間取りの「DEN」はどんな部屋?もともとの意味や有効活用法4選

間取りの「DEN」はどんな部屋?もともとの意味や有効活用法4選

間取り図には独特の記号や略語が使われていることが多く、「LDK(リビングダイニングキッチン)」や「WC(ウォークインクロゼット)」などよく使われているもの以外にあまりなじみのないものもあります。

その中のひとつが「DEN(デン)」という表記です。「DEN」本来の意味や、どのようなスペースを指しているかをはっきりと理解している人は少ないでしょう。  

そこでこの記事では、間取り図で使われている「DEN」の意味や利用方法について詳しく解説します。

マンション間取り図でよく見る「den」とは?

まず、「DEN」とはどのような意味を持っているのか、また一般的な部屋とは何が違っているのかについてみていきましょう。

「DEN」の意味は?もともとは英語で「ほら穴」

「den」とは、もともと「ほら穴」や「巣」といった意味を持つ英語です。その意味の通り、一般的には狭めの部屋や物置として使われそうな部屋が「DEN」と表記されています。

そのため、「DEN」は物置のことだと認識されがちですが、物置だけではなく他にもいろいろな使い道があるのです。

居室やサービスルームと「DEN」との違い

「DEN」がある物件の間取り図や設計図では、「1LDK+DEN」などと表記されます。この場合の意味は、「1つの独立した居室」と「(1室にまとめられた)リビングダイニングキッチン」と「DEN」ということです。

部屋数だけでみると「2LDK(2つの独立した居室とリビングダイニングキッチン)」と同じになります。「1LDK+DEN」を「2LDK」と表記しない理由は、建築基準法による居室の基準があるからです。

建築基準法による「居室」は、採光や換気のための開口部の広さや天井の高さなどが定められています。その条件を満たしていない場合は「居室」として認められないため、「1部屋」にカウントして表記することができないのです。

このような、部屋として十分な広さがあっても建築基準法による居室条件を満たしていないスペースは「フリールーム」や「サービスルーム」「ユーティリティースペース」などと呼ばれ、「DEN」もその中に含まれます。

よって、「DEN」は定義上、「サービスルーム」や物置などと明確な違いはないものの、「居室」として十分に使える場合が多いと言えるでしょう。

「DEN」のメリットとデメリット

「DEN」は、居室としての条件を満たしていないスペースです。そのことが「DEN」のデメリットだと言えますが、メリットになる場合もあります。  

ここでは、「DEN」のメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

「DEN」のメリット

居室として見なされない「DEN」のメリットとして挙げられるのは、価格面でお得になることがあるという点です。

同じくらいの広さや条件の住居であっても、居室の条件を満たしている部屋だけで構成されている「2LDK」よりも、居室としてカウントされない「DEN」が含まれている「1LDK+DEN」の方が、一般的には価格が安く設定されます。

書斎や趣味の部屋などの採光や通風面を気にしないような使い方であれば、むしろ居室よりも「den」の方が使い勝手が良いこともあるため、使用目的に合致すればお得であると言えるでしょう。

「DEN」のデメリット

「DEN」のデメリットとしては、居室としての条件を満たしていない点がそのまま挙げられます。

建築基準法で採光や換気のための間口面積などが定められているのは、その部屋で快適に生活できるようにするためです。それらが満たされていない「DEN」は、採光や換気が十分でないこともあるため、通常の居室のような快適さが得られない場合があります。

また、換気口が十分でないことからエアコン設置が難しかったり必要なコンセント数がなかったりするなどがあることもデメリットとして挙げられるでしょう。

そのため、「DEN」を部屋として活用する場合は、あらかじめエアコンが設置できるか、コンセントなどは十分かなどを確認しておくことが大切です。

「DEN」の利用方法

ここでは、「DEN」のデメリットをカバーしつつ、メリットを活かした利用方法について紹介します。

書斎として活用

少し前に作成された間取り図の表記では、「DEN」や「サービスルーム」などではなく「書斎」とされているものがあります。このように、「DEN」の活用方法として多いのが書斎です。

「DEN」のデメリットとして、採光や換気のための開口部が居室の基準を満たしていない点が挙げられますが、書斎としては都合が良い場合があります。なぜなら、窓が大きく開けられている部屋だと大切な本や資料が日に焼けてしまう恐れがあるからです。

また、壁の面積が広いと本棚や机も設置しやすくなります。これらの点から、「DEN」は書斎としての活用に向いていると言えるでしょう。

収納スペースとして活用

収納スペースとしても「DEN」を活用することが可能です。物置として位置づけられているスペースよりも「DEN」として設けられているスペースの方が広いことが多いため、より多様な収納スペースとして活用できます。

例えば、パイプハンガーや棚を取り付けてウォークインクロゼットとして活用したり、軽く仕切って家族全員分の収納場所にしたりすることも可能です。  

「DEN」を収納スペースとして活用することで、家の中をすっきりとさせることができるかもしれません。

プレイルームとして活用

お子さんがいる家庭では、「DEN」を「プレイルーム」として活用することも可能です。 建築基準法では居室の天井高にも規定があります。

そのため、天井高が規定の2.1メートルに満たないため「den」とされているスペースは、大人だと天井が低く使いにくい場合であっても子どものプレイスペースとしては十分な場合があります。

「プレイルーム」として活用する場合は、エアコンが設置できるかどうか確認しておくようにしましょう。

趣味の部屋として活用

「DEN」を趣味の部屋をして活用しているケースも多くあります。クラフト作成の工房やアトリエ風など趣味に合わせた使い方が可能です。

また、開口部が狭い「DEN」全体に防音対策を施して楽器の演奏やカラオケ用の部屋にすることもできます。物置と趣味の部屋とを兼ねると、作業後の片づけや清掃もしやすいのでおすすめです。

「DEN」を活用して生活スタイルに取り入れよう

建築基準法による居室の条件を満たしていないスペースは、間取り図で「den」や「サービスルーム」「フリースペース」などと表記されます。中でも「DEN」は、「ほら穴」や「巣」などの意味を持つ英語で、最近の間取り図で使われることが多くなった表記のひとつです。

「DEN」のデメリットは、居室としての条件を満たしていないため採光や換気のための開口部が狭い、天井高が低いなどといった点です。しかし、同じ広さの居室を含む物件よりも価格面でお得であるなどのメリットもあります。

「DEN」の特徴を活かせば、書斎や趣味の部屋など多様な活用方法が可能です。「DEN」を生活スタイルに合わせて上手に取り入れて、最大限に活用していきましょう。

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス