「ローコスト住宅」は実際どれだけ低コストに収まる?建てる際の注意点とは

「ローコスト住宅」は実際どれだけ低コストに収まる?建てる際の注意点とは

「坪単価30万円」「本体価格1000万円」といった安さを売りにした住宅の広告を、目にすることがあります。若い世代を中心に人気の、いわゆるローコスト住宅です。安くで家が建てられればうれしいですが、ずっと住む家が安かろう悪かろうでも困ります。知っておきたいローコスト住宅の特徴や注意点を紹介します。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、その名の通り、無駄を省いて建築費用を抑えた低価格住宅のことです。

一般的に、30坪程度の広さで坪単価が40万円前後、1000万円台で建てられる住宅は、ローコスト住宅と呼ばれます。大手ハウスメーカーの住宅が、坪単価70万~80万円なのに比べると、約半分の価格ですから、かなり安い“ローコスト”な住宅です。といってもローコスト住宅という言葉に、「これこれの条件を満たしていれば」といった明確な定義があるわけではありません。この点をまず、押さえておきましょう。

ローコスト住宅が安くおさまる理由

ローコスト住宅には当然、コストを削減するための仕組みや工夫があります。壁面を少なくする、手間のかかる和室をなくす、部屋数を減らすなど、できるだけシンプルなデザインにすることで材料費や工費を抑えます。ですから、ローコスト住宅というと、上から下までズドンとした総2階や、各階に間仕切りなしの3階建てといった、シンプルなデザインの家が多いです。

また、業者が安定して安く購入できる材料を使うことで、コスト削減を図ります。このため、建材や設備はあまりこだわって選べないといった側面もあります。

家を建てる人はほとんど意識しませんが、モデルハウスを建てたりテレビCMを打ったり多くの営業マンがいたりという部分も、実は建築コストに反映されるもの。この部分を極力抑えることでコスト削減の努力をしている業者もあります。

ローコスト住宅を建てる際に注意したいポイント

ローコスト住宅のイメージが分かったところで、建てる際に注意したい点をまとめてみます。まず注意したいのが、業者を見極めることです。

最初に書いた通り、ローコスト住宅には明確な定義がありませんから、実際は高くても業者が「うちはローコスト住宅」と主張するのは自由です。その謳い文句を鵜呑みにせず、同じレベルのほかの家と比較するといった確認はしておきましょう。坪単価という言葉にも要注意です。家を建てる場合、本体のほかに設備等の工事費、設計料などもかかりますが、坪単価にそれらが含まれない場合もあるからです。

また、提示されたプランにあれこれ変更を希望して、気が付くと総費用は大手ハウスメーカーの注文住宅並みになってしまった、なんていうこともあります。これは、変更ごとに追加オプションが加算されるというカラクリによるものです。また家は建てたあとのメンテナンスにお金がかからないことも重要です。

つまり、よその物件と比較すること、見積段階で安さの理由や総コストなどを納得のいくまで確認すること、メンテナンスについても確認することが大事です。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス