固定資産税路線価とは?公示地価との違い・調べ方・算出方法を解説

固定資産税路線価とは?公示地価との違い・調べ方・算出方法を解説

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

固定資産税額の目安を知る際や資産価値を把握するためには、固定資産税路線価が役に立ちます。では、固定資産税路線価を使ってどのように計算すればよいでしょうか。

この記事では、固定資産税路線価とはどのようなものなのかを説明したうえで、算出方法を詳しく解説します。同じく資産価値の参考になる公示地価との違いについても説明するため、この機会に土地の価格について理解しておきたいという方はぜひ参考にしてください。

固定資産税路線価とは

路線価には相続税路線価と固定資産税路線価の2種類があり、どちらも道路に面した宅地1平方メートルあたりの評価額をあらわしています。単純に「路線価」と表現する際には、相続税路線価のことを指すことが一般的です。

ここでは、固定資産税路線価がどのようなものなのかを確認しておきましょう。

固定資産税を課税する際の基準

固定資産税路線価は、固定資産税を課すことを目的に各市町村長や東京都知事が定めたものです。各宅地の固定資産評価額は固定資産税路線価が基準となっています。

固定資産税路線価は公示地価の70%程度の水準になるように調整されており、評価替えは3年ごとです。登録免許税や不動産取得税の算出時にも用いられます。

固定資産税とは

固定資産税とは、所有する固定資産に対して課される税金のことです。土地も家屋も、固定資産評価額に標準税率1.4%を乗じることで求めることができます。

ただし、土地の固定資産評価額が固定資産税路線価を基準とするのに対し、家屋は築年数や各評点が基準です。また、家屋や土地以外にも事業で使用するパソコンなどの償却資産が課税対象となることもあります。

価格査定の参考にもなる

相続税路線価や固定資産税路線価を用いることで、不動産売買価格の目安を簡易的に計算することができます。ただし、実際の取引価格は簡易計算とは離れた金額になることもあるため、注意してください。

固定資産税路線価は1物5価のひとつ

固定資産税路線価は土地に関する5つの価格、「1物5価」のひとつです。固定資産税路線価ではなく、固定資産(税)評価額を1物5価に含める場合もあります。

それ以外の1物5価は、公示地価(公示価格)、相続税路線価、基準値標準価格(基準地価)、実勢価格です。

公示地価との違い

公示地価は国土交通省が調査主体となり、「標準地」1平方メートルあたりの価格を算出して毎年3月下旬に発表する価格です。毎年公示されるため、特定地点の価格変動を把握することができます。

一方、固定資産税路線価の調査主体は市町村や東京都です。公示地価との関係も深く、固定資産税路線価は公示地価の7割が目安に設定されています。

相続税路線価との違い

相続税路線価は相続税や贈与税などの算出に用いられます。調査主体は国税庁で、公示地価の8割が価格の目安です。

相続税路線価に面積を乗じると、相続税を計算するための土地の評価額を概算で把握することができます。ただし、実際に相続税を算出する際には、土地の状況に応じた補正率をかけたり、税金に関する各控除を考慮したりしなければならないため、より複雑な計算をしなければなりません。

他にも土地の価格がある

基準値標準価格は、都道府県が調査主体となり、「基準地」1平方メートルあたりの価格を算出して毎年9月下旬に発表する価格です。「都市やその周辺地域」という制限がなく、発表時期も公示地価の発表から半年後であることから、公示地価の補完的役割を担っています。

他の土地に関する価格が公的機関が税金算出などを目的に公表する価格であるのに対し、実勢価格は実際の売買価格のことです。実勢価格は不動産サイトでの成約事例や国土交通省の「不動産取引価格情報検索」で確認することができます。

国土交通省「不動産取引価格情報検索」

固定資産税路線価を活用する

固定資産税路線価を用いることで、固定資産税を算出する際の評価額や売買価格の目安を知ることができます。

固定資産税路線価の調べ方

固定資産税路線価は各市町村窓口で閲覧することができます。また、一般財団法人資産評価システム研究センターが運営するサイト「全国地価マップ」なら固定資産税路線価だけでなく、相続税路線価、公示地価、基準値標準価格をネットで確認することが可能です。

一般財団法人資産評価システム研究センター「全国地価マップ」

全国地価マップで固定資産税路線価を確認する際は、上記サイトへアクセスして「固定資産税路線価等」をクリックしてください。利用に同意した後、知りたい場所の住所を入力するか地図をクリックしてエリアを絞っていけば対象地域周辺に矢印と数字が確認できます。

対象物件が面した道路に記載されている数字が固定資産税路線価です。

固定資産税路線価からの評価額計算方法

調べた固定資産税路線価に対し、対象の土地面積を乗じれば固定資産評価額の概算が算出できます。式で表すと以下の通りです。

(土地の)固定資産評価額=固定資産税路線価×土地面積(平方メートル)

算出された固定資産評価額÷0.7を計算すれば、その土地の売却相場目安がわかります。冒頭で述べたように、固定資産評価額×1.4で算出されたものが固定資産税の概算です。

なお、実際に固定資産税を算出する際には、軽減制度や負担水準などが考慮されます。

納税通知書があればすぐにわかる

ここまで、固定資産税路線価を利用して固定資産評価額を計算する方法を説明しました。もし自分が所有する不動産の固定資産評価額を知りたいのであれば、毎年送られてくる納税通知書をチェックしてみてください。

通知書に付随する課税明細書を見れば、固定資産評価額がひとめで確認できるはずです。

査定前に固定資産税路線価で評価額を計算

固定資産税路線価は固定資産税を計算するための指標です。固定資産税路線価は各市町村や全国地価マップで公開されているため、簡単に確認できます。

さらに、固定資産税路線価を活用することで、その土地の売買価格相場を把握することも可能です。この機会に固定資産税路線価をチェックし、気になる土地の価値について調べてみてはいかがでしょうか。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス