不動産売却における仲介業者選びは重要!おすすめの選び方とは?

不動産売却における仲介業者選びは重要!おすすめの選び方とは?

不動産売却においては業者選びは非常に重要です。しかし、不動産売却は人生で何度も経験するものではなく、その選び方やコツ、どのような業者がおすすめなのかわからない方も多いでしょう。

そこで当記事では不動産売却における仲介業者のおすすめの選び方を紹介します。

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産売却についての概要

不動産売却について抑えておくべき概要は大きく分けて「不動産売却の主な流れ」「不動産売却における仲介業者の役割」の2つです。不動産売却を行うにあたっては、周辺の相場などを加味しながら、手続きを行っていく必要があります。

スムーズに手続きを行うにあたっては、売却の手助けをしている仲介業者の「役割」についても理解しておく必要があるでしょう。ここでは不動産売却の概要について紹介します。

不動産売却の主な流れ

不動産を売却する際の流れは大きく分けて6ステップです。

1:売却目的を明確にする 不動産を売却する理由は様々です。そのため、売却目的を明確にした上で資金や経済状況を整理し売却価格や時期、売却後の住まいはどうするかなどの見通しを立てておきましょう。

2:周辺相場から売却価格の目安を把握する 売却の意思が固まったら、不動産がある地域周辺の相場を把握して売却価格の目安を立てましょう。

3:物件価格の査定依頼・仲介依頼(媒介契約)を行う

不動産会社に物件価格の査定を依頼します。査定基準は不動産会社によって異なるため、複数社に査定を依頼するのが理想です。

査定結果が出揃った後、よいと思った不動産会社と媒介契約を締結して仲介の依頼を行います。

4:不動産の売り出し

売り出し価格を決定して、実際に不動産を売り出すがこのステップです。売り出し価格は売り出し後の売却に大きな影響を及ぼすため、慎重に決めなければなりません。

5:交渉と情報開示

購入希望者と売却条件を交渉するのがこのステップです。価格を筆頭に様々な交渉を行いながら売買契約の前に物件の情報開示を行います。

売買契約締結後のトラブルを防止するためにも、不具合や欠陥なども含めて物件情報はなるべく正確に開示しましょう。

6:売買契約と引き渡し

売買条件の合意に至ったら、売買帰依役を締結します。締結の際は、契約内容はしっかりと確認しておくことが大切です。

売買契約締結後、代金受領および所有権移転などの登記申請を行った上で物件の引き渡しが行われて売却は終了となります。

不動産売却における仲介業者の役割

仲介業者は売却完了までをトータルサポートすることが大きな役割となります。前述のとおり、売却相談や査定~物件引き渡しまで面倒みてくれるでしょう。

条件交渉も行ってくれるため、頼りになるアドバイザーといっても過言ではありません。なお、仲介業者に依頼して売却が成立した際には、仲介手数料が発生しますので覚えておきましょう。

不動産仲介業者の選び方とメリット・デメリット

ここでは「大手の仲介業者」「中小の仲介業者」の2つに分けて、業者の選び方とメリット・デメリットについて紹介します。どちらも不動産仲介業者であることは変わりません。

ただし、大手であれば資金力や安心感がある、中小であれば地元の情報を知り尽くしているなど多少の違いがあります。両者の特徴についてみていきましょう。

1.大手の仲介業者

大手の仲介業者の場合は規模が大きい分、市場の動向を的確に把握していたりオプションなどが充実していたりするケースが多いです。顧客数や実績も豊富なため、安心感を持つことができるでしょう。

その反面、案件も多いのでスタッフによっては対応がそっけない場合や地元の詳細情報を把握していないといったデメリットがあります。

2.中小の仲介業者

中小の仲介企業の場合は地元や決まった地域に密着している場合が多く、地元の詳細情報を把握している、規模の小ささを活かして柔軟な対応ができるのがメリットです。

その反面、大手との資金力の差から宣伝力が低い、得意分野が偏りがちなどのデメリットがあります。このように、仲介業者によって特徴は様々であるため、しっかりと特徴を理解した上で依頼する業者を選ぶようにしましょう。

媒介は専任と一般どちらがいい?

ここでは「専任媒介」「一般媒介」の定義とメリット・デメリットをみていきながら、どちらの媒介がよいのかを紹介します。「専任媒介」とは専任媒介契約とも呼ばれ、不動産1社のみに仲介を依頼する方法です。

反対に「一般媒介」は一般媒介契約と呼ばれ、複数の不動産会社に仲介の依頼を行います。ここではそれぞれの特徴についてみていきましょう。

1.専任媒介

前述のとおり、「専任媒介」は不動産1社のみに仲介を依頼する方法です。14日に1回以上の販売報告義務があるため安心して依頼できるなどのメリットがあります。

反面、1社しか契約できないため該当の不動産会社に頼りきりになってしまうのがデメリットです。競争する相手もいないので、活発に活動してくれない可能性もあるので注意してください。

2.一般媒介

「一般媒介」は複数の不動産会社に仲介依頼でき、媒介の中でも制限が1番少ない方法となります。複数の会社で不動産を宣伝できるため、多くの目に触れやすく成約率を高められるのがメリットです。

しかし、不動産会社の目線でみれば販売活動しても別の会社で契約が決まればそれまで活動が無駄になるため積極的に活動してくれないといったデメリットがあります。

不動産売却を成功させるためのコツ

不動産売却を成功させるコツは、「よい仲介業者かを見極める」「仲介業者に一生懸命働いてもらう」「活動状況を見極めて必要なら業者変更も」3つです。

仲介業者を選ぶ際は、しっかりと見極めることはもちろん、状況に応じて業者を変更するなど臨機応変な行動が売却成功には欠かせません。ここでは不動産売却を成功させるためのコツを詳しく紹介します。

よい仲介業者かを見極める

担当者や実績、サービス内容を見極めた上で、自身にとってよい仲介業者かどうか見極めることが大切です。担当者で見極めるのであれば、契約を急かすような営業マンはおすすめできません。

自身のノルマや成績を気にして顧客のことを考えていないからです。また他の不動産会社と契約させない囲い込みをするといった噂のある業者は絶対に選ばないようにしてください。

仲介業者に一生懸命働いてもらう

営業活動報告の確認を行うことで仲介業者に一生懸命に働いてもらいましょう。営業活動報告を確認すれば、活動内容や問い合わせ数、Webページの閲覧数などの状況を把握できるものになるため非常に重要なものです。

購入者が現れない場合にはどのような対策を行っているのかを質問する、不動産が置かれている状況なども含めて総合的に話し合いも行うとよいでしょう。

活動状況を見極めて必要なら業者変更も

営業活動報告は不動産会社の評価にもつながるため、販売活動の熱心さが物足りないと感じる場合や担当者と相性が合わないならば、状況を見極めて業者変更も検討してください。はじめて不動産売却を行う方は、会社の良否を判断するのは難しいでしょう。

そのため、可能な限り複数社に査定依頼することが大切です。専任媒介ですと、契約期間は上限3ヶ月となっております。

一般媒介の場合は期間が定まっていませんが、こちらも基本3ヶ月が目途ですので、期間終了のタイミングで継続するか業者の変更を行うか検討するとよいでしょう。

不動産売却は信頼できる仲介業者に依頼するのがおすすめ

不動産売却における仲介業者のおすすめの選び方を紹介しました。不動産売却を効率よく行い成功に導くためには信頼できる仲介業者との出会いが重要です。

ただ不動産会社は多数あり、大手や中小にわかれるのはもちろん、それぞれの会社によって得手不得手や査定基準が異なります。信頼できる仲介業者と出会うためにも、複数社に査定依頼を行い、担当者やサービスなどを総合的に判断しながら見極めるようにしましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士やフィナンシャルプランナーなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス