外壁塗装の相場・費用はいくら?できるだけ安く抑えるコツを解説

外壁塗装の相場・費用はいくら?できるだけ安く抑えるコツを解説

外壁塗装の相場・費用や単価を知る頼りとなるのが見積書です。

しかし、見積書を横並びにして眺めているだけでは工事の相場や単価が分かるとは言えません。外壁塗装の基礎知識を身につけて、見積書を見る目を作りましょう。

外壁塗装の費用とは?

外壁塗装にかかる費用は大きく3つに分けて考えることができます。「材料費」「作業費」「工事会社の利益」です。

「材料費」は、使用する塗料で決まります。使用する塗料を決めるのは施主です。工事費用を抑えたい場合、施主ができる一番シンプルな方法は使用する塗料のグレードを下げることです。

「作業費」は、塗装工事に必要な作業場の設置や作業人件費などです。これは工事会社ごとに単価があり、それに準じて計算されます。施主の要望でグレードを下げることはあまりできません。

「工事会社の利益」は、具体的な金額が見積書に記載されていなくても当然かかっているものです。作業費(場合によっては材料費にも)に、一定の割合で含ませているものと考えればよいでしょう。

外壁塗装を行うときはいくつかの会社に見積もりを依頼し、その内容や金額を確認する必要があります。会社によって書式や項目名に違いはありますが、最終的に費用は「材料費」「作業費」「工事会社の利益」のいずれかに集約されていきます。外壁塗装の費用をシンプルに整理するときに、この考え方は便利です。

塗装する家の面積を計算する方法

外壁塗装の材料費は、単価×塗る面積によって計算します。塗料の単価はインターネットで調べればだいたいの単価が分かりますので、塗装する外壁の面積が分かればより実態に近い材料費が算出できます。

外壁面積の机上での計算方法としてよく目にするのは次のものです。2階建てまでの建物の外壁面積を算出する際に使用されます。

  • 延床面積×1.1~1.4

1.1~1.4は係数と呼ばれるものです。たとえば30坪の延床がある一戸建てであれば、30坪×3.3=99平米で、係数をかけると外壁面積は108.9平米~138.6平米になります。塗料の単価を1平米あたり2,000円で計算した場合、材料費の目安は217,800円~277,200円です。

材料費のイメージがまったくなかったなら、このように具体的な数値を目にできるようになったことは大きな前進です。

より実態に近づくため、自分で測ってみるのもおすすめの方法です。スケールをもって家の周りをぐるっと回り外周の長さを測りましょう。

高さは外壁パネル1枚の長さを測り、それが屋根までの間に何枚分積み重なっているかを数えれば全体の高さが分かります。この計算方法が難しく、ほかに測り方がない場合は2階建ての建物で6.5mくらいを目安に考えましょう。

塗装しない場所(玄関ドアや窓など)があるため、塗り面積は全体の85%くらいになるでしょう。

塗り面積は次の計算式で求めます。

  • 外周の長さ×高さ×0.85

一度自分で外壁面積の目安を計算しておくと、見積書を見るときのひとつの参考数値になります。工事会社と話をするきっかけにもなりますので、実践してみるといいでしょう。

外壁塗装にかかる費用の項目

外壁塗装の費用のうち「材料費」について説明してきました。ここからは実際に見積書に記載される項目をもとにして、「作業費」と「工事会社の利益」についても確認しましょう。

外壁塗装の見積書に記載される代表的な項目は次のようなものがあります。

  • 足場
  • 飛散防止ネット
  • 高圧洗浄
  • 養生(マスキング)
  • 下地補修
  • シーリング
  • 外壁塗装(下塗り/上塗り2回)
  • 諸経費

この中で材料費に該当するのは「外壁塗装」のみです。それ以外はほぼすべて「作業費」とそれに含まれる「工事会社の利益」です。

外壁塗装の相場を調べるときは、塗料だけではなく、作業費についても確認することが重要です。

外壁塗装の相場・単価

具体的な相場を見てみましょう最終的には外壁塗装する建物の大きさや劣化具合で変わってきますが、目安を知ることは大切です。

塗料の相場(材料費)

塗料の種類 単価(1平米あたり)
アクリル系塗料 1,200円~1,600円
ウレタン系塗料 1,800円~2,200円
シリコン系塗料 2,500円~3,500円
フッ素系塗料 3,500円~4,800円
光触媒・無機塗料 5,000円~5,500円

塗装工事の相場(作業費)

工事の種類 単価
足場 700円~800円/平米
飛散防止ネット 100円~200円/平米
高圧洗浄 200円~300円/平米
養生(マスキング) 300円~500円/平米
シーリング 700円~1,200円/平米
下地補修 20,000円前後
外壁塗装(下塗り) 600円~900円/平米
諸経費 10%前後

工事単価からもわかるように、外壁塗装工事は「材料費」よりも「作業費」の占める割合のほうが高くなります。

トータルでコストを考えるのであれば、外壁塗装は作業回数を減らすほうが効果がありそうです。単価は高くても耐用年数が長い塗料を使用する、屋根の塗装工事と時期を合わせるなどの工夫をしましょう。

安すぎる外壁塗装には要注意?

工事会社の見積もりを比較していくと、「A社はこの工事項目は安いのに、こっちの工事は高い。B社はその反対」となることも珍しくありません。これは会社の特徴や得意分野が影響しているからです。「工事会社の利益」の乗せ方によって変わることもあります。

すべての会社の見積書から工事ごとの最安値をピックアップしても、その価格で外壁塗装ができることにはなりません。

リフォーム工事で一番困るのは手抜き工事です。とくに外壁塗装は消費者が手抜き工事が行われたかどうかを判断しずらい工事です。塗りの回数が少ない、塗料が薄められている、工程が省かれている。こうした手抜き工事は多数報告されています。

もちろん、どのような状況であっても手抜き工事は許されるものではありませんが、費用を下げることばかりに執着すると手抜き工事の可能性を高めてしまうことにもつながりかねません。

費用を安くすることはもちろん大事ですが、費用に対して適切な工事がされているか管理することも施主の大切な役割になります。

鈴木玲
FP・住宅ローンアドバイザー

こんにちは。2級ファイナンシャルプランナーの鈴木です。

住宅関連の雑誌編集者を4年間、Webディレクターを10年間経験したのち、個人事業主として独立。独立によって様々な金融問題に直面し、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。

税金や保険、資産運用など要点をまとめてわかりやすく情報提供していくことを心掛けて活動しています。 例:パートだから社会保険に加入したくない。【2020年の条件は?】

最近は、やさしい日本語を使った情報発信にも積極的に取り組んでいます。

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「イエイ」では、登録査定会社1700社以上から、
最大6社を比較できる売却査定サービスを提供しています!

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4
powered by

不動産サービス