アパートとマンションの違いって何?自分にはどっちが向いてる?徹底解説します

アパートとマンションの違いって何?自分にはどっちが向いてる?徹底解説します

賃貸物件にはアパートとマンションがあり、それぞれの違いを理解した上で入居を決めることが大切です。アパートとマンションを区分する際、構造や法律などさまざまな基準が考えられます。

本記事では、アパートとマンションの違いやメリットとデメリットを解説するので、どちらにするか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

アパートとマンションの違いとは?

アパートとマンションの違いを考える際、マンション管理適正化法や構造などがひとつの基準です。それぞれどのような違いがあるのか確認していきましょう。

マンション管理適正化法による違い

賃貸ならアパート、分譲ならマンションと理解されることもあります。根拠となるのが「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」(マンション管理適正化法)です。

マンションの管理が社会的な問題となっていたことから、2000年にマンション管理適正化法が制定されました。マンション管理適正化法の第二条第一項からは、マンションの定義を「1棟に2人以上の所有者がいる分譲集合住宅」と読み取ることが可能です。

つまり、マンション管理適正化法でどちらがマンションかを判断する際は「1棟に2人以上の所有者がいる分譲集合住宅」がマンションで、それ以外がアパートと判断できます。

さらに、同法は管理組合についての法律であることから、管理組合があるとマンションと判断することもできるでしょう。

構造などの違い

厳密な定義ではありませんが、構造などの違いによってアパートとマンションを区別することもできます。一般的に、アパートとマンションの違いは以下のように理解されていることが多いです。

構造における違い

集合住宅の造りによって区別されるケースもあります。木造や軽量鉄骨造(プレハブ工法)の場合はアパート、鉄筋鉄骨コンクリート(SRC造)や鉄筋コンクリート造(RC造)であればマンションと区別することが多いです。

防音性能における違い

一般的に、鉄筋コンクリート造(RC造)が防音性能が高く、鉄筋鉄骨コンクリート(SRC造)、軽量鉄骨造、木造と続きます。構造における違いの説明と合わせて考えると、防音性能が比較的高いのがマンションといえるでしょう。

階数における違い

2〜3階を基準として、アパートとマンションを区別することもできます。2〜3階建てまでであればアパート、3階建て以上であればマンションといえるでしょう。

なお、3階建てはアパートのケースもマンションのケースも考えられます。

オートロックやエレベータの有無による違い

マンションは、エントランスがオートロックになるなどセキュリティに配慮した物件が多いです。また、階数における違いで説明した通りアパートは低層階なので、基本的にエレベーターは設置されていません。

耐震性の違い

建物の構造が、耐震性にも影響を与えます。鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造であることから、マンションの方が耐震性が高いといえるでしょう。

ただし、マンションでも杭が支持層まで届いていなければ傾く危険性があります。

家賃や元になった英語の違い

構造などの違いからわかるように、マンションの方が建築コストがかかっています。それに伴い、マンションの方がアパートよりも家賃が高めに設定されることが多いです。

マンションがアパートよりも高価格帯なのは、元になる英語の違いからもわかります。アパート(apartment)は日本のアパートそのままのイメージですが、マンション(mansion)は英語圏では大豪邸を意味する英単語です。

なお、マンション同様に和製英語として使われるハイツやコーポとつく物件であれば、アパートであることが予想できます。そのほか、メゾンや館などの表現もありますが、いずれも貸主が自由につけることができる名称であるため、名前だけで判断しないようにしてください。

アパートとマンションの定義を整理

本記事では、2〜3階建ての賃貸物件で木造や軽量鉄骨造(プレハブ工法)の物件をアパート、3階建て以上の分譲もしくは賃貸物件で鉄筋鉄骨コンクリート(SRC造)や鉄筋コンクリート造(RC造)の物件をマンションと定義します。ただし、厳密な定義があるわけではないため、不動産会社によっては別の定義がされることもある点に注意してください。

アパート向き?マンション向き?

アパートとマンション、どちらの物件にすべきか、まだ悩んでいる方のために物件選びの際のひとつの目安を示しておきます。

値段を優先するならどっち?

建築コストがかかっていることや、高層階があることからマンションの方が価格が高く設定されています。家賃が安い物件を探すのであれば、アパートの方が良いでしょう。

ただし、通勤距離や周辺施設などを考慮して総合的にかかる生活費を検討してください。

機能面ならどちらが有利?

エレベーターやオートロック、防犯カメラなどの設備が整っているケースが多いことから、機能面で選びたい方はマンションが向いています。ただし、設備が整っていればいるほど賃料や管理費が高くなる可能性も高いです。

それぞれのメリットとデメリットまとめ

どちらの物件が適しているか、メリットやデメリットを確認しながら考えてみましょう。

アパートのメリットとデメリット

ここまでの説明から、アパートのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

木造であれば通気性が良いことや、賃料が安いことがメリットです。また、小規模であるがゆえ、住民の顔を覚えやすい点もあります。

デメリット

防音性は低いことが多いため、隣の声が聞こえてくる可能性があります。また、防犯カメラやオートロックがなければセキュリティ面での不安が残る点がデメリットです。

マンションのメリットとデメリット

マンションのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

鉄筋鉄骨コンクリート(SRC造)や鉄筋コンクリート造(RC造)であるため、耐震性や耐火性、防音性が高いです。マンションなら高層階もあるため、毎日窓からの眺めを楽しむことができます。

また、機能面が充実している点もメリットです。

デメリット

賃料が高めである点がデメリットです。また、気密性が高いため、結露を防ぐために換気に十分な注意を払わなければなりません。

エレベーターをメリットとして挙げることができますが、使用できないこともあり、高層階の人にはデメリットにもなりえます。"

安い値段でマンションに住むには?

予算の都合から、マンションに住むことをあきらめる方もいるでしょう。しかし、マンションであっても、条件次第では安い賃料で借りることができます。

例えば、築年数が古ければ新築よりも賃料が安いことが多いです。さらに、駅から徒歩11分以上かかり利便性がやや低めの物件でも安く借りることができます。

居住できる期間に期限がある定期借家物件も、相場より賃料が低いことが一般的です。

アパートとマンションの違いを理解して選ぶ

厳格な定義はありませんが、アパートは低階層で家賃も低め、マンションは設備が充実している分家賃は高めなどの特徴があります。どちらもメリットとデメリットがあるため、違いを理解して自分に合った物件を選ぶことが大切です。

これから引っ越しを予定している方は、まず自分がどんな生活を送りたいのかをイメージしてどちらにするか決めてください。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

賃貸物件の探し方、マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士やフィナンシャルプランナーなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
運営:株式会社オウチーノ

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス