お部屋探しで「値下げ交渉」している人は約3割!成功・失敗エピソードとは?

お部屋探しで「値下げ交渉」している人は約3割!成功・失敗エピソードとは?

こんにちは、オウチーノニュース編集部です。
2~3月は、4月からの新生活に向けて、お部屋探しをされる方も多いかと思います。

「立地がよくて、広い部屋がいい」
「綺麗でおしゃれな物件に住みたい」
「バス・トイレ別は必須!収納もたくさん欲しい」

など、要望はたくさんあると思いますが、いい物件ほど家賃は高いもの。
できれば、家賃や初期費用などおさえたいところですよね。

そこで、過去に部屋探しをして実際に賃貸住宅に住んだことのある262名の男女を対象に、「お部屋探しの際に値下げ交渉」について、成功エピソードと失敗エピソードを伺いました。

契約前に家賃の値下げ交渉をしたことのある人は約3割

「契約前に家賃の値下げ交渉をしたことはありますか」と聞いたところ、約3割の人は「ある」という回答でした。

※家賃の値下げ交渉には、賃料のほか共益費・管理費・敷金・礼金についての交渉も含みます。

家賃の値下げ交渉の成功・失敗エピソード

家賃の値下げ交渉は本当にうまくいくものなのでしょうか?
家賃の値下げ交渉をしたことのある方の、成功・失敗エピソードを紹介したいと思います。

家賃の値下げ交渉の成功エピソード

「4000円値下げしてもらった」 (女性・27歳)
「交渉は成功しました。1000円下がりました。」 (女性・33歳)
→普通に賃料が下がる方もいるのですね。断られるかもしれませんが、交渉してみるのはいいかもしれませんね。

・「礼金を消してもらったり、仲介料を半額にしてもらった」 (男性・37歳)
・「フリーレントで家賃の無駄を減らせた」(男性・30歳)
→賃料以外の部分の交渉のほうがやりやすいのかもしれません。

・「値下げ交渉で1ヵ月分をまけてもらうか、毎月1000円ずつまけてもらうか選択できた」(男性・39歳)
・「敷金を下げるか毎月の家賃を下げるか二択を勝ち取った」(男性・47歳)
・「即決という事で1ヵ月分無料になった」(女性・33歳)
・「駐車場とセットで交渉して少し下げてもらった」(女性・52歳)
→条件を提示したり、セットにすることで値下げを交渉するなど、交渉上手な方も多いようです。

・「夏の新規入居者が少ない時期だったので、部屋を早く埋めたい貸主から長めのフリーレント期間をもらうことができた」(女性・38歳)
・「夏に交渉」(女性・34歳)
→どうしても4月~に引っ越しというわけでなければ、閑散期の夏に交渉というのも一つの手ですね。

・「会社から出る補助がここまでなんですとはったりを言って下げてもらった」(女性・33歳)
・ 「出ていくと言ったら下がった」(男性・37歳)
→結構、強硬な手段に出ている方もいるようですね。

家賃の値下げ交渉の失敗エピソード

・「値下げ交渉をした結果、軽くあしらわれた」(女性・26歳)
・「まったく値下げしてもらえなかったが、入居前清掃をサービスされた」(男性・44歳)
・「値下げ交渉は失敗したが駐車スペースは広めのところで2台くらい置けるようになった」(女性・26歳)
→もちろん交渉がすべて成功するわけではなく、失敗した方も。ただし、家賃以外の部分でのサービスしてくれることもあるようですね。

いかがでしたでしょうか。
これからのお部屋探しのシーズン。今から新居を探す方は、家賃の値下げ交渉の成功・失敗エピソードを参考に、ぜひ納得のいくお部屋探しをしてくださいね。

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス