自分で家の査定をするには?ネット査定のメリットや注意点を徹底解説

自分で家の査定をするには?ネット査定のメリットや注意点を徹底解説
家の売却を検討中の方へ
  • 家の売却を考えていて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです
  • 不動産会社選びで、家は数百万「売値」が変わります。高く・早く売るなら、複数の会社の査定結果を比較することが大切です
  • 「HOME4U」では、厳選した1,500社の優良企業から最大6社にまとめて査定依頼できます

家やマンションなどの不動産の売却は、人生でそう何度も経験することではありません。

そのため、いざ、売却することになった際に、何から始めたらよいのかわからず、とりあえず目についた不動産屋に入ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかし、最初からすべてを不動産業者に任せてしまうのではなく、ある程度、自身で相場を調べ、おおよその査定をしておくことが、不動産売却を成功させる第一歩になる場合も多いです。

そこで、ここでは家の査定方法や相場の調べ方、ネット査定の上手な活用方法などについて、詳しく解説します。

家を売るなら、まず査定から

家やマンションの売却を検討している場合、まず最初に査定をして、いくらぐらいで売れそうなのかという目途を立てることが大切です。

家の査定と査定額とは?

家の査定とは、売却したい物件の立地や建物の状態、不動産市場の需要などを鑑みたうえで、いくらぐらいなら売れそうかの判断をすることです。そこで算出された価格が、査定額になります。

つまり、査定額とは、あくまでも「これぐらいなら売れそう」だという価格なので、必ずしも査定額で売却できるわけではありません。

家やマンションを売却した代金で住み替えなどを予定している場合は、そのことをふまえて計画を立てるようにしましょう。

売却依頼前の査定が大切

家を売却する際の最終的な査定は不動産会社に依頼しますが、その前に、自分でおおよその査定額を把握しておくことをおすすめします。

なぜなら、あらかじめ査定額を調べておくと、不動産会社が出してきた査定額が妥当かどうかを判断する基準になり、売却を依頼する会社や担当者の選定時に役に立つからです。

自分で家の査定をする方法について

家やマンションの売却を予定している人や、特に売却予定はないけれども査定額を調べてみたいという人が、自分で査定額を調べる方法について説明します。

ネットのサイトから査定する

不動産情報のポータルサイトなどで、現在売りに出されている物件の中から、売却したい物件の近くにあり、諸条件が似ているものを探して調べることで、おおよその売り出し価格を把握することができます。

ただし、たいていの場合、売り出し価格は、実際に売却できそうな価格よりも高めに設定されているので、売り出されている価格はあくまでも売り出し価格であって、必ずしもその額で売却できるわけではないことを覚えておきましょう。

近隣にある条件が似ている物件の過去の売買成約価格を調べたい時には、不動産流通機構が一般の人にも公開している「レインズマーケットインフォメーション」で調べるとよいでしょう。

▶レインズマーケットインフォメーション

固定資産税から査定する

毎年4月~6月ごろ、不動産を所有する人に届く「固定資産税納税通知書」から、査定額の見当をつけることも可能です。建物の査定額は、毎年減価償却されていくため、固定資産税評価額に近い場合が多いです。

また、土地の固定資産税評価額は、地価公示額の約7割に設定されています。実際に土地が取り引きされている市場価格(実勢価格)は、地価公示額の約1.1~1.2倍なので、土地の固定資産税評価額からおおよその実勢価格を算出する計算式は、以下の通りです。

固定資産税評価額 ÷ 0.7×(1.1~1.2)=取引の実勢価格

不動産会社による査定について

実際に、家やマンションなどの売却を不動産仲介業者に依頼する際には、その前に査定をしてもらう必要があります。不動産会社の査定の種類について、説明します。

机上(ネット)査定のメリットとデメリット

机上査定とは、査定したい物件の情報だけで査定する方法です。不動産会社に物件の広さや築年数などの情報を伝えるだけで査定してもらえるので、ネット上のやりとりや電話だけで完結する手軽さがメリットです。

その反面、実際に物件を確認して査定しないため、おおよその査定額しか出すことができず、査定の精度に欠けるというデメリットがあります。

訪問査定のメリットとデメリット

訪問査定とは、実際に不動産会社の担当者が売却予定物件を見たうえで、査定額を算出する方法です。机上査定よりも精度の高い査定額を出すことができますが、担当者が査定に来る際に在宅して対応をしなければならないので、時間や手間がかかるというデメリットがあります。

ネットの一括査定サイトについて

インターネット上の不動産一括査定サイトは、情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に査定を依頼できるので大変便利です。

不動産の査定は、複数社に依頼して比較することが大切ですが、一括査定サイトを利用すれば複数社に依頼する時間や労力の節約になります。

家のネット査定の注意点

不動産一括査定サイトなどを利用したインターネット上の査定は、簡単で便利なので利用する人も多いですが、いくつか注意点があります。

高すぎる査定額には注意

家の査定は、複数の不動産会社に出してもらい比較することが大切です。そのような点からも、インターネットを使い一括で査定を出してもらうことができれば、とても便利だといえるでしょう。

ただし、中には契約を取りたいために、通常よりも高い査定額を出してくる不動産会社もあります。高い査定額だったからという理由で、その不動産会社の仲介で売却を開始しても、なかなかその売り出し価格では売れず、結局、かなり値下げをする羽目になってしまうという事態に陥ることもあります。

根拠なく高い査定額を出してくる不動産会社には注意するようにしましょう。

担当者の見極めが大切

インターネットでの査定を比較して不動産会社を絞った後、その不動産会社の担当者に訪問査定をしてもらいますが、その際に、担当者が信頼できそうかどうかの見極めをすることが大切です。

接客態度や身だしなみなどをチェックするだけでなく、物件や周辺環境についてどれだけ調べているか、査定の根拠をしっかりと示すことができるかどうかなども確認しましょう。

もし、査定してくれた担当者が合わないと感じたときは、そのままにせず、担当者を変更してもらうか、思い切って違う不動産会社に査定を依頼するのも一つの手です。

ネット査定を活用して家の売却を成功させよう

人生で何度も経験することのない不動産の売却を成功させるためには、売却する物件の価値を正しく評価して査定額を出し、適切な売り出し価格を設定することが大切です。

不動産会社に査定してもらう前に、ネットなどで自分でおおよその査定額を把握しておけば、売却を依頼する不動産会社や担当者を選定する際に、きちんとした査定額を出してくれているかどうかの見極めができます。

家の査定を通して物件の価値を確認するだけでなく、信頼して売却を任せられる不動産会社や担当者かどうかを判断するようにしましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U
オウチーノニュース編集部

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

オウチーノがおすすめする「HOME4U」では、 厳選した1,500社の優良企業から
相性の良い不動産会社を厳選して最大6社にまとめて査定依頼が可能です。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
powered by
NTTデータグループ運営の
不動産一括査定サイト
HOME4U

不動産サービス