マンションの売却相場はいくら?自分で相場を調べる3つの方法

マンションの売却相場はいくら?自分で相場を調べる3つの方法

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

転勤や家庭の事情から、引越しを考えている方は、今住んでいるマンションの相場が気になるはずです。では、気になる相場はどのようにして調べることができるのでしょうか。

この記事では、自分でマンションの相場を調べる3つの方法を紹介します。売り時のタイミングについても解説するので、まだ引越しを考えていない方もぜひ参考にしてください。

マンション売却の基礎知識

マンションの売却相場を知るためには、一定の基礎知識が必要です。ここでは、査定方法や費用について解説します。

取引事例比較法が重要な査定方法

不動産の価格査定方法としては、主に「取引事例比較法」「原価法」「収益還元法」の3種類があり、どの方法で査定するかによって当然価格も異なります。そして、3種類の中で個人のマンション相場に使用される頻度が高いのが取引事例比較法です。

取引事例比較法とは、売却予定の不動産と近い条件にある過去の不動産取引事例から適切な事例を選び、不動産価格を計算するものであり、比較的シンプルな方法といえるでしょう。ただし、実際の算出にあたっては、事情補正や時点修正、地域的要因及び個別的要因などを考慮する必要があります。

売出価格と成約価格の違い

そこで、過去の不動産取引をみてみると、売出価格と成約価格があることに気づくはずです。成約価格が実際に売れた価格を示す一方、売出価格はあくまで売主側が売りたいと思っている価格ですので注意しましょう。

実際に自分のマンションがいくらくらいで売れるかシミュレーションするためには、成約価格を参考にする必要があります。

マンション売却にかかる費用とは

マンションを売却できても、売却価格全額が自由に使えるわけではなく、諸費用が発生するという点を理解しておかなくてはなりません。諸費用は、税金や各種手数料などが想定されます。

税金は印紙税、登録免許税、譲渡所得税、住民税の4つです。印紙税は買主と売買契約書を結ぶ際に貼付する必要があり、売買金額によって異なります。

税金以外にも、不動産業者への仲介手数料や抵当権がある場合は、抹消登記手続きのため司法書士への報酬も支払わなくてはいけません。その他にも、売却にあたってリフォームするのであればリフォーム費用も発生します。

自分で相場を調べる3つの方法

次からは自分で相場を調べるための具体的な3つの方法を紹介します。

サイトや情報誌で近隣相場をチェック

すでに紹介したように、個人のマンション売却にあたっては取引事例比較法を採用することが多いです。そこで、過去の取引事例をチェックすることでおよその売買価格を推定することができます。

不動産業者に依頼せずとも、不動産情報サイトや不動産情報誌を見てみれば過去の取引事例を知ることが可能です。例えば、全国指定流通機構連絡協議会が運営しているREINS Market Informationでは、実際に売買が行われた物件の価格(成約価格)等の取引情報を検索することができます。

不動産取引価格情報検索で確認

より幅広く調査したいという方は、国土交通省が運営している不動産取引価格情報検索も役に立つでしょう。このサイトでは、約5年間の中から自分が調べたい期間を4半期単位で設定し、取引総額を確認できる点がポイントです。

他にも、地図上でその土地の地価も確認できるので、一度自宅周辺を検索してみてはいかがでしょうか。

不動産会社に査定を依頼

ここまで紹介してきた方法で、相場の検討をつけることができますが、必ずしも実際の売買価格に近いものになるとは限りません。なぜなら、価格は周辺の環境や物件そのものの状況など様々な要素の影響を受けるからです。

引越しなどの事情からすでに売却の意思を固めつつある方は、不動産会社に査定を依頼するのが良いのではないでしょうか。

マンション売却に適切なタイミング

ここまで、相場をいかに知るかということにスポットを当てて解説しました。しかし、マンションの相場とは固定されたものではなく変動するため、どのタイミングで売るべきなのか悩む方も多いはずです。

ここからマンション売却に適切なタイミングを考えてみましょう。

相場のピーク

全体的な流れとしては、2010年以降、マンション相場は上昇傾向にあり、2021年の東京オリンピックでピークを迎えるという考え方も多くあります。東京オリンピックは相場変動のひとつの大きな要因なので、頭に入れておくのが良いでしょう。

しかし、価格変動の要因は各地域によって異なります。東京オリンピック前に慌てて売却を考えるのではなく、あくまでひとつの指標として参考にし、冷静に見極めることが大切です。

築10年以内の売却が人気

相場は各物件の築年数も大いに影響します。特に、10年をひとつのターニングポイントとするところがあり、築10年以内の物件が人気です。

相場を考える際には、自分のマンションの築年数がどれくらい経っているのかもあらためて確認しておきましょう。

築20年以上の相場

なお、築20年以上経たマンションの場合、当初に比べて大幅に価格が下落することが多いです。ただし、価値がなくなるわけではなく、物件によっては買い手もつくため、不動産会社にまずは相談してみるのが良いでしょう。

また、はじめから低い価格だと諦めていると足元を見られる可能性もあるため注意が必要です。

マンション売却は慌てず、まず相場を確認

以上、マンションの売却を考えている際に自分で相場を調べる方法を紹介しました。転勤などでできるだけ早めにマンションを売却しなくてはいけないこともありますが、慌てて売却してしまうと予想以上に低い価格での売却になるおそれがあります。

最近では、不動産情報サイトも充実しているため、個人でも気軽にマンション相場の検討をつけることができるようになりました。急いでマンションを売却したい方も、まずは慌てずマンション相場をチェックしてから進めていきましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士やフィナンシャルプランナーなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス