不動産売却にかかる平均期間は?できるだけ早く売る4つのコツ

不動産売却にかかる平均期間は?できるだけ早く売る4つのコツ

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産の売却は、期間に余裕のある場合だけではありません。急な転勤や住み替えなど、期間が決まっていることもあります。

また、相続した不動産を売却する際には、決められた期間が過ぎると損をする場合もあるので注意が必要です。

この記事では、家やマンションなどの不動産売却にかかる平均期間や、できるだけ早く売却するコツなどについて詳しく解説します。

不動産売却には平均してどのくらい期間が必要?

まず、不動産売却には平均してどれくらいの期間がかかるのか、マンションと一戸建て、それぞれについてみていきましょう。

マンションの売却の場合

マンションを売却する場合、売り出しを検討し始めてから最終的に買主に引き渡すまでの期間は、平均すると3~6ヵ月です。しかし、これはあくまでも平均であって、必ずこの期間で売れるというわけではありません。

マンションの売却にかかる期間は、人気エリアにあるマンションか、同じマンションで同時期に売りに出されている部屋があるかなど、周辺の状況に左右されることが多いです。

一戸建ての売却の場合

一戸建ての売却の場合、一般的にマンションよりも売却期間がかかります。なぜなら、一戸建ては建物より土地の価値の比重が大きいことが多く、査定や評価に時間がかかるからです。通常は、約半年程度かかると考えておく方がよいでしょう。

また、隣地との境界があいまいになっているような場合、境界を確定するための測量が必要なこともあります。

売却手順ごとにかかる期間

家を売却する際、それぞれの手順ごとにどれくらいの期間がかかるのかについてみていきましょう。

不動産売却の意志決定~不動産会社の決定まで

家を売却することを決めて査定をしてもらい、売却を依頼する不動産会社と媒介契約を結ぶまでの期間は、約2週間~1ヵ月ほどかかります。

家の査定と不動産会社の選定がスムーズに運ぶかどうかが、この期間の長さが決まるポイントです。

不動産の売り出し中

実際に売却活動を始めてから購入希望者が現れるまでの間が、最も予測がつかない期間です。

マンションのところでも述べたように、人気のあるエリアや校区にある家だと、早ければ数日から2週間程度で内見希望者や購入希望者が現れることがあります。

しかし、立地や物件の状態によっては、購入希望者がなかなか現れず、数ヵ月から半年近くかかってしまうこともあるのです。

買い手の決定~引き渡しまで

買主が決まって売買契約を結び、実際に家を引き渡すまでの期間は1ヵ月程度のことが多いです。

通常は、売主側の引っ越しと買主側の引っ越しの日程を調整しながら、引渡し日を決定します。

不動産売却の方法と売却までの期間

不動産会社への売却の依頼方法が、売却までの期間に影響を与えることもあります。

不動産会社に仲介で売却を依頼した場合の期間

媒介契約の種類と売却にかかる期間の関係は、次の通りです。

・専属専任媒介契約

1社の不動産会社としか契約できず、自分で買主を見つけた場合でも不動産会社の仲介で売却しなければならないのが専属専任媒介契約です。

不動産会社の売却報告義務なども厳しいので力を入れて買主を探してくれることが多く、早い期間での売却が期待できます。

知り合いや親戚に売却する予定がなく、できるだけ早く売却した場合は、専属専任媒介契約を選ぶとよいでしょう。

・専任媒介契約

1社の不動産会社としか契約できない点は専属専任媒介契約と同じですが、不動産会社の売却活動義務が少し緩くなります。

また、自分で買主を見つけた場合は不動産会社を通さずに売却することができるため、知人や親戚に売却する可能性がある場合は、専任媒介契約がおすすめです。

・一般媒介契約

一般媒介契約だけ複数の不動産会社と契約することができますが、不動産会社にとっては、自社で売却できるとは限らなくなるので、積極的な売却活動を期待することは難しいです。

しかし、不動産会社間で取り合いになるような人気物件の場合、競り合いで売却価格が引き上げられることもあります。

買取を利用した場合の期間

家やマンションの売却方法として、仲介での売却以外に買取という方法があります。

買取とは、直接、不動産会社に買い取ってもらう方法なので、価格の折り合いさえつけば、1週間程度で代金の受け取りや引渡しを完了させることも可能です。

しかし、買取の場合、仲介で売却できる価格の6~7割程度にしかならないので、すぐに売りたい人にはおすすめですが、少しでも高く売りたい人には不向きだといえるでしょう。

相続した不動産を売却する場合の期間について

相続した不動産を売却する場合は、相続してから3年以内に売却することをおすすめします。

なぜなら、相続してから3年以内に売却すると、売却して得た利益から最高3,000万円が控除される「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」や「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」が適用され、支払う税金が少なくなる可能性があるからです。

不動産を相続した場合は、どうしたらよいかわからないからといって放置したままにせず、利用予定がなければ、できるだけ早めに売却することをおすすめします。

不動産を早く売却するコツ

家を少しでも早く売却するコツについてみていきましょう。

売り出し価格の設定に注意する

売り出し価格が高すぎると、購入希望者がなかなか現れず、売却に時間がかかってしまいます。早く売りたい場合は、売り出し価格を安めに設定することがポイントです。

しかし、当然ですが安くし過ぎると損をしてしまうため、不動産会社の売却担当者とよく相談をした上で、売り出し価格を設定するようにしましょう。

売却時期を調整する

不動産は、売れやすい時期と売れにくい時期があります。

多くの人が、異動や入学などで転居する年明けから年度初めは、家やマンションなどが売れやすい時期です。

売却時期を調整できるのであれば、その時期を目指して、年末ごろから売却活動を始めるのが最も効果的だといえるでしょう。

内見時の対応を十分にする

実際に、購入希望者が物件を確認する内見は、買ってもらえるかどうかが決まる大切なポイントです。

住み替えの場合、生活をしたまま内見対応をすることが多いですが、その際に、いかに良い印象を与えられるかが、早く売却できるかどうかのカギとなります。

内見が決まってからあわてて掃除や整理整頓をするのではなく、売り出す前から、できるだけ室内を整えておくようにしましょう。

不動産会社を見極める

売却が成功するかどうかは、売却を依頼した不動産会社の担当者にかかっているといっても過言ではありません。売り出し価格の設定から内見時の対応まで、担当者の力量に寄るところが大きいです。

もし、途中で担当者を替えたいと感じた場合は、早期売却のためにも、ためらわずに申し出ることをおすすめします。

売却平均期間を短縮するカギは不動産会社の選定

少しでも早く家やマンションなどの不動産を売却するためには、売り出し価格の設定や売却活動の内容が重要になるため、それらをしっかりと行ってくれる不動産会社を選ぶことが何よりも重要なポイントになります。

様々な情報を収集した上で複数の不動産会社を比較し、大切な家やマンションを少しでも早く、高く売ってくれるような不動産会社を選びましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

賃貸物件の探し方、マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士やフィナンシャルプランナーなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
運営:株式会社オウチーノ

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス