最低限知っておきたい!賃貸住宅で猫を飼う際に必要な「5つの対策」をプロが解説【原状回復の不安を解消】

最低限知っておきたい!賃貸住宅で猫を飼う際に必要な「5つの対策」をプロが解説【原状回復の不安を解消】

こんにちは、「ねこままホテル」オーナーでペット可住宅のコンサルティング行っているライターの薬師寺 康子です。

近年、猫を飼い始める方が増えており、犬の飼育頭数に迫る勢いです。猫はお散歩をする必要がなく、ワンルームでも十分飼えるので、一人暮らしやお仕事を持っている方が多い都心部では、猫が飼える賃貸物件は人気です。

ただ、猫は床や壁を傷つけたり、おしっこの臭いがとれないなど、退去時に多額の原状回復費用が発生してしまうのでは、と不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、猫の習性や行動を踏まえたうえで、施しておきたい必要な対策についてご紹介しましょう。

1.壁の傷対策

壁の傷といえば、猫の爪とぎです。爪とぎは猫本来の習性であり、やめさせることはできません。かといってそのままやりたいほうだいにしておくと壁はボロボロに。壁で爪とぎをさせないためには、猫を爪とぎをしてもよい場所へ誘導してあげねばなりません。

まず、猫がどこで爪とぎをしたがるのかをよく観察します。室内ドアすぐ横の壁、猫トイレすぐ横の壁、壁の角などが恰好の爪とぎ場所です。場所が特定できれば、そこの近くに爪とぎ器を置きます。できれば立って爪がとげるタイプが最適です。そして、猫が好んで爪とぎする壁の部分にはツルッとしたシートを張って保護します。

猫は爪がひっかからないところでは爪とぎをしませんので、しばらくするとシートで保護した場所では爪とぎせず、近くに置いた爪とぎ器を使うようになるでしょう。

2.床の傷対策 

猫は歩くときは爪を肉球の中にしまっています。しかし、走り回るときは爪を出しており、床は傷ついてしまうのです。猫の爪は細く鋭いので、いつのまにか床には滑った後のスケートリンクのような無数の細い傷跡が。

床の傷を防ぐには、カーペットを敷くのが一番です。猫がよく行動する場所だけでもよいので、カーペットで床を保護しておきましょう。カーペットの毛先がループ状だと爪がひっかかり危険です。毛先は切りっぱなしで短いタイプを選んでください。

3.床の汚れ対策

猫は、毛づくろいでおなかにたまった毛玉を定期的に吐き出します。ごはんを一気に食べた後に吐くこともあり、猫にとって吐くことは珍しいことではありません。

吐いた後すぐに始末できればよいのですが、仕事から帰って気づいたときには、フローリング表面のコーティングが剥げてしまった、床材にしみこんで染みになってしまった、なんていうことも。床の傷対策と同様、カーペットを敷くことで防げますが、タイルカーペットにすると、汚れた部分だけはずして洗ったり取り換えられ、清潔が保てより便利です。

4.臭い対策

猫で気になるのは、おしっこの臭いです。猫はトイレを失敗することは滅多にありませんが、トイレが汚れている、ストレスがある、自分をアピールしたい、というとき、おしりを上げておしっこをしがちです。

すると、おしっこは、床に飛び出したり周りの壁にかかってしまいます。トイレ周りの床や壁にはあらかじめペットシーツや防水シートを張り付けておくと、臭いが染みつかず安心です。

また、去勢していない雄猫のおしっこの臭いはとてもきついです。内装材に染みてしまうと臭いはなかなかとれず、退去時の問題になりがちです。この臭いは去勢することでかなり軽減しますので、去勢手術はとても有効な臭い対策です。

5.お風呂場対策

ペット飼育の規約等で、猫をお風呂場で洗ってもよい場合、抜け毛で排水溝の流れが悪くならないよう対策しなくてはなりません。毛取りネットのようなものが手軽に購入できますので、排水溝の入り口に取り付けておくと安心です。

また、お風呂場にはシャンプーや洗剤など猫が口にすると危険なものが多いので、充分に注意することも必要ですね。

ご紹介した対策を施すことで、愛猫が内装を傷つけたり汚したりすることを心配せずに暮らせることを願っています。お互いにストレスなく楽しく暮らせますよう、ぜひ、お試しください。

薬師寺 康子
株式会社クララ 代表取締役/「ねこままホテル」オーナー

ペットとの快適な暮らしを提案するため、ペット可住宅のコンサルティング、ペットサービス、ペット関連イベント、ウェブサイトの企画運営など、幅広く事業を展開。 その他、動物専門学校講師、講演、雑誌やWEBへの執筆活動を通じて、よりよいペット共生社会の実現を目指し活動中。

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「イエイ」では、登録査定会社1700社以上から、
最大6社を比較できる売却査定サービスを提供しています!

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4
powered by

不動産サービス