不動産一括査定をやってみたら家の売却は成功する?

不動産一括査定をやってみたら家の売却は成功する?

不動産を売ろうと考えている人なら一度は耳にしたことがあるかもしれない「不動産一括査定」。どのような仕組みで、利用の流れはどうなっているのでしょうか。不動産一括査定を利用するメリットデメリットとあわせて考えてみましょう。

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

1. 不動産一括査定とは?

不動産一括査定とは

不動産一括査定は、家を売却するときに利用すると便利なサービスです。「一括」には複数の不動産会社へまとめて査定を依頼できる、という意味があります。不動産会社を1件1件選んで問い合わせをしなくて済むので、利用者にとっては非常に効率が良いサービスです。

サービスの性質上、運営は不動産会社ではなく、不動産ポータルサイトなどの運営企業が担っているケースが大半です。これから家の売却を考えているなら、ぜひ不動産一括査定の利用を考えてみましょう。

2. 不動産一括査定をやってみよう!

不動産一括査定をやってみたときの流れを説明します。不動産一括査定はインターネット上で行うことがほとんどです。「不動産一括査定」というキーワードで検索をすれば、不動産一括査定のサイトが複数上がってきます。

不動産一括査定を利用するには、不動産情報、個人情報を開示することになるので、手あたり次第に査定サイトを使うのは控えたほうがいいでしょう。運営する会社の信頼性やサイトの使いやすさなどを基準に、ひとつかふたつのサイトを選んで一括査定をしてみましょう。

3. 不動産一括査定の流れ

不動産一括査定の流れ

利用するサイトが決まったら、依頼をかけるまでの流れを確認していきましょう。

[1] フォームに情報を入力

査定する不動産と、査定を依頼する人、それぞれの情報を入力します。一般的に入力が求められる項目には次のようなものがあります。

不動産情報

・不動産の所在地(番地、建物名・部屋番まで)
・専有面積
・築年数
・間取り
・物件の現況(居住中、賃貸中、空室など)

依頼者情報

・物件との関係
・名前
・電話番号
・メールアドレス

その他

・査定を行う理由
・査定希望の不動産会社の選択

[2] 情報を送信し、不動産会社からの連絡を待つ

不動産一括査定を運営する会社を介して、[1]で入力した情報が不動産会社へ提供されます。しばらくすると、情報を受け取った会社から電話やメール等で連絡が来るので、それを待つことになります。人気エリアのマンションなどであれば、入力から数分のうちに連絡が入ることもあります。

一方で、すべての会社が依頼者へ必ず連絡を入れるとは限らないようです。会社の得意不得意だったり、繁忙期で手が回らない時期、売却をするのが難しいと判断された物件などの査定依頼に対しては不動産会社からの連絡が少ない、場合によっては連絡が来ないという可能性もあります。

[3] 査定結果を受け取る

不動産会社から連絡があったら、現地調査を行う日時について予定を立てます。依頼者が遠方に住んでいて、簡単には行けないという事情以外は、依頼人立ち合いのもと調査を行うのが一般的です。

また、特別な理由がないのであれば、不動産会社とは1社ずつ会う方が良いでしょう。どうしても同じ時間帯でしかセッティングできない場合は、あらかじめそのことを不動産会社へ伝えておきましょう。

現地調査が終わると、不動産会社の査定期間に入ります。査定にかかる期間は1週間くらいが目安ですが、物件によっても事情が変わるので、調査時に査定結果が出るまでどれくらいの時間がかかるのかを確認しておくと良いでしょう。査定結果は郵送または対面手渡しで受け取ることになります。

4. 不動産一括査定のメリット

不動産一括査定のメリット

不動産一括査定の利用イメージが膨らんできたと思いますが、改めて不動産一括査定を使うメリットを整理してみましょう。

複数社に一度に不動産査定を依頼できる

フォームへの入力は項目が多く大変ですが、一度入れてしまえば、その情報は複数社で共有できます。同じ情報を何度も入力する必要がないので手間が軽減されます。

また会社ごとに査定を依頼すると、A社とB社では求められる情報に違いが出てくるので、それぞれの会社に応じた情報を集める必要があります。こうした細かい作業も不動産一括査定なら必要ありません。

依頼先となる不動産会社を探す手間が省ける

自力で不動産会社をイチから探さずに済むのも不動産一括査定を利用するメリットです。不動産会社には営業エリアや扱う不動産による得意不得意などがあります。一生懸命リサーチして不動産会社を探し当てたものの、その会社に対応できるスキルがなければその苦労は水の泡です。

不動産一括査定であれば、不動産会社は地域や物件種別に応じて選定されていることがほとんどです。高い確率で売りたい家と、それを扱える不動産会社とのマッチングが期待できます。

査定結果や不動産会社を比較検討しやすい

不動産一括査定では不動産会社間で情報の偏りが出ない点も特徴です。利用者が入力した情報の中身と、それを受け取る時期はどの不動産会社でも基本的に同じです。

同じ情報を持ちの、よーいドンでスタートする訳ですから、査定内容や、査定ができあがるまでの期間を公平に比較することができます。

同じ物件なのに、会社ごとに査定結果が大きく異なることもしばしばあります。そうした時は査定価格をどのような根拠で算定したかをしっかりヒアリングすれば、自ずとその会社の力量が分かります。

複数の会社の査定を聞くことで評価の精度が高められることも、不動産一括査定を利用するメリットです。

5. 不動産一括査定のデメリット

残念ながら不動産一括査定にもデメリットはあります。利用した後に不快な思いをしないように、その特徴をあらかじめ理解しておきましょう。

営業の電話がかかってくる可能性がある

不動産会社からの営業電話を苦手だと感じる人も少なからずいるでしょう。不動産一括査定では電話番号の入力が必須となっているものが多いことから、不動産会社からの最初のコンタクトはたいてい電話です。市場価値の高い物件を査定した場合などは、立て続けに電話がかかってくることもあります。

一括査定を依頼できる不動産会社が少ないことも

不動産会社であればどんな物件でも売却の仲介をする、ということはありません。営業エリアや種別による得意不得意、また時期によっては手が回らないということも十分にあり得ます。

不動産一括査定サイトを利用したけど、査定できる不動産会社の数が少なかったり、繁忙期中で問い合わせたにも関わらず連絡が来ないということも考えられます。個別に問い合わせれば、もし対応できないとしてもその理由は明確になりますが、不動産一括査定サイトの場合、連絡が来ない状態がひたすらに続くため、待ち疲れてしまうこともあります。

幅広い査定額で、適正な価格判断が難しくなることも

不動産一括査定サイトを利用すると、多いところでは7~9社くらいの不動産会社が査定をしてくれます。査定の仕方は会社によって異なるので、同じ物件でも査定額に数百万円から1千万円近くの差が出ることがあります。

査定額がばらけていたり、一点に寄っているなら平均も出しやすいですが、「他と比べて明らかに高い会社が2社だけある」や「両極端な査定額が提示された」と言ったケースでは、自分の不動産の適正な評価額が分からなくなってしまいがちです。

6.不動産一括査定の評判、口コミ情報

不動産一括査定について、世間一般はどのように評価しているのでしょうか。その評判や口コミ情報をいくつか見てみましょう。

どうして無料なの?逆に不安になる

不動産一括査定サイトはほぼすべて無料で利用できます。これは不動産会社がその不動産一括査定サイトに対して広告掲載料のような形でお金を払っているからです。お金を払って利用している分、そのサイト経由の問い合わせには自然と力が入る、という点はあるかもしれません。

メールでいいのに電話番号必須で萎える

不動産会社からの電話営業が好きな人は多くはありません。できればメールで済ませたいと考える人も多いでしょう。しかし実際には不動産一括査定サービスの多くは電話番号を入力項目の必須条件にしています。

これはメールの問い合わせはライト層、電話番号を入力して問い合わせをするのは本気度が高い層、という認識を不動産会社が持っていることとも関係しています。軽い気持ちで「今、家を売ったらいくらくらいになるのか知りたい」と思っているなら、不動産一括査定サイトの利用は適していないかもしれません。

査定サイトによって高く売れるかどうかは決まらない

口コミサイトで具体的なサイト名をあげて、「この不動産一括査定サイトは高く売れますか?」という質問を目にすることがあります。そのような質問に対して回答の多くは「査定サイトによって高く売れるかどうかは決まらない」というものです。

というのも、その家を買うのは、不動産一括査定サイトの運営者でもなければ、査定に参加する不動産会社でもないからです。中古で家を買う大半は個人の消費者です。その消費者がいくらで買うかは、不動産一括査定サイトがコントロールできることではありません。

不動産一括査定サイトが査定の下手な不動産会社ばかりを集めていたせいで、もっと高い値段で売れるはずなのに、低い評価額を参考に安値で売ってしまった、ということも可能性としてはゼロではありませんが、実際にそのような形で不動産一括査定サイトが評価されたことはほぼないでしょう。

査定サイト経由はスケジュールがスムーズ

査定サイト経由で8社の紹介を受け、4社へ内覧を依頼しうち3社と媒介契約を締結し、最終的にそのうちの1社が購入者を見つけてくれた、という声がありました。この口コミ投稿者は査定サイトのメリットとして、売却スケジュールがスムーズに進んだことを上げています。

もし1社ずつやっていたら内覧や媒介契約の時期がバラバラになっていて、出戻りによるロスも多かったはず、と感じているようでした。連絡が遅い会社などはどんどん切り捨てると良い、とのアドバイスもされていました。

不動産一括査定サイトの特性を利用して売却活動を

不動産一括査定サイトは、家を売却するときの手順を省略したり、スムーズに売却スケジュールを進めていくためのツールです。特に初めて家を売る人は、慎重に事を進めたいがために時間がかかりすぎたり、必要のないところに労力を割いてしまいがちです。

不動産一括査定サイトを利用してある程度、強制的に売却活動を進めてしまうほうが、最終的には良い選択だった、となることも少なからずあります。

一方で、不動産一括査定サイトがなければ家を売れない、ということはありません。特定の不動産一括査定サイトで依頼すれば、1割は高く売れるということも現実にはないでしょう。軽い気持ちで相場感を知りたかったのに営業攻勢がすごくて嫌になった、という体験談も少なからずあります。

不動産一括査定サイトを利用するときはその目的や意義、先に紹介したメリットデメリットなどを考慮して適切な使い方を心がけましょう。

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
2級ファイナンシャルプランナー
鈴木玲

出版社で5年、Webメディアで10年の勤務後に独立。独立後最初の確定申告で大きくつまづき、以後、本業のかたわら独学で社会保険、不動産、金融等の知識習得に励む。2018年、ファイナンシャルプランナーに。得意ジャンルは不動産で、実生活では中古マンションの購入、リフォーム、賃貸、売却を経験。やさしい日本語でにっぽんの制度や仕組みを説明する「やさしい にっぽん」を企画・運営。ほか執筆記事にパートだから社会保険に加入したくない。【2022年の条件は?】など。

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス