共同担保目録とは?見方や抹消方法を分かりやすく解説

共同担保目録とは?見方や抹消方法を分かりやすく解説

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産の登記簿謄本は「表題部」「権利部(甲区)」「権利部(乙区)」が有名で、それぞれどのようなことが記載されているかを知っている人も多いと思います。

実は登記簿謄本にはあとひとつ、他の項目に比べ少し馴染みのないものがあります。それがこの記事で取り上げる「共同担保目録」です。共同担保目録がどういうものなのか。その見方などを紹介します。

なお「登記簿謄本」という呼称は登記情報が紙に記録されていた時の名残りで使われているものです。現在、登記情報は登記記録としてデータ保管されています。呼び名も「登記事項証明書」が正式名称ですがこの記事では「登記簿謄本」で統一します。

共同担保目録とは?

共同担保目録とは何か?それは、ひとつの債権に対し複数の不動産が担保として設定されているときの担保リストのことです。

たとえば、住宅ローンを借り入れて一戸建てを購入した場合を考えてみましょう。

住宅ローンの担保として土地と建物の両方を提供した場合、それぞれの登記簿謄本(一戸建ての登記簿謄本は土地と建物が別々に存在します)に金融機関の抵当権が記載されます。

これがひとつの債権(住宅ローン)に対し、複数の不動産(土地と建物)が担保として設定されている状態です。

このケースであれば土地と建物の「権利部(乙区)」にそれぞれ抵当権の設定が記載されるとともに、両方の登記簿謄本に同じ内容の「共同担保目録」が記載されます。

共同担保目録の記載がある、なしの違い

共同担保目録の記載についてもう少し説明を加えましょう。共同担保目録は抵当権の設定があるときに記載されますが、すべての抵当権の設定に対して記載が必要なわけではありません。

たとえば土地を担保にお金を借りたら、土地の「権利部(乙区)」に抵当権の設定が記載されます。ただし、土地単独で担保になっている状態なので共同担保目録は記載されません。債権が複数の不動産に及ぶときが共同担保目録が記載される条件です。

共同担保目録の見方

それでは、共同担保目録にはどのようなことが記載されているのか。内容を確認しましょう。

参考:[法務省]

  • 記号及び番号

該当の共同担保目録につけられる固有の記号・番号が記載されます。

  • 調製

登記簿がコンピューター様式に移記された日付が記載されます。最初からコンピューター様式で登記されているときは「余白」と記載されます。

  • 番号

登録順にわりふられる番号が記載されます。後から共同担保となる不動産が追加されることもあります。

  • 担保の目的である権利の表示

抵当権が設定されている不動産の所在、地番、家屋番号が記載されます。

  • 順位番号

それぞれの不動産の登記簿謄本の権利部(乙区)に付けられている順位番号が記載されます。

共同担保目録と権利部(乙区)の関係

次は権利部(乙区)を確認してみましょう。上の共同担保目録の見本でリストにあった土地と建物。それぞれ登記簿謄本の権利部(乙区)は次のように記載されています。

参考:[法務省]

右側「権利者その他の事項」欄の一番下に、「共同担保 目録(あ)第2340号」の記載があります。この土地(または建物)が共同担保になっていることがこれで分かります。登記簿を下に辿っていけば、先ほどの共同担保目録がありますので、改めてそこでほかに担保とされている不動産を確認することができるわけです。

抵当権の抹消で共同担保目録もなくなる

ここからは共同担保目録を抹消するにはどうしたらよいのかを考えてみます。複雑なことはなく、答えはシンプルに抵当権を抹消することです。共同担保目録はその名のとおり担保のリストですから、担保でなくなる(=抵当権を抹消する)と共同担保目録は記載されなくなります。

注意点は目録にある不動産のどれかひとつだけ抵当権を抹消するのは難しいということです。基本的には債権を全額返済し複数の不動産担保を同時に外すことになります。

抵当権抹消手続き

債権を返済し担保でなくなったとしても、登記簿謄本から自動的に抵当権や共同担保目録の記載がなくなるわけではありません。債権がなくなったら速やかに法務局で抵当権抹消手続きを行いましょう。

抵当権抹消手続きは司法書士など専門家に依頼する方法もあれば、自分でやることもできます。司法書士に依頼すれば、面倒な手続きはすべてやってもらえるので、作業やその時間に煩わされることはありません。抵当権抹消に関する司法書士の報酬は10,000円から15,000円くらいが相場と言われています。

自分で行うときは、該当の不動産を管轄する法務局の出張所等で手続きをします。あらかじめ必要書類を用意し、その場で提出・申請をします。事前相談などを受け付けている出張所等もありますので、そういったサービスを利用してもよいでしょう。また、オンラインで抵当権を抹消することも可能です。この場合は「登記ねっと 供託ねっと」を利用してください。

抵当権抹消手続きは慣れない用語や書類の書き方などに困惑することも多いでしょう。スムーズに進まないと何度も法務局に出向くことになり時間も労力も使うことになります。また、間違った手続きが行われてしまうことによる後々のリスクもないとは言い切れません。

手続きに不安がある場合は、司法書士に依頼するほうが確実です。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

鈴木玲
FP・住宅ローンアドバイザー

こんにちは。2級ファイナンシャルプランナーの鈴木です。

住宅関連の雑誌編集者を4年間、Webディレクターを10年間経験したのち、個人事業主となりました。独立によって様々な金融問題に直面したことから、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。

税金や保険、資産運用など要点をまとめてわかりやすく情報提供していくことを心掛けて活動しています。 例:パートだから社会保険に加入したくない。【2021年の条件は?】

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定

無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス