ガルバリウム屋根の特徴は?費用・メンテナンスは?

ガルバリウム屋根の特徴は?費用・メンテナンスは?

家を建てたり、リフォームするときに建築材料について知っておくことは今後のメンテナスを考えるうえでも重要です。ガルバリウム鋼板。いったいどんな性質を持つものなのか探ってみましょう。

ガルバリウム鋼板とは?

建築材料としてのガルバリウム鋼板には次のような特徴があります。

  • 錆びにくい
  • 軽い
  • 熱反射性が良好
  • デザインが美しい
  • 酸性に強い

ガルバリウム鋼板はもともとアメリカのベスレヘムスチール社で開発されたものです。日本では日本製鉄株式会社(NIPPON STEEL)の登録商標となっています。ガルバリウム鋼板を使った屋根材は、メーカー独自の塗装、切断、加工等によって商品化されています。

ガルバリウム鋼板の特性を理解するには、まず「鋼板」を知るところから始めましょう。鋼板とは板状の鋼のことです。鋼には加工しやすく強度が高いという特徴があります。板のように薄くなってもその性質を失われません。薄くできるということは、特徴のひとつ「軽い」にも繋がります。

しかし、鋼板には大きな問題があります。錆びやすいのです。屋根材のように雨の影響を受ける建築素材にあって錆びやすい性質は致命的な問題です。

そこで、ガルバリウム鋼板が登場します。ガルバリウム鋼板は鋼板を守るためにその表面をめっき処理しています。鋼板にこのような処理を施すものを表面処理鋼板と言います。ガルバリウム鋼板の特徴は表面を処理するめっきの組成がアルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなってる点です。

アルミニウムには耐食性(錆びにくさ)があります。亜鉛は犠牲防食機能(傷がついたときも本体である鋼板への被害を少なくできる)を有しています。生の鋼板の弱点であった錆びやすさが表面塗装によって克服され、安心して屋根の外装材として使えるようになるのです。

ガルバリウム鋼板屋根材のメリット

ガルバリウム鋼板を屋根材で使用するメリットは、軽くて丈夫な点です。屋根が軽いということは、建物を支える躯体への負担を軽くし、耐震性を高めます。

素材の軽さはカバー工法で屋根をリフォームするときに最大限効果を発揮します。カバー工法とは重ね張りとも呼ばれるもので、既存の屋根の上から新しい屋根材を張る工事の仕方です。既存の屋根がそのまま残るので、新しい屋根材の分だけ重量が増えることになります。重い屋根材ではそもそもカバー工法ができないのです。

ガルバリウム鋼板は錆に強く、耐久性も高い素材です。メンテナンスが比較的容易に行えることも屋根材として利用するときのメリットです。これに「軽さ」という特徴が加わるので、屋根材としての使い勝手の良さはトップクラスです。

ガルバリウム鋼板屋根材のデメリット

あたかも万能な屋根材に思えるガルバリウム鋼板ですが、デメリットもあります。ひとつは管理や施工の難しさです。錆に強いガルバリウム鋼板の特性は、他の金属と触れることで失われる可能性があるため管理や施工には十分に注意をしなければなりません。また、現場で加工した製品はメーカー保証から外れることがほとんどです。

誇大広告にも注意が必要です。ガルバリウム鋼板を「まったく錆びない」「メンテナンスフリー」と紹介していることがありますが、これは誤りです。錆づらいですが錆びないことはありませんし、メンテナンスは必要です。一度張ってしまえば、あとは放っておいても大丈夫ということはないのです。

消費者に誤った認識を与え、製品が正しく使用されないことで本来の寿命を全うできないことがあれば、それはせっかくのガルバリウム鋼板の特徴を活かせていないことになります。

ガルバリウム鋼板屋根材の相場・初期費用(メンテナンス費用)

ガルバリウム鋼板を利用する場合、その葺き方を決める必要があります。代表的な葺き方は「横葺き」と「縦葺き」です。横葺きは地面に対して屋根材が平行になるように配置されているもの、縦葺きは地面に対して屋根材が垂直になるように配置されているものです。屋根材を配置するときにできるラインの見え方が横か縦かの違いです。

葺き方を決めるときに重要な要素になるのが屋根の勾配です。屋根の勾配は雨を流すために必要なものですが、横葺きは縦葺きに比べて水の流れがよくありません。これは水の流れる方向と屋根材の配置が真逆の位置関係にあるからです。勾配が緩やかな屋根は縦葺きしかできないこともあり得ます。

ガルバリウム鋼板の屋根材として一般的なのは横葺きのものです。断熱性・遮音性に優れる断熱材と一体化した商品などが各メーカーから供給されています。一方で縦葺きはメーカー品ではなく、一枚物の鋼板を各現場用にあわせたサイズに加工し利用することもあります。

ガルバリウム鋼板を使った屋根工事の相場は、材料費と施工費を合わせたもので「約6,000円/平米」という目安があります。実際には「横葺き」か「縦葺き」によって選ぶ材料が変わりますし、その材料や屋根の形状などによって施工費が計算されるため、目安通りとはならないこともある点は注意しましょう。

葺き方にこだわりがないのであれば、コストメリットがある方法を工事会社に確認するとよいでしょう。複数の会社へ見積もりを依頼するケースでは、材料(商品)がそろっていないと会社間の比較ができなくなります。単に平米単価で判断するのではなく、どの商品を使うのか、作業費はいくらかかるのかをチェックしましょう。

また、最近は「瓦調」など個性的なデザインの商品も登場しています。商品を選ぶところから積極的に関わると、工事後の満足度はより高くなるかもしれません。

ガルバリウム鋼板屋根材のメンテナンス方法とは

錆びづらく、耐久性の高いガルバリウム鋼板ですがメンテナンスフリーというわけにはいきません。外壁であれば日常的なメンテナンスは水をかけて汚れを落とすだけでも十分です。しかし屋根は、水かけを簡単にできる場所ではありません。外壁と比べて雨や日差しによるダメージの受け方が大きく消耗も早くなります。

こうしたことから、ガルバリウム鋼板を屋根材に使用した場合は、専門家による定期健診がかかせません。工事にあたって施工会社と定期メンテナンスの時期やその費用を確認し、十分なメンテナンスを行える体制を作っておきましょう。

まとめ

軽くて、錆びづらく、メンテナンスにかかる負荷も少ないガルバリウム鋼板は、理想的な屋根材のひとつです。特にカバー工法の場合は、ガルバリウム鋼板を選択肢に入れずに検討するのが難しいほどです。

以前はガルバリウム鋼板の取り扱いの難しさから施工できない会社も多くありましたが、人気の高まりから今は多くの工事会社が取り扱っています。ただし、取り扱い技術は一朝一夕で身に着くものではないようです。多くの会社が扱っているからこそ、ガルバリウム鋼板の工事実績を確認し、信頼できる工事会社へ依頼するように心がけましょう。

鈴木玲
FP・住宅ローンアドバイザー

こんにちは。2級ファイナンシャルプランナーの鈴木です。

住宅関連の雑誌編集者を4年間、Webディレクターを10年間経験したのち、個人事業主として独立。独立によって様々な金融問題に直面し、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。

税金や保険、資産運用など要点をまとめてわかりやすく情報提供していくことを心掛けて活動しています。 例:パートだから社会保険に加入したくない。【2020年の条件は?】

最近は、やさしい日本語を使った情報発信にも積極的に取り組んでいます。

この記事に関するキーワード

不動産サービス