不動産査定の仕方と事前にチェックしておきたいポイント

不動産査定の仕方と事前にチェックしておきたいポイント

家や土地の売却を検討し始めると、まず最初に考えるのが「いくらで売れるのか?」ということではないでしょうか。

いくらで売れるのか知りたい時にするのが「不動産査定」です。
ここでは不動産査定について解説したいと思います。

不動産売却の査定方法は(机上査定/訪問査定)

不動産査定には二種類あります。机上査定と訪問査定です。

まず、机上査定では周辺の取引事例や所在地などのデータを基に、机上で査定額を算出します。 しかし、気軽に依頼することができるのが特徴ですが、落とし穴があるようです。 不動産会社が顧客を見つけるためのサービスでもあるからです。

机上査定の金額に納得して不動産会社と安易に契約を結ぶと損をすることがあるので注意しましょう。

一方、訪問査定は現地に担当者が足を運んで見積もりします。そのため、コミュニケーションが取れるので公正かつ正確な査定が望めます。このとき、査定の根拠を具体的に確認することでより査定の精度が増すでしょう。概算で見積もりを出す簡易査定より訪問査定を依頼することが大切です。

訪問査定でチェックされるところ

訪問査定とも呼ばれる現地査定は、担当者が物件の状態を確認し、現地の詳細な調査を行うことで実際に売れる価格を予測する方法です。査定価格に影響を及ぼす主なチェックポイントは下記になります。

  • 敷地形状・・・正方形に近いほど価格は高くなります。また斜面の有無についても確認します。
  • 敷地境界・・・隣の敷地との境界が曖昧になっていないか確認します。
  • 接道幅員・・・敷地に面する道路の幅が何メートルあるか確認します。
  • 近隣関係・・・日当たり、越境の有無や高圧線の有無を確認します。
  • インフラ・・・上下水道、ガスの状況について確認します。
  • 建物歪み・・・建物の傾きや地盤沈下の有無について確認します。
  • 設備修繕・・・設備の劣化や破損、リフォームなどの修繕の有無について確認します。
  • 管理状況・・・庭の手入れや、ゴミ置き場、駐輪場の状況について確認します。
  • その他・・・・騒音や臭い、近隣の環境の美観などについて確認します。

これからのチェックを行うにあたり、登記簿謄本、権利証、建物の図面など複数の書類を用意する必要があるので覚えておきましょう。現地査定のメリットは、納得感のある正確な査定額を知ることができて、売却に関する不明な点を専門家に聞くことができることです。ただし、簡易査定よりも長時間を要し、査定額が出るまで数日かかります。

売却することに前向きなのであれば精度の高い現地査定のほうが適しています。 また、担当者と会うことで、契約を結ぶ不動産会社が信頼できるかどうかを判断することも可能です。そのことからも、なるべく現地査定を選ぶことをおすすめします。

訪問査定を受けるときに準備しておく書類

訪問査定を受ける時には、以下を準備しておきましょう。

  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 公図
  • 建物の詳細書類
  • 登記済権利証または登記識別情報
  • 測量図

登記簿謄本(登記事項証明書)、公図は法務局で入手することができます。 建物の詳細書類は、設計図書と呼ばれているもので、購入時に施工会社や不動産会社に渡されているものなので、探しておきましょう。
登記済権利証または登記識別情報は、購入時に法務局から交付されているものなので、こちらも用意しておきましょう(査定時には不要の場合もあります)。 測量図は、マンションの売却では書面がないことが多いですが、戸建ての場合は必要となるので用意しておきましょう。

賢い査定依頼の仕方

せっかく家を売却するなら少しでも高く売れた方がうれしいですよね。ここでは家を高く売るための不動産査定の工夫や方法を具体的に紹介します。

複数の不動産会社に依頼する

高額で見積もられたとしても実際に購入してもらえなければ無意味です。相場を知って適切な見積額かを判断する必要があります。

そのため、相場を知る目的で複数の不動産会社に簡易査定を依頼することも実は大切。契約を結ばずに無料で査定を行ってもらえるので心配はいりません。また、近隣のマンションの販売価格も参考になります。最寄り駅で住宅情報誌を探したり、インターネットで検索してみるのも有効です。

建物のセールスポイントをアピールする

不動産の査定では細かいところまでチェックされます。少しでもアピールできるようにどのような項目があるのか知っておくのが査定のコツです。

まずは周辺環境です。周辺の店舗数、駅までの距離、さらにマンションの場合は景観などもセールスポイントとなります。 次に、建物の管理状態です。マンションの場合は管理費や管理員の勤務形態などもチェックされます。
またマンションの場合は、構造や設備等。築年数、間取り、バルコニー、セキュリティー設備などがチェックされます。査定後に見積書の各項目と照らし合わせ、アピールしてない部分がないかを確認するようにしましょう。

希望はきちんと伝える

不動産査定を依頼する際には、売却時期と目標価格についてきちんと伝えるようにしましょう。
売却には4ヵ月程度(販売期間3ヵ月・さらに契約から引き渡しで1ヵ月)かかると言われています。
事情により早期売却を希望する場合にはきちんとその旨を伝えましょう。

また、目標価格について、具体的に決まっていない場合や希望がない場合も「できるだけ高く売って欲しい」と伝えておきましょう。

そのほか、売却活動をしていることを近所の人などに知られたくない場合などはその旨もきちんと伝えておきましょう。

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

連載記事

カテゴリから記事を探す

不動産サービス