パントリーってなに?メリット・デメリットからDIYのコツまで解説

パントリーってなに?メリット・デメリットからDIYのコツまで解説

みなさんは、「パントリー」という言葉を聞いたことがありますか?

普段の生活では、あまり耳にしないのでパントリーというものがどういったものなのか、まったく想像できない人もいるでしょう。

今回は、パントリーの概要からメリット・デメリット、DIYでパントリーを作る方法や上手な使いこなし方まで解説します。

パントリーとは?メリットとデメリットも紹介

パントリーとはそもそも英語で「pantry」、食品や食器の収納室という意味です。食品貯蔵庫とも呼ばれています。堅苦しく感じるかもしれませんが、キッチンにある収納スペースと考えてもらうとわかりやすいでしょう。パントリーにはどのようなメリット・デメリットがあるのか確認します。

買いだめしておけることがメリット

1番のメリットは、やはり食料品などを買いだめしておくことができる点です。働いていて頻繁に買い物に行けない方や、家族が多くて大量の食料品を買う場合など、食料品を収納できるスペースとして利用が可能。また、調理器具や調味料なども片付けられることでキッチンがスッキリします。

使いにくいとストレスになるのがデメリット

収納ができるという点ではとても便利ですが、逆に、「どこにしまったかわかりづらい」「取り出しづらい」「パントリーまで取りに行ったり、片付けるのも面倒」など、使いづらいパントリーになってしまうとストレスを感じてしまいます。適切な設置場所や上手な使い方については、この後解説します。

DIYでパントリーを作るには?

DIYでパントリーを作る際のポイントや注意点などを解説します。

適切な場所を選定する

パントリーにとって、もっとも重要といっても過言ではないのが設置場所です。理想の間取りは、キッチンの動線上にあることです。キッチンと横並び、あるいは背面などにあると使いやすいでしょう。ただし、スペースとの兼ね合いもあるので、理想どおりにいかないこともあります。できるだけキッチンの動線に近い場所で検討しましょう。

また、掃除しにくい場所にパントリーを設置してしまうと、掃除しないことで食べ物のカスなどが溜まり、虫が発生することもあります。管理面からも設置場所を充分に検討すべきでしょう。

固定式か可動式かを選択して作成する

パントリーの棚には、大きく分けて2種類の棚があります。1つは固定式の棚で、丈夫な板で固定することで重いものも安心して収納することができます。もう1つは可動式の棚。収納するものに合わせて高さを変えることができるので、無駄なスペースがなくなります。

実際に何を収納するかで、固定式か可動式のどちらかを決めるようにしましょう。もちろん、固定式と可動式の組み合わせでも問題ありません。

DIYするときに便利な道具を紹介

道具と一言でいっても多種多様です。すでにいろいろな道具を持っている場合は良いですが、パントリーをDIYで作るために道具をそろえる場合は必要最低限のものに抑えたいものです。棚を設置する際に必要な道具としては、ビス止めが多いので電動式のビス止めがあると楽です。

棚を木材にする場合はボンドでもいいかもしれませんが、強度を確保したいならばビス止めをおすすめします。木材の棚の場合は、仕上げのために紙やすりや木工テープもあると便利です。カッティングシートなどを貼りたい場合は、スキージーがあるときれいに貼れるでしょう。

パントリーを上手に活用しよう

デメリットでも説明しましたが、パントリーは設置場所などを誤ると、使いづらい収納庫になってしまいます。便利な空間を有効に使うためのポイントを紹介していきます。

上手に使うポイント

パントリーの中に保管するものは、時期や状況によってさまざまです。そのためにも可動性のある棚を上手に利用しましょう。すでに固定の棚が設置されている場合、棚と棚の高さに余裕があるなら、その間に可動性の棚を設置してもいいでしょう。

食材の上に違う食材を積んでしまうと下の食材が取りづらくなってしまうので、それを回避することが目的です。パントリーの広さが結構ある場合は、棚以外に作業スペースとしてカウンターを設置するのもおすすめ。パントリー内の片付けや整理整頓するときなどに、一時的にものを置いたりすることができるため便利です。

パントリー内に囲うように棚が設置されている場合は、角(コーナー)部分は取りづらい場所になるので注意しましょう。角にはあまり取り出さないものを置くようにするか、これからリフォームする場合は角部分に回転式などの棚なども検討してみてください。

食品の並べ方ですが、賞味期限を意識して、左手前に一番古いものを置くなどのルールを決めることが重要です。くれぐれも賞味期限を意識せずに買ってきたものを手前に置くことは避けましょう。細かいものなどは、100均などで収納ボックスを買ってきてその中に整理しましょう。何が収納されているかわかるように、透明なケースにするか、表側にラベルシールなどを貼るとベストです。

おしゃれに見せる収納方法

せっかくなら、パントリーの中もおしゃれに見せたいですよね。ちょっとした工夫でおしゃれに見せることができるので、いくつかポイントを紹介します。

まずは、先ほど細かいものは収納ケースに整理と説明しましたが、収納ケースはデザインや素材を揃えるようにしましょう。単純ですが、こちらをやるかやらないかで見た目が全然違います。

また、素材という点では、どのようなパントリーにしたいかイメージをして、そのイメージにあった素材にしましょう。金属、木、陶器、プラスチック、ガラスなど素材によって印象も変わります。収納ケースのラベルなどのデザインも一工夫するだけでおしゃれに見えます。

パントリーの目的を理解して上手に使いこなそう!

パントリーの概要からメリット・デメリット、上手に活用する方法など説明しました。現在住んでいる家にすでにパントリーがある家庭は、この記事を参考にさらに上手に使いこなしてみてください。

また、これからリフォームなどでパントリーの設置を考えている人は、設置目的を明確にして、もっとも適した場所に設置するようにしましょう。

設置場所などについて不安がある場合は、リフォーム業者など専門の方に相談することをおすすめします。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,300社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U
オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,300社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U

不動産サービス