トレーラーハウスとは?税金のメリットだけでなく、デメリットも知っておこう

トレーラーハウスとは?税金のメリットだけでなく、デメリットも知っておこう

何十年もの住宅ローンを組んで、一度の人生を同じ場所で暮らすことに疑問を感じる方もいるのではないでしょうか?可能であれば、日本中を自由に移動しながら、生活してみたいと考える方もいることでしょう。

ここでは、このような願いを叶えてくれるトレーラーハウスについて詳しく解説します。移動しながらのライフスタイルに憧れている方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

そもそもトレーラーハウスって?

そもそもトレーラーハウスとは、どういうものでしょうか?ここでは、トレーラーハウスについて、キャンピングカーとの違いから説明します。

キャンピングカーとの違いは

キャンピングカーは、車の中にベッドやキッチン、トイレまで取り付けられた、かなり大きめの車のことです。通常の車と同様に、エンジンを搭載し公道を走ることを目的に作られています。しかしながら、給排水の設備は家と同じようにというわけにはいかず、車に取り付けた付属のタンクを使用しなければなりません。そのため、定期的にタンクに水を入れたり、トイレの処理は必須になります。

公道を普通車のように走ることができ、簡単に場所を移動できるので、身軽に移動したいという人にはキャンピングカーが向いているといえるでしょう。

一方、トレーラーハウスとは、トレーラーハウスそのものが自走するのではなく、タイヤのついたシャーシ上に小さい家のような建物が乗っているものです。移動のためには、車によって牽引する必要があるということがキャンピングカーと大きく異なる点です。トレーラーハウスは移動できますが、基本的に移動先で住宅や店舗として定住することを目的に作られています。

費用はいくらくらい?

トレーラーハウスの構造は、普通の家のように2✕4構造が多いです。価格は大きさや年代によって異なりますが、通常、中古なら400万円ほど、新車なら800万円ほどになります。この価格は基礎工事や冷蔵庫などの家電製品も含まれており、一般的な家に比べればかなり格安といえるのではないでしょうか。
しかしあまりにも安い場合、壁が薄かったり家電製品や内装のクオリティが悪いなどの理由が考えられますので、相場の値段を知っておくことは大事です。

トレーラーハウスのメリットとは

キャンピングカーとの違いを説明しましたが、ここではトレーラーハウスのメリットについてさらに詳しく説明します。

税制上のメリットの可能性がある

トレーラーハウスは、税制上優遇される場合があります。通常の家のように生活するのに十分な建物でありながら、一般的には車両として扱われるため、固定資産税や不動産取得税がかかりません。ただし、自治体によっては、減価償却費がかかることもありますので、各自治体へ問い合わせてください。
トレーラーハウスは車両として扱われる一方で、建物自体は自走できないため自動車税も納める必要はありません。しかし、ある一定の大きさ以下であれば、車検付きトレーラーハウスとして自動車税、重量税、自動車取得税がかかりますので注意が必要です。車両扱いになれば税制上のメリットはありませんが、いつでもどこにでも移動できるようになります。

内装は一般住宅と変わらない

トレーラーハウスは、小さいながらも外見も普通の住宅と遜色なく、内装にいたっては一般的な住宅とほぼ変わらず車内という感じはほとんどありません。キッチンやトイレ、バスルーム、クーラーや冷蔵庫などの家電製品も完備され、通常の生活を送るのに全く問題ないといえます。

電気、水道、ガスは?

トレーラーハウスは基本的に一般住宅と同じ作りなので、電気、ガス、水道など生活に欠かせないインフラを引き込むことができます。しかし, すぐに移動できるように、ガスは都市ガスは使えずプロパンガスのみの使用となります。

トレーラーハウスのデメリットとは

トレーラーハウスには、メリットばかりではなくデメリットもあります。トレーラーハウスでの生活を考える場合は、メリットよりデメリットを考慮しなければなりません。ここでは、トレーラーハウスのデメリットについて説明します。

運搬に高額な費用がかかる

大きなトレーラーハウスの牽引には高度な技術が必要で、通常、運搬のプロに依頼することになります。車のように自分で運転して、好きなときに運べるわけではありません。こちらの運搬費用は、距離にもよりますが少なくても数十万は必要です。
さらに交通量の多い昼間は運搬できず、夜間に運搬するなどいくつかの制約があります。例えば、山上の景色がいい場所に運搬するとなると、道路が狭かったり大きな石などの障害物があると運ぶことすらできません。

設置場所に運搬可能かどうか確認が必要

通常、市街化調整区域や農地は、一般的な住宅の建設は許可されていません。トレーラーハウスは、車両扱いなのでこのような区域にも設置可能です。しかし、自治体によっては規制されている場合もありますので、設置したい場所の自治体に必ず事前に確認をとっておきましょう。
さらに、トレーラーハウスは車両扱いなので、大きさに制限があり車検取得も必要になります。制限の大きさを超える場合は、特殊車両通行許可を取得してから運搬することになります。

重量があるので地盤を考慮する必要がある

一般的な住宅を建てる場合、地盤工事をしてから家を建てますが、トレーラーハウスはそのような工事はせず設置しますので、農地だったり地盤が柔らかいところには設置できません。トレーラーハウスは、かなりの重量がありますので設置場所の地盤の硬さは考慮する必要があります。
このようにトレーラーハウスは、自由にどこにでも設置できると誤解されがちですが、実際は、運搬や設置場所にかなり制限があります。

建築物に該当することもある

トレーラーハウスは車両扱いになりますが、扱い方によっては建築物に該当する場合があります。もちろん、建築物に該当すれば固定資産税などの支払い義務が発生しますので、どのようにトレーラーハウスを扱えばいいのか知っておくことは大事です。

建築物に該当する要件とは

以下のような要件を満たすと、建築物に該当します。

  • 移動させるときに支障のある階段や、ベランダが付属している
  • 給排水や電化製品などの設備の配線配管を、容易に取り外すことができない
  • タイヤが取り外されており、走行できない
  • 設置場所から公道までの道路が確保できない

車両扱いにするためには、常に移動できる状態でなければならないということです。

購入前にトレーラーハウスについて知ろう!

トレーラーハウスは自由にどこにでも設置でき、一般的な住居と同じように心地よく生活できると思われていますが、実際には、運搬と設置にかなり制約があります。購入する前には、特にデメリットの方をよく考えて購入するほうがいいでしょう。
トレーラーハウスにはいくつかの制約がありますが、自由なライフスタイルを叶えることも充分可能です。海外のドラマに出てくるような、トレーラーハウスの生活を考えてみてはいかがでしょうか。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士やフィナンシャルプランナーなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

関連記事

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス