意外と知らない「床の間」の意味や起源とは?使用しない場合の有効活用も合わせて紹介

意外と知らない「床の間」の意味や起源とは?使用しない場合の有効活用も合わせて紹介

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

みなさんは、床の間をご存じでしょうか。一軒家に住んでいる方は知っている方も多いでしょうが、マンションなどの集合住宅に住んでいる方の中には、聞いたことがない方もいるでしょう。

今回は、床の間の意味や起源から本来の目的、床の間の空間の有効活用方法まで紹介します。

床の間とは?意味や目的を確認

床の間の本来の意味や目的を確認しましょう。

畳の部屋にある掛け軸や壺などを置くスペース

昔ながらの家や田舎にある大きな一軒家など、いわゆる日本家屋にはほぼ床の間があります。たとえば、和室などの部屋に掛け軸をかけるスペースや、壺を置くようなスペースがある部屋がありませんか。

もしくは、そのような部屋を見かけた覚えはないでしょうか。床の間とは、そういったスペースのことを言います。床とは、座る場所や寝る場所のことを指し、殿様など身分の高い人が座る場所を一段高いところにしていたのが始まりと言われています。

しかし、床の間の起源については諸説あり、仏壇などの形式が変化してできたものという説もあります。床の間以外にも、床の間の片方に立つ化粧柱を床柱、床の間に張る板や畳のことを床板や床畳と呼びます。

お客様をもてなすための部屋にある

床の間はお客様をおもてなしする最上の部屋にあり、床の間を背にする人が最も身分の高い人と言われています。江戸時代のころに、領主など自分よりも身分の高いお客様を迎え入れるために庶民の家にも床の間が作られるようになってきました。

床の間に装飾を施すことにより、自分の権威を演出していたそうです。時代の流れとともに目的は変わり、旅館などでよく見かけるような、掛け軸や生け花などが飾られたお客様をもてなす部屋という位置づけになってきています。

床の間の上座を間違えないようにしよう

上座、下座という言葉を聞いたことがあるでしょうか。上座とは最も良い席ということで、下座はその逆です。目上の人や来客を招待する場合は、上座に座ってもらうよう案内するようにしましょう。

基本的には、床の間に一番近いところ、出入り口から遠いところが上座になります。ただ、出入り口の横などに床の間がある場合は、出入り口から遠い席が上座という考え方になりますので注意しましょう。

代表的な床の間の様式を確認

和室の歴史は、時代とともに変化し、大きく3つに分けることができます。

1つ目は、自然との調和を重視した、上品さや繊細さが特徴の平安時代の寝殿造り。

2つ目は、襖や障子などの間仕切りが発達し座敷などが誕生した、室町時代から江戸時代初期の書院造り。床の間も書院造りから生まれたと言われています。

3つ目は、デザインを工夫した襖や障子など、職人の技術が表現されている江戸時代以降の数寄屋造り。有名な和室や床の間を見たときにいつの時代の様式を採用しているのかなど考えるのも楽しみのひとつでしょう。

床の間を現代風におしゃれにリフォーム

床の間の意味を理解したうえで、お客様を招待する部屋として利用していきたいものの、和室のイメージが昔っぽいと思う人も多いでしょう。そんな方のために、リフォームで床の間をオシャレな現代風にすることが可能です。

和風モダン風にリフォームする

床の間の雰囲気を残しながらも現代風にリフォームします。床の間をシンプルな飾り棚に変更し、壁をガラスに変えるだけで光の入り方が変わりオシャレな雰囲気に変わります。また、床の間を畳などではなく、黒い床などにすることによって一気にモダンさがアップします。  

テーブルなどの家具も同じ色合いにそろえるとさらに良いでしょう。大きなリフォームを避けたい場合は、間接照明や観葉植物を置くだけで和室の雰囲気が変わります。高級料亭のように白砂利などを引いて坪庭のイメージを作り上げるのもおすすめです。

使わない床の間を有効活用しよう

床の間をまったく別の目的として利用する方法もあります。具体的な活用方法を確認しましょう。

収納スペース、ディスプレイスペースに変える

最も簡単なのは、何も手を加えることなくその空間を収納スペースとして物を置くことです。段ボールなどでまとめ買いしている食品を積んで置いたり、非常用の食糧などを保管しておく場所として利用したりします。ただ、その部屋に入ったら丸見えですので、もし人の出入りがある場合は、カーテンなどを取り付けて目隠しするようにしましょう。

収納スペース以外では、掛け軸や壺などを置くのではなく、自分の趣味のアイテムを飾る方法もあります。フィギュアなどをきれいに並べて飾り、いつでも見ることができることで気分が上がる毎日を過ごせるでしょう。また、床の間に合うサイズの棚などがある場合は、通常の棚と同様に普段使うようなものの収納棚として使うこともできます。

作業スペースや運動用スペースに変える

床の間のスペースが広い場合は、もっといろいろな活用方法があります。机を置くことができるのであれば、ちょっとした書斎やパソコンでの作業スペースとして利用できます。ペットを飼っている場合は、床の間の空間をペット用スペースとしてネコ用のキャットタワーを置いたり、鳥用の止まり木などを置けばペットも喜びます。  

また、ぶらさがり健康機やランニングマシン、ウェイトトレーニング用の機械などを置くことでちょっとした運動用のスペースに変わります。部屋に器具を置いてしまうと部屋が狭く感じたり、邪魔になるときがありますが、床の間はそもそも奥まったところにありますので、トレーニングマシンなどを置いても邪魔にならないメリットもあります。

本来の目的を理解し、自分の環境にあった使い方をしよう!

床の間の意味や本来の目的を説明しましたがいかがでしたでしょうか。床の間の本来の意味を理解すると、考え方や見方が変わってきますよね。床の間本来の目的どおりに利用してもいいですし、有効活用するために床の間の使い方を見直すかは、自身や家庭内でぜひ検討してみてください。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス