リノベーションとは?リフォームとの違いやコストダウンのコツを紹介

リノベーションとは?リフォームとの違いやコストダウンのコツを紹介

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。
ここ数年でよく耳ににするようになった「リノベーション」ですが、素朴な疑問として「リフォームとどこが違うの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは改めて、リノベーションの定義やリフォームとの違い、費用・進め方などについて説明していきたいと思います。

言葉の定義から見る「リノベーションとリフォームの違い」とは?

リノベーションにはなんとなくカッコイイというイメージが先行している面がありますが、リフォームとどう違うのでしょうか。国土交通省の資料から言葉の定義を確認してみます。

リノベーションとは、「古い建築物の機能を今の時代に適したあり方に変えて、新しい機能を付与すること」と定義されています。

※国土交通省のPDF資料(平成30年3月公開)
リノベーションまちづくりファンドから抜粋

長期優良住宅の法制化に際して指摘されたように、地球環境問題や資源制約の観点からも「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」、すなわち、良質な既存住宅を適切にメンテナンスし、必要に応じリフォームし、多世代にわたり使っていくシステムを構築していく必要がある。

※国土交通省のPDF資料(平成24公開)
中古住宅・リフォームトータルプランから抜粋

つまり、リノベーションとリフォームには以下にように定義づけられると考えます。

  • リノベーション=新築時の目論見とは違う次元に改修する(改善)
  • リフォーム=新築時の目論見に近づく様に復元する(修繕)

つまり、リノベーションとは工事によって“住まいを改めて、善くするもの”。住む人の目的により、住まいに新たな価値を加える工事。耐震・省エネ・防音などの住宅性能をアップして価値を向上させたり、住まいを構造体(骨組み=スケルトン)だけの状態に戻して空間構成を変え、デザインに一から手を加え、ライフスタイルに合わせることを目的とした大がかりな改修工事のことです。

一方、リフォーム工事は“住まいを直し、元の状態に繕うもの”。古くなった壁紙や床材、システムキッチン・ユニットバスなどを取り替えて新しくするといった、リノベーションに比べてスケールの小さな工事となることが多いです。

リノベーションが注目される理由とは?

リノベーションは比較的若い世代に注目されています。
たとえば、こだわりの空間で自分らしい暮らしをしたいと願うカップルは、ありきたりの間取りでは満足できません。リノベーションは建物自体が古くても工事によって機能性も向上できるし、間取り変更やデザインの自由度が高く、オリジナルの住まいが手に入ります。

また、新築物件の供給減や価格高騰により、希望エリアでの購入が叶えられない状況において、中古は新築に比べて圧倒的に物件数が多く、購入価格も抑えられるので、予算を工事費要にまわして最新設備を導入したり、自分仕様の住まいに作り変えていく選択肢が生まれます。

工事の内容を管理することができる点も安心につながります。こうした背景から今では若年層のみならずシニア層の住み替え時など、幅広い層に“中古を買ってリノベーション”が検討されるようになったといえるでしょう。

リノベーションのメリット・デメリットは?

まず、中古住宅を購入し、リノベーションするメリットとデメリットを確認していきましょう。

メリット

  • リノベーション費用を考えても新築より安価な場合が多い
  • 土地の選択肢が増える
  • 周囲の環境や状況を確認しやすい

新築と比較すると、中古住宅+リノベーションの方が費用が抑えられ、多くの場合、約20~30%安くすみます。
新築の場合、新しく土地から探さなければなりませんが、中古住宅だと希望の土地に建っていることもあるので、選択肢が格段に増えます。

デメリット

  • 建物の耐久性に不安がある場合も
  • リノベーションの時間がかかる
  • ローンの複雑化

安価な物件ほど築年数が経っていることが多く、耐久性や耐震性に不安があります。
またこだわりがある方ほど、新築を建てるのと同様の時間がかかることになる場合も。
そして、通常のローン金利の他、リフォームローンがかかってくるため、ローンの金利が高くなる可能性があります。

リノベーションの費用相場はどれくらい?

ではリノベーションの費用はどれくらいでしょうか?
一般的に1平米当たり、10~15万円が相場と言われています。

費用別にリノベーションの一例を紹介します。

500万円以下

建物の部分的な工事や、一部の間取りの変更工事ができます。
ウッドデッキの新設や、タイル張りの変更などができます。

500万円~800万円

一戸建てであれば増改築が可能になります。
また、素材にこだわると、この価格帯になるでしょう。

800万円~1,000万円

一戸建てでは、キッチンの工事が可能です。マンションであれば、耐震補強とともにデザインにこだわったリノベーションができます。間取りの変更だけではなく、洗面所や浴室、キッチンにもこだわりのデザインを入れられる予算です。

リノベーションをお得にする方法

できるだけ費用を抑えるにはどんな方法があるのでしょうか?
その1つに「定額制リノベーション」があります。

定額制リノベーションとは、

  • 工事内容
  • 使用する素材
  • 設備

などをあらかじめ業者側が選択し、その中から選びます。

パッケージ化されているので、料金が明確で安価、追加費用が発生しないのが魅力です。
業者は建築素材を一括で仕入れられるため、コストダウンできるようです。
この方法ですと、上記でご紹介した1㎡の相場(10万~15万円)を切る場合もあります。

デメリットとしては、リノベーションの魅力である「自由度」が下がってしまうことです。定額制リノベーションで気に入った素材やデザインがある場合は、さらにお得にリノベーションできそうです。

リノベーションは、こだわろうと思えば、どこまでもこだわりきれます。。あらかじめ、しっかりと予算を決めておきましょう。

リノベーションの進め方は?

では、リノベーションをする際にはどのように進めていけばよいのでしょうか。

リノベーションは、住宅の基本構造以外を大幅に改修する方法であるため、新築に近い状態で修繕が可能です。しかし、その実際の施工は、住宅施工業者に任せることになるでしょう。リフォームであればリフォーム会社に依頼するように、リノベーションの施工の場合であれば、その施工実績がある業者に任せると安心です。

リノベーション専門として仕事を引き受けているような業者であると、プランニングの段階からスムーズに準備が進められます。住人にとって大切な住宅を改修するには、施工業者の腕が頼りです。それだけに、実力ある専門業者に頼んで施工してもらった方が確実でしょう。リノベーションの施工が世の中で一般的になるにつれて、実力ある施工業者が増えてきています。

実際にプランニングはどのように進めていくのがよいのでしょうか。

リノベーションの方法により大幅に住宅を改修するとなると、次にどのような住まいにするのかについて、プランニングが重要な要素となります。従来とは大きく異なるスタイルに変更する事も可能です。和室を洋室に変えることや、あるいは間取り自体を大幅に変更することも、リノベーションであれば可能です。

住宅を改修する自由度が高いだけに、しっかりとしたプランニングの下で施工を行わなければ、失敗する恐れもあります。リノベーションのプランニングを成功させるには、施主と施工業者との十分な打ち合わせを行うのが効果的です。互いに意思疎通を図り、施主が本当にどのような新しい生活環境を必要としているのか、施工業者に確実に伝える必要があります。そのため、リノベーションを開始する準備の段階から、互いのコミュニケーションをきちんと取る姿勢を持つ事が大切です。

※今回紹介した工事費用はあくまでも目安であり、素材や工法などにより増減します。

【オンライン】自宅で気軽にWebセミナー・Web相談会

リフォーム・リノベーションマンションを検討している方必見!自宅にいながら気軽に受講できるオンラインセミナー・相談会を開催いたします。

【来店不要】自宅ので気軽に「リノベマンション探しのWebセミナー・Web相談会」@首都圏

無料オンラインセミナー 第1回

失敗しないリノベーションマンション・セミナー相談会

開催日時 2020/5/30(土)13:00~14:00(予定)
場所 ご自宅のパソコン・スマートフォン
受講料 無料
詳しい内容について 【来店不要】自宅ので気軽に「リノベマンション探しのWebセミナー・Web相談会」@首都圏
申込締切 2020/5/29(金)17:00
参加条件 東京・神奈川・埼玉・千葉にお住まいの方
オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「イエイ」では、登録査定会社1700社以上から、
最大6社を比較できる売却査定サービスを提供しています!

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4
powered by

不動産サービス