西街区41号棟 2018年11月撮影

スリム型レンジフード

汚れにくく、汚れてもお手入れが簡単な高品位ホーローを整流版に採用。薄型でデザイン性にも優れています。(プレミアム棟のみ)
西街区41号棟 2018年11月撮影

タッチレス水栓

吐水・止水は、吐水口先端のセンサーに手をかざすだけの楽々操作。料理の際などに濡れた手で水栓を触れずに済むので、水栓まわりを汚すことがありません。(プレミアム棟のみ)
東街区39号棟 2017年10月撮影

ビルトイン食器洗い乾燥機

約40点(5人分)の食器が洗えます。静音設計で手洗いに比べ低使用量で節水を可能にします。
東街区39号棟 2017年10月撮影

ベンチ付ラウンド浴槽

体にフィットするラウンド形状。ベンチで半身浴も楽しめます。FRP仕様で汚れがつきにくく、キレイが長持ちします。
東街区39号棟 2017年10月撮影

スライドフック付握りバー

シャワーフックを家族それぞれの使いやすい高さに調節できるスライドフック付握りバーを設置しました。
東街区39号棟 2017年10月撮影

暖房換気乾燥機

雨の日も洗濯物を清潔に乾燥。浴室のカビを防いで清潔な空間を保てます。予備暖房機能付で寒い時期も快適に入浴できます。

ボウル一体型カウンター

継ぎ目がなく汚れがたまりにくいお手入れが簡単なボウル一体型です。
※プレミアム仕様の棟以外。
東街区39号棟 2017年10月撮影

フチレストイレ

便器に縁のないフチレス形状&ハイパーキラミック仕上げ。傷や汚れに強い便器でお掃除がラクラクになります。
※プレミアム仕様の棟の1階トイレ以外。
東街区39号棟 2017年10月撮影

ホームセキュリティシステム

玄関ドアの不正解錠があると警備員が駆けつけるSECOMの遠隔監視セキュリティシステムを全邸標準で導入しました。
東街区39号棟 2017年10月撮影

ワイヤレステレビドアホン

使いやすく美しい、表面全体がフラットなタッチセンサー仕様。録画機能で留守中の来訪者をしっかり確認できます。

システムキー

リモコンキーをバッグなどに入れておけば、ドアに近づくだけでラクラク解錠。ドアが閉まると、自動で施錠します。

温水式床暖房

お部屋を足元から暖める床暖房を採用しました。空気の汚れ、においの心配もなく小さなお子様やお年寄の方も安心です。

宅配ボックス

不在時に届いた荷物を一時的に預かり、24時間いつでも取り出しが可能です。
※受け取り可能サイズに制限があります。また、一部取り扱えない荷物があります。

良水工房

良水工房の「オール浄水システム」なら飲み水や料理に使う水はもちろん、お風呂やシャワー・洗顔など、家の中で触れるすべての水が刺激の少ないやさしいお水に。2重ろ過方式で、まずは異物除去フィルターで、不純物や鉄サビをろ過し、さらにカーボンフィルターで残留塩素を低減します。それでいて、身体に有用なミネラル分は残します。良水工房なら家じゅうすべての水が、家族みんなが喜ぶ、やさしいお水に。
※全館浄水システム「良水工房」のご利用にあたり、異物除去フィルター・カーボンフィルターは、1年に1回の交換が必要となります(有償)。

エネファーム

水素を空気中の酸素と化学反応させて電気と熱を同時につくりだす先進の家庭用燃料電池システム「エネファーム」を全戸に採用。電気をつくる場所と使う場所が同じなので、エネルギーを無駄なく使える、環境にやさしいシステムです。

耐震等級3(最高等級)

耐震等級とは、国土交通省が定めた住宅性能表示制度における耐震性能を示す基準値です。耐震等級は1~3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。建築基準法では、数百年に一度程度発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。言い換えると、建築基準法で定められている基準が耐震等級1となり、等級1以上であれば住宅を建てることができるということになります。 そして、耐震等級2はその1.25倍、耐震等級3は1.5倍の耐震性を表す数値となります。
参考写真

住宅用制震ダンパーを採用

地震に強い2×4工法に加え、「住宅用制震ダンパー」(住友ゴム MIRAIE)を標準設置しました。優れたエネルギー吸収性能をもつ高減衰ゴムが、地震の揺れを最大95%低減します。余震など繰り返す揺れにも効果的。しかも「高減衰ゴム」の性能は90年経過してもほとんど低下せず、メンテナンスの必要もありません。

ベタ基礎を採用

建物の外周部の立ち上がり部分(布基礎部分)と、それに囲まれた建物の下部全体を鉄筋コンクリート造りの根状にしたものとをー体化し、強固に接続させる直接基礎のひとつです。布基礎に比べ、地盤に接する面が大きいため、不同沈下(建物が不揃いに沈下を起こすこと)を防止する効果があるとされています。

建設前に必ず地盤調査

地耐力を確認し、必要な場合は柱状改良や表層改良などにより十分な強度を確保してから基礎工事に入ります。地盤調査は建物の4隅と中央の計5ヶ所以上で実施しています。スウェーデン式サウンディング試験は、JISA1221に規定されている小規模建築物の地盤調査として最も実績の多い調査方法です。調査、改良の報告書をお引き渡し時にお渡しします。
イメージ図

2×4工法の家

「2×4工法」とは、主に2×4インチの構造材と構造用合板で構成されたパネルで家全体を4面の壁(垂直面)と、床・屋根(水平面)で構成する「枠組壁工法」のことで、北米から伝えられました。揺れや衝撃などの外力を面全体で分散して受け止めることで、耐震性・耐風性に強さを誇るとともに気密性、耐火性にも優れた効果を発揮する工法です。『デュオアベニューつくば吾妻東街区』では構造材にスプルース・パイン・ファー(混合樹種)の含水率が19%以下のKD材(乾燥材)を使用しています。

サーモスLサッシ

高性能なハイブリッドサッシ。

Low-E複層ガラス

結露を防ぐ複層ガラス。

基礎パッキン

室内壁に石膏ボード

耐火性に優れた石膏ボード&ファイヤーストップ材。

ロックウール

断熱性・保温・保冷性はもとより吸音性に優れた素材。

防腐処理済土台

万全のシロアリ対策と防腐処理。

住宅建設性能評価ダブル取得(予定)

第3者機関が指定どおりの性能があるか設計・施工にわたりチェックするので安心です。万が一のトラブル発生時には指定紛争処理機関の仲裁が受けられて安心です。購入者に耐震等級などの品質がわかりやすいため、売却する際の査定が有利になる可能性があります。
 
デュオアベニューつくば吾妻の詳細情報を見る

会社情報

売主
株式会社フージャースアベニュー 東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル10階<東京都知事(2)第95503号>

◎完成予想図・CG合成画面は、外観や風景・植栽等、実際とは多少異なることがあります。

◎掲載している情報は、全住戸には該当しない場合があります。

◎物件内容や契約条件に関しましては、お客様にて十分に確認をお願い致します。

掲載物件の情報について

オウチーノではユーザーの皆様に信頼される不動産情報サイトを目指し、 物件情報の中身の精度向上に努めています。 オウチーノに掲載されている物件情報で 「事実と異なる点や誤解を招く、分かりづらい表現がある」 「成約済みの物件が掲載されている」などお気づきの点がありましたら、こちらのページからご連絡ください。