【家の査定依頼から引渡しまで】不動産売却の流れと高く売るコツ

【家の査定依頼から引渡しまで】不動産売却の流れと高く売るコツ

家の売却は不動産会社と協力して行います。 スムーズに売却するためにも売却の段取り、売却査定の流れをしっかり押さえておきましょう。

査定から売却までの大まかな流れ

売り主がやること
1 売却の相談・準備
2 価格査定・現地確認を依頼する
3 不動産会社と媒介契約を締結する
4 販売活動、活動報告(不動産を売り出す)
5 購入希望者との交渉・物件情報の開示
6 買主と売買契約を締結する
7 物件の引渡し・残代金の決済
8 引渡し・残代金の決済

査定を依頼する前に確認すること

住宅ローンが残っていないか

家を売却するときに、住宅ローンの残債を一括で返済することになります。 売却価格を決めるうえでも必要になるので、査定を依頼する時点での残高を確認しておきましょう。

相続登記されているか

両親から相続した家を売却するとき、その不動産が親名義のままになっていないか確認しましょう。 もし親名義になっている場合は、査定を依頼するまでに相続登記をして売り主の名義に変更しておきましょう。

不動産会社に査定をしてもらい契約を結ぶ

住まいの価格を知るためには不動産会社による査定が必要です。査定には簡易(机上)査定と現地(訪問)査定の2種類があります。
周辺環境や類似物件のデータを基に査定してもらうのが「簡易査定」、担当者が実際に家を訪れ、直接査定してもらうのが「現地査定」です。
簡易査定でおおまかな金額を把握し、現地査定で正確に見積もってもらうのが通常の流れです。

査定のコツは複数の不動産会社に依頼すること。会社により査定の方法は異なるからです。
複数の査定結果を比較し、より納得のいく査定額を提示する会社を選択しましょう。担当者の査定の根拠に説得力があるかどうかが重要な比較基準です。

比較検討したら正式に売却を依頼する不動産会社と契約を結びます。媒介契約の種類は以下の3つです。

1.専任媒介契約

依頼できる会社の数は一社のみ。売主が買い手を探し、直接契約を結ぶことが可能です。

2.専属専任媒介契約

依頼できる会社の数は一社のみ。売主が買い手を探し、直接契約を結ぶことが禁止されています。

3.一般媒介契約

複数の会社を利用できます。売主が買い手を探し、直接契約を結ぶことが可能です。

契約の種類は、依頼できる会社の数、買い手との契約が直接結べるかどうかで異なります。売却の仕方に自信がない人は、徹底してサポートしてくれる専属専任媒介契約がおすすめです。

家の査定でチェックされるところとアピールポイント

家の構造・築年数

通常、築年数は10年で評価はゼロになります。
また法律が定めた耐用年数では、プレハブや木造の家は査定価格が低くなります。

間取り

部屋数や広さ、収納が充実しているか、家事導線がスムーズかなど。
誰にでも使いやすいシンプルな間取りの方が評価されます。

日当たり・通気性

周囲に高い建物がないか、日中の日当たりが確保できているか。
またカビが繁殖しにくい通気性もチェックポイントです。

水回り

キッチン・トイレ・お風呂の汚れや劣化は評価ダウン。
必ずチェックされる箇所なので、目立つ汚れは早めに掃除しましょう。

設備などの機能性

システムコンロやウォシュレットなど、最新の設備がついている場合やリフォームした場合はしっかりアピールしましょう。

屋根・外壁

亀裂や破損などの劣化がないか、雨漏りしていないかなど。
もし、修復が必要な箇所がある場合は正直に伝えましょう。

住環境・利便性

最寄駅からのアクセスがいい、人気の沿線にある、大手ハウスメーカーが建てたなどはアピールポイントになります。

ほかにも、窓から見える景観、スーパーや市役所までの距離、小学校・中学校などの教育施設、病院などの施設の充実度なども重要なポイントです。

売り出し価格を決め販売活動を行う

契約を結んだら不動産会社と相談して売却価格を決定します。低価格で素早く売るのか、妥協せずじっくり売るのか慎重に見極めましょう。
売却を成功させるコツは販売の期間を長引かせないこと。長期的に売れないと、物件に何か問題があるのでは?と買い手に疑惑を与える可能性があるからです。
また、販売の時期も売却の成功を左右する重要な要素。
転勤、独立、結婚、新生活のスタートを機に住居の購入を考える方が多いため、不動産は春に売れる傾向があります。売却に適切な時期を逃さないようにも注意しましょう。

その他、販売活動では交渉に影響が出ることがあるため、売却理由は伏せた方が良いことも頭に入れておきましょう。「新しい場所に住むことになったから」という理由を用意するなど、最低限に留めるのが賢明です。

買い手が見つかったら売買契約を結ぶ

買い手に購入申込書を提出してもらったら売買契約を結びます。条件の調整は不動産会社が行います。売り手が契約時に必要なものは主に以下の7つです。当日慌てないようにしっかりと覚えておきましょう。

  1. 不動産の権利証
  2. 実印
  3. 印鑑証明書
  4. 固定資産税納付書
  5. 印紙代
  6. 管理規約等(マンションの場合)
  7. 住民票

いかがでしたか。査定から売却までの段取りを把握しておけば、買い手が見つかったチャンスを逃さず売却できます。
また通常、家の査定から売却までは3~6ヶ月かかり、住宅ローン審査などでさらに時間がかかるケースもあります。
そのため、お互いに良い取引をするためには事前準備が大切です。不動産の売却をお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス