売り出す時期を間違えると、なかなか売れない?不動産のプロが、横浜市神奈川区のマンション売却事例を解説!

売り出す時期を間違えると、なかなか売れない?不動産のプロが、横浜市神奈川区のマンション売却事例を解説!

皆さんは家を売る時、「家を高く売りたいけれども比較的早く済ませたい」と思いませんか?今回はそのような方に向けて、家を高くそして比較的早く売れた新子安駅周辺のマンションの売却事例を紹介します。そして、家が高くそして比較的早く売れやすい時期について、今まで1万以上の物件を仕入れてきた不動産のプロが解説します。

監修

株式会社くふう住まい代表取締役

谷尾 和昭

三菱UFJ信託銀行(株)を経て、2011年、(株)ベストランド入社。 同社常務執行役員に就任し、営業本部長を務める。 (株)ベストランドを経て、2020年に(株)おうちのくふう取締役副社長に就任、営業部門を所管。 2021年7月、(株)おうちのくふう代表取締役社長就任。また、買取再販業(約15年)では累計1万件の仕入を行ってきました。

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

1.新子安駅周辺の街の特徴

1-1. 新子安駅周辺の街並み

新子安駅はJR東日本(京浜東北線)が乗り入れており、1日の乗降客数は2万人以上です。駅の北側には、オフィスビルとタワーマンションを備えた大型商業施設「オルトヨコハマ」があり、スーパーやレストラン、診療所などが入っています。

駅を北に7分歩くと、地元の人々に愛される焼き肉屋「味道苑」に到着します。創業から50年以上経つ老舗であり、20年以上通い続ける人も多く存在します。店の中で煙が充満していた昔から、「味もコスパも最高!」という理由で人気を博しています。

1-2. 新子安駅周辺の物件相場

神奈川区は神奈川県の中でもマンションの相場が高いエリアです。その神奈川区の中でも、新子安駅周辺のマンションは相場が比較的高くなっています。しかし、今回売却したマンションは、新子安駅周辺のマンションの中では相場が安かったです。このように、エリアやマンションによって相場は大きく変わります。

物件周辺の相場は、所在地や築年数、成約価格など取引された物件の具体的な情報が掲載された「成約事例」で確認することができます。横浜市神奈川区の成約事例は、オウチーノの「横浜市神奈川区の不動産売却相場で調べることができるので、売却を検討する際は一度確認しておきましょう。

2.売却体験談 ~新子安駅周辺~

2-1. リフォーム後わずか2週間で、相場よりも800万円高く売却!

今回売却した物件は、新子安駅から徒歩10分以内、築年数が約35年の中古マンションです。広さは約60㎡(3LDK)で、高層階に位置するリフォーム済みの部屋となっています。

家を売却する前にこのマンションの相場を調べたところ、前年度は1㎡あたり約35万円だったのに対し、その年の相場は1㎡あたり約46万円であり、年々相場が上昇していることがわかりました。直近では1㎡あたり約60万円で売り出されている物件が見られました。

自分の部屋の相場価格は約2800万円(1㎡あたり約46万円)でした。ただ、今回は部屋をリフォームして売り出そうと考えていたため、売出価格は相場よりも高い3980万円(1㎡あたり約65万円)に決めました。

部屋自体はリフォーム前の1月に売り出し始めました。ところが、リフォーム中は買い手からの反応は全くありませんでした。リフォームは4月の上旬に完成し、その後不動産会社に自分のマンションを含め近隣のマンションへ、自分の物件の売出情報を記載したチラシを配って回ってもらいました。

すると、リフォーム後わずか2週間で、自分と同じマンションに住む方から内覧の申し込みが入りました。その方は内覧をして部屋を大変気に入ってくれたようで、真剣に購入を検討してくれました。

もう少し値段を下げてほしいと言われたので、互いの合意のもと、価格を3980万円から3600万円(1㎡あたり約60万円)に下げ、相場の2800万円よりも800万円高く売却することができました。

2-2. 家が高くかつ早く売れた理由とは?

今回は、リフォームをしてたったの2週間で、同じマンションに住む方に家を売却するができました。正直言って、こんなにも早く売れたのはたまたまです。しかし、家を高く売り出したとしても比較的早く売れるように工夫はしていました。

その工夫とは、家を売り出すタイミングです。実は売り出す時期を調整するだけで、家が高く売れる可能性を上げることができます。そこで、次節以降は「家を売り出すベストな時期」について、不動産のプロが解説します。

3.家を高くスムーズに売るには、いつ家を売り出す?

3-1. 売出時期は1,4,7,10月がおすすめ!

家を相場よりも高く短期間で売却するには、1月、4月、7月、10月に売り出しをスタートさせることをお勧めします。その理由には不動産会社の裏の事情が大きく影響しています。

不動産会社には営業に力を入れる時期が存在します。それが3月、6月、9月、12月であり、これらは不動産会社の四半期決算締めの月になっています。不動産会社は、四半期決算締めの月になると、予算達成に向けて他の月以上に熱心に営業をする傾向があります。だからこそ、3月、6月、9月、12月は物件の売買が頻繁に行われ、結果として家が売れやすくなります。

3月、6月、9月、12月に家を売却させるには、その2か月前である1月、4月、7月、10月から売り出し始めるとよいです。なぜなら、購入希望者には、物件の売り出しについて知り、実際に物件を内覧する期間が必要だからです。3月、6月、9月、12月の2か月前を目安に家を売り出すとよいでしょう。

また、3月と9月は引っ越しシーズンと重なるので、物件の取引がより活発になります。そのため、1月と7月に家を売り出しておくと、売出価格が相場より高くても家が売れやすくなります。今回売却した新子安駅周辺の物件も、1月に売り出されていたため、他の時期と比べて家が高く売れやすかったと言えます。

3-2. 家が売れやすい時期を狙って物件を売る時のNG行為とは?

売出時期を1月、4月、7月、10月にしたからと言って、必ずしも短期間で家が売れるとは限りません。特に売出価格が高過ぎると、いくら3月、6月、9月、12月が家がよく売れる時期であっても、売却のチャンスを逃してしまいます。売出価格の設定には慎重になりましょう。

不動産の売買において値引き交渉は一般的で、多くの売主が値下げを前提に売出価格を決めています。3月、6月、9月、12月は家がよく売れる時期ですが、値下げを要求された時に断固として拒む姿勢でいると売却期間の長期化に直結します。家を高く素早く売るためには、家を売り出してから最初の2か月のうちに売却するように心がけましょう。

★まとめ

売出時期を1月、4月、7月、10月にすると、家の売出価格を相場よりも高く設定しても、短期間で売れる可能性が高まります。ただし、必ずしも売却がスムーズにいくというわけではないので、家を高く売ろうとし過ぎないことも必要です。

不動産の知識を持たない人が知らずに損をしてしまうという事態を防ぐため、他の売却事例でも売却する際の注意点を解説しています。さらに、家の査定を無料で行っていますので、家の売却を検討している方はぜひそちらも試してください。

今回の物件

項目   詳細       
市区町村    神奈川県横浜市神奈川区 
最寄り駅 新子安駅 徒歩10分以内 
所在階   高層階         
築年数 約35年       
広さ(間取り) 約60㎡(3LDK)   
向き     南東      
売出価格    3980万円     
成約価格    3600万円     
売却時期 2022年4月   
あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

関連記事

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス