサルティング

オフィス取材に関するお問合せはこちら

⇒お問い合わせフォーム

オフィス移転に関するお問合せはこちら

⇒お問い合わせフォーム

運営会社:株式会社おうちのアドバイザー
TEL:03-6275-1302 FAX:03-3453-0870
運営メディア:ベンチャーオフィス

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス