【保谷駅】線路沿いのマンションもスムーズに売却!プロに学ぶ不動産売却のコツ

【保谷駅】線路沿いのマンションもスムーズに売却!プロに学ぶ不動産売却のコツ

線路沿いの物件は、売却するのが難しいと言われています。しかし、今回紹介する保谷駅のマンションは、線路沿いであるにもかかわらず、売り出し始めてから約100日、一般的なマンション売却で必要とされる期間でスムーズに売却できています。

この記事では、1万件の物件を仕入れてきた不動産のプロ監修のもと、線路沿いの物件をどうやったら高く早く売れるかについて解説します!

家の売却を考えて、この記事を読んでいる方は、不動産一括査定がおすすめです。下のフォームを入力すれば、 複数の会社の査定結果を比較 できるので、 高く・早く 売れる可能性が高まります。

  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

1.西東京市の保谷駅の中古マンション

1-1.保谷駅周辺はどんな街?

保谷駅北口

保谷駅は、上石神井駅から急行への乗り換えで池袋駅まで20分ほどでアクセス。路線バスを使うことで、西武新宿線やJR中央線方面へも行くことができます。保谷駅周辺の住宅街にはマンション、戸建てが立ち並び、東京のベッドタウンとなっています。

1-2.保谷駅周辺のこれからは?

西東京市空撮

保谷駅は2003年に北口の改築、南口もまた2012年に終了した再開発でロータリー、ベデストリアンデッキができ、タクシーやバスが行き来し、周辺地域からのアクセスもよいです。幹線道路以外の道路の歩道などの舗装工事が進められており、より安全で住みやすい街づくりが期待できます。保谷駅周辺の売却相場はオウチーノの「西東京市の不動産売却相場 」で確認できます。

1-3.保谷駅から駅近の物件だが...

保谷駅マンション

保谷駅の南口から5分ほど歩いたところにある今回の物件。30戸ほどの小規模な低層マンションが住宅街に溶け込み、落ち着いた雰囲気です。

物件の室内は20年ほど経っており、使用感がありましたので、フルリフォームでキッチンなどの水回りもすべて取り換え、新品同様にして売り出すことにしました。ただ一点、物件の北側を西武新宿線が走っており、いわゆる「線路沿い」の物件でした。通常、「線路沿い」の物件は、騒音・振動の問題からなかなか買い手が見つかりづらい物件です。

しかし、きちんと対策をして「売れる物件」にしたことで、売り出し始めてから約3カ月で売却できています。どうすれば売れる物件に変わるのか、不動産のプロが解説します。

2.線路沿いの物件の特徴は?

保谷駅線路

線路沿いの物件は、騒音や振動などによる売却の難しい物件です。実際に売ろうとする際、どのあたりがネックになるのか確認しておきましょう。

2-1.デメリット①:騒音、振動が気になる

線路沿いの物件は、電車が通るたびに騒音や振動が気になる可能性が高いです。駅が近いと、発射音やアナウンス、線路の音なども聞こえてきます。

2-2.デメリット②:プライバシーが気になる場合も

線路沿いは、部屋の位置によっては、電車からバルコニーや室内が見えてしまう場合があります。プライバシーが気になる人には勧めづらい物件です。

2-3.メリット①:生活利便性が高い

線路沿いの物件は、駅やお店が近く人通りのある環境です。生活利便性を重視する人にはおすすめできます。

2-4.メリット②:日当たりが良い

また、ベランダや窓が線路側に配置されている物件が多く、日光を遮る高いビルなどの建物が少ないため日当たりなどの採光面に関しては基本的に悪くはないといえます。

3.プロが解説!線路沿いにある物件の売り方

保谷駅マンション①

それでは、売却が難しい線路沿いの物件をどうやって「売れる」物件に変えられるのか、プロが解説します!

3-1.相場に応じた価格で売り出す

線路沿いの物件は、いわゆる「条件が良くない」物件に当たります。今回のマンションは対策がうまくいってスムーズに売却できましたが、通常、条件の良くない物件は、売却までの期間が長くなりがちなうえ、周辺の相場価格より低い価格がつく傾向にあります。

不動産会社に査定を依頼すると、会社によっては、物件を預かるためだけにマイナス条件を考慮せずに、査定価格を高く見積もる場合もありますが、周辺の相場をきちんと確認した上で、適正な価格で売り出すことが必要です。

高く売り出してしまうと、ただでさえ売りづらい物件の売却期間がさらに伸びてしまい、必要以上の値下げを迫られることになりかねません。

なお、保谷駅周辺の売却相場はオウチーノの「西東京市の不動産売却相場 」で確認できます。

3-2.防音対策をする

線路沿いの物件の防音対策

線路沿いの物件の最大のネックは、騒音・振動です。この部分を内覧してくれた人が気にならないと感じてもらえれば、駅までのアクセスがいい、日当たりがいいなどメリットもある物件として、うまく売却につなげやすくなります。

防音対策として、今回の物件では、リフォーム時にインプラス(二重サッシ)仕様対応をしましたが、通常の売却では、リフォームまでは難しいでしょう。ホームセンターで、防音カーテンや防音シート、遮音テープなど負担にならない範囲で、対策グッズを探すとよいでしょう。

3-3.線路沿いの物件であることを売り出し時にきちんと伝える

保谷駅マンション③

売却に不利な条件ほど伝えるのを避けたいところですが、インターネットやチラシで物件の場所や窓からの眺めなどをきちんと見せるようにしましょう。騒音は絶対に避けたいと考えている人が内覧に来ても、購入にはつながらないからです。

線路沿いの物件であることをあらかじめ伝えたうえで、それでも物件に興味を持ってくれた人に、内覧時にその物件のメリットを直接伝えるのです。今回の駅近の線路沿いの物件であれば、駅までのアクセスの良さ、商店街などが近く生活利便性が高いことのなどをメリットとして伝えることができるでしょう。

なお、通過本数が少ない路線であれば、電車通らない時間帯に内覧に来てもらえば問題ないと思う方もいるかもしれません。しかし、線路沿いであることは物件の周辺を歩けばすぐにわかりますし、仮に内覧時に騒音・振動に気づかなかったとしても、「重要事項説明書」と呼ばれる書類に、線路沿いのため騒音・振動が生じることについて記載する必要があります。

【重要事項説明書の記載例】

対象不動産北側には西武池袋線が通っております。鉄道車両通過時には騒音・振動等が生じることがあります。

この重要事項説明書は、売買契約をする前に読み合わせを行ったうえで買主は署名、捺印を行います。契約直前でのキャンセルを避けるためにも、事前に伝えておく必要があるのです。

4.まとめ

保谷駅南口

以上、線路沿いの物件の売却について紹介いたしました。線路沿いの物件は、騒音・振動のデメリットがあり、なかなか売却が難しい物件です。ぜひ、物件の売り方を押さえて、売却を成功させてください!

今回の物件

項目   詳細      
市区町村    東京都西東京市 
最寄り駅 保谷駅 徒歩10分以内
所在階   低層階        
築年数 約20年     
広さ(間取り) 約70㎡(3LDK)  
向き     南東     
売出価格    4680万円   
成約価格    4280万円    
売却時期 2022年5月  
あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

執筆
オウチーノニュース編集部

マイホーム購入のダンドリ、不動産売却にかかる費用、賃貸物件の探し方など、住まいの基礎知識から契約、税金といった専門的な内容までわかりやすく解説。宅地建物取引士や司法書士、税理士、FPなどの不動産・お金の専門家が、監修・執筆した記事を配信しています。
コンテンツポリシー

この記事に関するキーワード

あなたの家はいくら?
今すぐ一括査定
無料

不動産を売るならまずは一括査定!
一度に複数の査定結果を比較できるので、より高く売れる可能性が高まります。

査定する物件の住所を入力
  • STEP
    1
  • STEP
    2
  • STEP
    3
  • STEP
    4

powered by オウチーノ × HOME4U

不動産サービス