専有面積とは?計算方法、チェックの仕方を解説!

専有面積とは?計算方法、チェックの仕方は【売買・賃貸の基礎知識】

部屋を探すときに、広さをチェックするのに、大事なのが「専有面積」。
よく1ルームで探しているといっても、その広さはマチマチ。
ですので、専有面積のチェックは大事ですが、それって一体どうみればよいのでしょうか?

専有面積ってどの範囲をいうの?

一戸建ての広さを「床面積」と呼ぶのに対し、賃貸住宅の広さは「専有面積」と呼ばれます。
賃貸広告に書いてある専有面積とはどの部分でしょうか。
マンションやアパートなどの集合住宅では、個人的に使用できる部分と共同で使わなければいけない部分とがありますが、このうち、借主が個人的かつ独占的に使えるスペースのことを専有面積と呼びます。

2種類あるって知ってた?専有面積の計算方法

専有面積の計算方法には、内法面積(うちのりめんせき)と壁芯面積(へきしんめんせき)の2種類があります。
前者は壁の内側の実際に使用できる部分だけを面積とするもので、後者は、部屋を真上から見たときに壁の厚みの半分から内側を面積とする方法です。
壁心面積は壁の厚み半分も含んでいるため、実際に居住できる空間より少し広く表示されていることになり、内法面積のほうが居住空間そのままの広さを表しています。
登記簿での床面積は内法面積で、分譲マンションの広告は、一般的に壁芯面積が記載されています。
ただし、中古マンションについては内法面積で表記することができます。
賃貸用マンションやアパートなどは内法なのか壁心なのか、厳密にはわからないものが多いのですが、内法面積で表記されているものが多いようです。

専有面積に含まれる場所、含まれない場所

収納とトイレは、通常の生活で個人的に使用する部分ですので、居室空間ではありませんが、専有面積に含まれます。
しかし、バルコニーは専有面積に含まれません。
部屋に面しているバルコニーを日常的に使用するのはその部屋の居住者ですが、マンションやアパートではバルコニーが避難経路として使われるため、法律的には「共用部分」とされているからです。
次にロフトですが、建築基準法上、天井高や採光、広さなどに一定の条件が設けられていますが、居室とは認められていません。
よって、分譲マンションの広告では、「生活専有面積○平米、バルコニー○平米、ロフト○平米、合計○平米」というように、専有面積とは別に表記されています。
ただし、中には専有面積にロフトも含めて表記している不動産会社もありますので、念のため確認してみましょう。
また、メーターボックス(MB)も専有面積に含めないのが普通ですが、中にはこっそりMBを面積に入れているケースもあります。MBの扱いもどうなっているか聞いてみるのもいいでしょう。

あわせて読みたい