一人暮らしで犬を飼う前に知っておきたい3つのこととは?おすすめ犬種はこれだ

一人暮らしで犬を飼う前に知っておきたい3つのこととは?おすすめ犬種はこれだ

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。

私たちに最も身近なペットの1つであり、日々の生活のパートナーとして人気の高い犬。最近では、一人暮らしでも犬を飼いたいと希望する方が増えているようです。

ただ、犬の健康管理や環境づくりも全部ひとりだけで行わなければならず、責任や負担が少なくありません。犬と一緒に快適に過ごすには、どういう点に気を付けたらよいでしょうか?犬を飼うことで得られるメリットや飼う上で必要なこと、一人暮らしに最適な犬種を、この機会に知っておきましょう。

一人暮らしで犬を飼うことで得られるメリットとは

なにより癒される!

犬を飼うことの一番のオススメポイントは、癒されることでしょう。一人暮らしは気楽な一方で、寂しさを感じることもあります。仕事や友人関係で失敗した時、体調が悪くて寝込んだ時など、誰かがそばにいてくれれば……。と考えてしまいませんか?

犬がいれば、そんな気持ちも紛れます。なにより愛情を与えることで、いつも寄り添ってくれる大切なパートナーになるのです。

社会性が生まれる

一人暮らしだと、他人とのコミュニケーションが不足してしまいがちです。犬を飼うことになれば、毎日の散歩や動物病院に連れて行くことになり、他の飼い主との繋がりができます。共通の犬の話題で盛り上がることで、新たな人間関係も増えていくかもしれません。

自分の健康管理の自覚

1人と1匹の暮らしでは、犬にとってあなただけが頼りです。毎日欠かさず世話をすることで、他者への責任感が生まれ、自然に自分の健康にも気を付けるようになります。また最近の研究データでは、ペットと一緒に過ごすことで、病気の回復力や抵抗力が増え、リラックス効果も大きいと報告されました。

犬を一人暮らしで飼う際に「必要なこと・注意すべきこと」

1日長時間留守にしない  

仕事や学校の時間は仕方がないですが、それ以外の時間はなるべく犬と一緒に過ごすよう心がけましょう。実は犬はお留守番なんて好きじゃないのです。家族のあなたと一秒でも多く過ごしたいと思っているはず。出張や帰省する場合は、留守中にお世話を頼める人を確保することが必要です。  

犬のための生活環境をきちんと整える  

あなたの部屋に犬を迎えるにあたって、ある程度のスペースを確保しなければなりません。ケージやトイレの場所はもちろん、自由に遊べる広さはありますか?犬がいたずらしては困るもの、誤飲してしまう恐れのあるものなどは一度、徹底的に整理することをお勧めします。  

お金が意外とかかる

犬の餌やグッズ、動物病院の診察など、犬を飼うと出費も多くなります。その他にもトリミング代、保険、一人暮らしならば長期で留守にする時のペットシッター代、ペットホテル代も必要でしょう。ペットとはいえ、大切な家族が増えるのです。十分な経済力が必要になります。

一人暮らしで飼うのに向いている犬

大型犬よりは小型犬の方がお勧め

なにかと維持費がかかり、毎日運動させなければいけない大型犬よりも、室内飼いの出来る小型犬の方が、一人暮らしには向いているようです。その中でも特に人気が高いのが「チワワ」や「トイプードル」。  

チワワは小さいながらも独立心が強く、一人ぼっちでのお留守番でも比較的ストレスが溜まりません。トイプードルは抜け毛と体臭が少なく、賢いのでしつけをしやすいのが特長です。どんな犬を選ぶのかは個人の自由ですが、最後まで責任を持って共に暮らしたいもの。

飼い主も犬も幸せになれる飼い方を見つけてくださいね。  

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス