意外と悩む「お年玉の相場」とは?お金のプロFPがすすめる管理・活用方法

意外と悩む「お年玉の相場」とは?お金のプロFPがすすめる管理・活用方法

お正月の子どもの楽しみと言えば「お年玉」。
ですが、大人にとっては「いくら渡せばいのか……」と、悩める慣習でもありますよね。

子どもの人数や考え方に違いがあるので、親戚同士で事前にルールを決めているという話もよく聞きます。今回は、最近のお年玉の相場やおすすめの管理・活用法をご紹介します。

お年玉の相場

「よそはよそ、うちはうち」と言いつつも、世間の相場は気になるものです。
全国の住信SBIネット銀行口座保有者20代~60代の2,181人より回答を集めたアンケート調査によると、子ども一人当たりに渡す金額は次の通りでした。

出典:住信SBIネット銀行「お年玉に関する意識調査」より

年齢別に、それぞれ回答数が最多だった金額区分は、

  • 小学生未満:1,000円以下
  • 小学校低学年:1,001円~3,000円
  • 小学校高学年:3,001~5,000円
  • 中学生以上:5,001~10,000円

という結果になっています。

ただ、中学生に関しては「3,001~5,000円」の区分にもボリュームゾーンに匹敵する回答数があることは目を引きますし、高校生、大学生でも10,000円を超える区分はぐっと回答数が減ることから、お年玉という名目で渡す金額は年齢が上がっても10,000円程度までと考える人が多いことが伺えます。

ちなみに、我が家の場合は未就学児は「年齢×100円」、「小学生は学年×1,000円」、「中学生以上は5,000円」としているので、おおよそ相場通りのようです。

お年玉のおすすめ管理・活用法

お年玉を管理するには、子ども名義の金融機関の口座を準備するのがおすすめです。
お年玉だけでなく、出産祝いから始まり、入園、入学、七五三などでいただいたお金を預けておくのはもちろん、将来のための毎月の積み立ても、兄弟それぞれの名義の口座に貯めていけば、明確にそれぞれの名前が付いた資金を作っていけます。

未就学児の頃なら、子どもにはいただいたその場で、感謝の気持ちを丁寧に伝えることや、大切に扱わなければいけないことなどを教えましょう。素直な幼児のうちにお金と向きあう心の基礎をつくることは大事なことです。

小学生になれば、お金を使って買い物をすることに興味がわいたり、欲しいものを買いたいという気持ちが芽生えてきます。そこでお年玉の一部を子ども自身が考えて使える分として渡してみてもいいでしょうし、小学校高学年頃になり、普段のおこづかいなどでお金の使い方が上手になってきているなら、お年玉の全額を子どもに任せてみるのもいいでしょう。

ただ、お正月は直前にクリスマスがあったり、年末年始で家族で楽しむイベントなどが続いたりして、欲しいものを手にしたばかりということも多いですね。

そこで我が家では、子どもと一緒に自身名義の口座に一旦入金しにいき、一年を通じて何か欲しいものがあるときには、口座から引き出して買うこともできるとしています。 口座から引き出すというひと手間があることで、本当に欲しいものなのかを考えますし、また本当に欲しいものが高額なものであれば、お年玉に足して貯めてから買うことを目標にすることもできます。

さらに中学、高校になると、将来の進路について考える機会が多くなりますので、お年玉を渡すことをきっかけにして、教育費やキャリアプランなどの話を進めていけるといいでしょう。

お年玉の失敗は成功のもと

お金の使い方は、身をもって失敗したり、後悔したりという経験で学ぶことも多いものです。わが家の息子も小学校2年生の頃に、お年玉で気が大きくなってお友達に野球カード入りのお菓子を大盤振る舞いしてしまい、相手方の親御さんが返しに来てくれたことがありました。お友達が喜んでくれるのがうれしかったから買ったと話してくれて、お金を使う時のルールを話し合ういい機会になりました。

ご家庭それぞれに工夫しながら、子どもの成長とともにお年玉にまつわる思い出を刻んでいってください。

執筆者:小峯洋子
キッズ・マネー・ステーション認定講師、ファイナンシャル・プランナー、DCプランナー(企業年金総合プランナー)
FP事務所 はっぴーまねープランニング代表
不動産会社、住宅メーカーで設計部勤務を経て、夫の転勤により退職。第2子の乳児期にファイナンシャル・プランナー資格を取得し、2014年にFP事務所を立ち上げた。子育て世代に役立つマネー講座の開催や、若い世代への金融教育に力を入れている。

キッズ・マネー・ステーション

キッズ・マネー・ステーションとは、「見えないお金」が増えている現代社会の子どもたちに、物やお金の大切さを知り「自立する力」を持ってほしいという想いで設立。全国に約160名在籍する認定講師が自治体や学校などを中心に、お金教育・キャリア教育の授業や講演を行います。2018年までに1000件以上の講座実績を持っています。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U

不動産サービス