マンションを売却するタイミングは〇月が狙い目!?売却時にありがちな失敗談とは

マンションを売却するタイミングは〇月が狙い目!?売却時にありがちな失敗談とは
家の売却を検討中の方へ
  • 家の売却を考えていて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです
  • 不動産会社選びで、家は数百万「売値」が変わります。高く・早く売るなら、複数の会社の査定結果を比較することが大切です
  • 「HOME4U」では、厳選した1,500社の優良企業から最大6社にまとめて査定依頼できます

マンション売却は、人生を左右する重要な機会といっても過言ではないでしょう。それゆえ、失敗して安く売ることにならないかなど不安も大きいはずです。

実は、3人に1人が売却に失敗すると言われることもあるほど、マンション売却は簡単ではありません。そこで、この記事ではマンション売却でよくある失敗例を紹介し、その対策を解説します。

これで気になる不安を解消してしまいましょう。

マンション売却でありがちな失敗例

売却での失敗を避けるためには、まずはよくある失敗例がどのようなものか知っておくことが重要です。ここでは3つの代表的な失敗例を紹介します。

買い手がつかない

本人はすぐにでも売りたいと思っていても、なかなか買い手がつかないことがあります。買い手が現れなければ、そもそも取引自体が成立しないのでこの事態は避けなくてはいけません。

マンションの売却に慣れない不動産業者に依頼すると、このような失敗につながるでしょう。また、売り出しの価格が高い場合、内覧時に物件が汚いなどの理由で潜在的買い手が敬遠してしまっている場合も考えられます。

極端に安い額で売却してしまう

せっかく売却できたのに、後から安く売却してしまったことを悔やむ人も多いです。このような失敗のケースは、売却を急ぎすぎたため、業者とのコミュニケーションがうまく取れず、適正価格をきちんと把握できなかった場合などに起こりえます。

諸費用を見落とし後で慌てる

買い手が無事に現れ、契約が無事終了したとしても、後に失敗したなと感じてしまうこともあります。その代表例が諸費用の見落としです。

まず、売却する際には仲介手数料や測量費などの譲渡費用がかかります。また、不動産は売却して終わりではなく、譲渡所得が発生すれば確定申告が必要な点も押さえておきましょう。

中古マンション売却で失敗しない対策

では、ここまで紹介した失敗例をどのようにして防ぐべきでしょうか。ここでは、5つの対策を紹介します。

時間に余裕をもつ

不動産には売り出し時期というものが存在します。同じ物件であっても、時期によって価格が大きく変わることがあるので、不動産業者への相談や不動産ポータルサイトで適切な時期を把握するのが高値で売るコツの一つです。売却時期については、後ほど詳しく解説します。

しかし、いくら売り出し時期を知っていても、そのタイミングに売却できなくては意味がありません。転勤などの事情で、売る期間に期限がある場合を除いて、不動産を売却する際には、時間に余裕を持ち、慌てて売らなくてはいけない状況を作り出さないようにしましょう。

物件を魅力的に見えるようにする

早くに買い手を見つけるためには、内覧対策が重要です。業者を入れた大掛かりなクリーニングなどをせずとも、床に広がる子どものおもちゃを片付ける、日頃使わないものを物置や実家に預けるなど少しでも見栄えを良くする方法がいくつもあるはずです。

どういうマンションだったら自分が買いたくなるかをイメージしながら、休日に準備を進めていきましょう。

不動産会社や買主を慎重に吟味

買い手がつかない理由でも述べたように、不動産業者選びも重要です。不動産査定の段階で最初から一つに絞るのではなく、いくつかの業者に相談してから絞るようにしましょう。

また、不動産を買ってくれるなら誰でも良いというわけではありません。せっかく買い手候補者が現れても、契約直前に住宅ローン審査が否決になると売買契約が白紙になってしまい、スケジュールが大幅に狂ってしまいます。

不動産業者側で買主の借入審査進捗状況を追っているはずですので、随時業者を通じて進捗状況に問題ないか注意を払っておきましょう。

税金を理解しておく

売却時に譲渡費用が発生することを把握していても、税金面を見落としている例があります。税金の支払いについて理解しておかないと、後で多額の金額を支払わなければならないことがわかり、慌てるので注意しましょう。

なお、買い替えの場合は3,000万円の特別控除を知っておくと役立ちます。これは、売却益が出ても譲渡所得から3,000万円までは特別控除として差し引くことができるというものです。

ただし、この特例を使うと次の物件で住宅ローン控除が使えない点に注意しましょう。

知人の失敗談やブログも参考にする

ここまで、代表的な失敗例を挙げて対処法を紹介していますが、予想もしていなかった失敗も起こり得ます。そのような事態を避けるためにも、以前マンションに住んでいた知人に売却時の様子をたずねることや、ブログなどで実際の体験談も参考にしておきましょう。

売却に適した時期とは

マンションを売るタイミングをつかむポイントの一つが、周辺環境や社会情勢を見極めることです。例えば、金利が下がっている局面であれば、住宅ローンを借りる人が増えるため、買い手がつく可能性も高くなります。また、県内や周辺物件の相場を把握することも重要です。金利は低下、相場は上昇局面が売る時期の一つの目安としましょう。

さらに、転勤や子どもの入学に合わせて引越しを希望する人も多いです。そこで、3月や12月が一つの狙い目になるでしょう。

購入に失敗した物件はすぐ売るべきか

では、マンション購入に失敗した場合、すぐに売るべきなのでしょうか。購入失敗と一口に言ってもさまざまなケースが想定できますが、例えば人口減少など、その地域への魅力が減少傾向にある場合、印象の良くない施設が建つ噂がある場合であれば、早めの売却を検討した方が良いでしょう。

マンション売却に失敗しないためには業者選びが鍵

ここまで、マンション売却の失敗事例やその対処法を紹介しました。失敗にはさまざまなパターンが想定されますが、その多くのきっかけが不動産業者選びを間違ったことで引き起こされているはずです。

同じ物件でも、親身に相談に乗り、売却のノウハウもしっかりと持っている不動産業者に相談した方が高値でスムーズな売却へつながるでしょう。そこで、聞いたことのある不動産業者一本で最初から決めるのではなく、複数の業者に相談してみたり、比較サイトを活用したりするなどの方法でぜひ信頼できる不動産業者を見つけてください。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U
オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U

不動産サービス