外壁塗装の寿命は何年?塗装を安く抑えるコツを解説

外壁塗装の寿命は何年?塗装を安く抑えるコツを解説

一戸建てのメンテナンスに不可欠な外壁塗装。

頻繁にする工事ではないからと後回しにしていると思わぬ被害をもたらすことも。外壁塗装を適切な時期、費用で行うための基礎知識を身につけましょう。

外壁塗装塗り替えの時期とは?

外壁塗装の目安は10年

外壁塗装を実施する目安として通説となっているのが「10年」という単位です。なぜ10年かというと、外壁塗装用の塗料としてもっとも利用されているシリコン系塗料の耐用年数が約10年程度だからです。

外壁塗装というと、建物の見た目をよくするために行うものと考える人も多いと思いますが、外壁材を雨、風、日差し、高温や氷結などのダメージから守る目的もあります。

外壁は壁にひびや亀裂が生じたり、塗装が粉を吹いたような状態になるなど、劣化のサインを出します。そのようなサインが出たら、すぐに外壁塗装の検討を始めましょう。目に見えるサインが出ていなくても、劣化が始まっている可能性もあります。定期的に専門家に状況をチェックしてもらい、状態を確認しておくとよいでしょう。

建物によってはシリコン系塗料ではない塗装材を使用している場合もあります。10年という目安を盲信するのではなく、実際の状況を確認したり、定期検査をすることが大切です。

外壁塗装工事の天敵は雨

外壁塗装の工事は1年を通していつでも行うことはできます。ただし雨のときは工事ができません。台風がきたときも工事は中断してしまいます。そのほか、雪深い地域では、降雪期間中の工事は一般的ではありません。

外壁の劣化具合を考慮しながら、余裕を持ったスケジュールを組んでおくといいでしょう。

外壁塗装の種類

外壁塗装は材料別に種類分けされることがほとんどです。

「アクリル系塗料」「シリコン系塗料」「フッ素系塗料」と言った具合です。とはいえ、「××系塗料」と言われてもよくわからない人のほうが多いでしょう。

塗料の種類による特徴だけが分かっても、塗装する建物の外壁材や建物の立地環境などとの組み合わせ方で、最適な塗料は変わってきます。どの塗料を使用するかは実際の建物を見たうえで工事会社と相談し決めることになります。質問のポイントなどを抑えておくと話がスムーズになります。

塗料は耐久性の高いものほどコストが高くなる、という点はもっとも基本的な点ですが、これは塗料の単価のことです。

たとえば単価の低い塗料を選んでも、工事費用も安くなるわけではありません。耐久性が低く短期間で塗りなおしをすると、塗料の単価が安くて得られるメリットよりも、職人の人件費を複数回払うことのデメリットが上回ってしまいます。

一方で、取り扱いが少ない塗料(高額な塗料はそうなりがちです)の場合、塗れる職人が少なくなり人件費の単価も高くなることがあります。このケースでは塗料の単価だけでなく人件費分も考慮した費用対効果で比較しなければなりません。

塗料の色は、工事の満足度を左右する重要な要素です。よくあるのが、思っていた色と違う、という不満です。通常、塗料の色は見本をもとに決めるのですが、室内でパンフレット等で見る色と、太陽光の下で建物全体に塗られた状態で見る色とでは印象が大きく変わります。そのため、外壁塗装では色よりもイメージを伝えることや、実際の建物を参考にして決めるほうがよい結果につながりやすいとも言われています。

色についてのアドバイスの仕方は、工事会社を選ぶときの参考にもなりますので、契約前に色についても相談をしてみましょう。

外壁塗装の工程を確認しよう

外壁塗装の作業工程を確認しておきましょう。近所への挨拶が終わり、工事開始となってからの工程です。

  1. 足場の組み立て
  2. 高圧洗浄
  3. 下地処理
  4. 養生
  5. 下塗り
  6. 中塗り・上塗り
  7. 仕上げ・チェック
  8. 足場解体・片付け

作業そのものは工事会社が行いますが、あなた自身が関わることや、気を利かせてやっておくべきこともあります。工程ごとに内容を確認し、やるべきことや準備しておくことを工事会社と共有しましょう。

すべてが順調に進んでも工事には10日間くらいの日数が必要です。途中天候の関係で工事ができないことも考えられます。工事日数はあらかじめ余裕を持たせておくようにしましょう。

外壁塗装の相場費用はどのくらい?

外壁塗装の費用は使う塗料の種類や塗る面積によって上下します。実際の工事実績をもとにすると、相場感はだいたい次のようになります。

▲リフォームオウチーノ調べ。外壁リフォーム事例をもとにした費用分布。

だいたい80万円から120万円くらいが平均的な相場、中央値と言えるでしょう。

実際に自宅を塗装する費用を知るには、複数の会社に見積もりを依頼することになります。見積もりはできるだけ細かい内容を記載してもらうようにしましょう。これは、見積もりを比較するときに、会社によって項目の違いがないかどうか確認するためです。

会社によっては過剰スペックと思われる工事を見積書に入れてくることもあります。本当に必要な工事が何か。複数の会社の見積もりを比較することで、工事内容を確認することを心がけましょう。

過度の値引き交渉は、工事レベルの低下を招く恐れがあるので注意が必要ですが、多くの会社は、見積もり段階の金額に値引きの余地を残してあります。端数分を減額してもらうなど、ダメ元で頼んでみてはいかがでしょうか。

外壁塗装の助成金

外壁塗装をすると、お住まいの地域の役所から助成金がもらえることがあります。「なぜ、塗装工事で助成金?」と思う人も多いでしょう。

外壁塗装で助成金が出るのは、主に外壁塗装をすることで省エネ効果を得られる場合です。具体的には遮熱塗料や断熱塗料を利用するなどの条件があります。

助成金(あるいは補助金)をもらうのであれば、必ず事前に申請する必要があります。また、工事内容を証明する書類の準備など、工事会社に協力を依頼することもありますので、助成金の利用をするのであれば、工事前に共通認識を得ておくことが必要です。

地域によっては、工事業者の条件が指定されていることもあります。

助成金等はすべての地域、外壁塗装で出るわけではありません。外壁塗装を検討しているなら、一度お住まいの地域の役所ホームページなどを確認しておくといいでしょう。

鈴木玲
FP・住宅ローンアドバイザー

こんにちは。2級ファイナンシャルプランナーの鈴木です。

住宅関連の雑誌編集者を4年間、Webディレクターを10年間経験したのち、個人事業主として独立。独立によって様々な金融問題に直面し、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。

税金や保険、資産運用など要点をまとめてわかりやすく情報提供していくことを心掛けて活動しています。 例:パートだから社会保険に加入したくない。【2020年の条件は?】

最近は、やさしい日本語を使った情報発信にも積極的に取り組んでいます。

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「イエイ」では、登録査定会社1700社以上から、
最大6社を比較できる売却査定サービスを提供しています!

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4
powered by

不動産サービス