学資保険って実はいらない!?後悔しないための「メリットVSデメリット」を徹底解説

学資保険って実はいらない!?後悔しないための「メリットVSデメリット」を徹底解説

こんにちは、キッズ・マネー・ステーション認定講師、ファイナンシャル・プランナーの金子由紀子です。

子どもが生まれて嬉しい一方で、将来の教育費をどうやって貯めようと悩む方も多いと思います。
我が家はすでに娘二人が社会人になって肩をなでおろしているところですが、学資保険加入当時の利率は今よりずっとよく、保険料総払込額長女約260万円、次女約270万円に対して満期時に300万円受け取ることができました。

今はなかなかこのような増え方は期待できません。それでも必要になる教育費。少しでもしっかり貯められる方法を考えていきましょう。

学資保険に入る目的

学資保険は、「保険」なので、子どもが病気になった時の入院費や保護者が万が一の時の育英資金(保険料払込は免除、進学の節目などの給付金)が支払われるなど、保障重視の特約も付けられますが、何を目的に学資保険に加入しますか?

まずは加入の目的を明確にしましょう。

保護者の死亡や子ども自身の病気やけがに備えるなら、生命保険や医療保険などほかの方法もあるからです。

将来かかるであろう「教育費」を貯めることが目的であれば、シンプルな内容で貯蓄性の高い商品を選ぶことが大事です。

下記は満期に300万円受け取れるタイプの保険料を試算したものですが、子どもの医療特約をつけなくても総払込額を下回ることがわかります。

●契約者30歳、子ども0歳18歳満期(18歳まで払い込むタイプ)

月額保険料 総払込額 受取満期金
医療特約なし 14,640円 3,162,240万円 300万円+配当金
医療特約付き 15,690円 3,389,040万円 300万円+配当金

※契約者・被保険者の年齢・性別により保険料は異なる。
※K社ホームページにて計算。

デメリットもあることを理解して加入しないと「こんなはずじゃなかった!」ということになりかねませんね。

学資保険に入るメリット

  • 毎月引き落としで確実に貯められる(途中解約しにくい)。
  • 契約時に定めた金額が必要な時期に受け取れる。
  • 保護者が万が一の時の保障が得られる。

学資保険に入るデメリット

  • 途中で解約すると、支払った保険料より低い金額しか戻ってこない場合がある。
  • 保障を充実させると、保障に回る保険料が多くなり貯蓄部分の返戻率が低くなる。
  • 保険会社が破綻した場合、支払われる保険金が減額される可能性がある。

学資保険が必要な人、不要な人

教育費を貯める手段は「学資保険」だけではありません。例えば、貯蓄や運用が得意でお子さんの進学時期までに200万円、300万円といった金額を準備できるような方はあえて「学資保険」に加入する必要はないように思います。

ただ、コツコツ貯金するのは苦手、資産運用などはリスクがありそうで怖いといった方には保障内容さえしっかり考えて加入すれば安心な商品だと思います。では、何に気をつけたらよいのでしょうか。

学資保険に入るなら注意したいこと

満期の時期

商品によって、中学・高校・大学進学時期などに分割して支払われるもの、大学等進学時期にまとめて支払われるもの、18歳~22歳まで分割して支払われるものなど多様です。

ご家庭の事情に合わせていつ、いくらくらい必要になるか見極めて加入することが大事になると思います。私自身は、大学等に進学するのであれば一番多くのお金が必要となる時期に一括で受け取れるような加入の仕方をしました。

また、最近は推薦入試等で高3の春から秋にかけて入学が決まることも少なくありません。合格が決まれば期日までに入学金や施設設備費など支払うことになりますので、学資保険の満期日は18歳の誕生日ではなく、早めに設定するのがお勧めです。満期前の解約は損になりますので、大事なポイントです。

必要な保障の選択

子どもの医療保障や保護者の保障など、さまざま付加することのできる学資保険ですが、保障をつけるほどその分返戻率は低くなります。「貯蓄」を目的とするのか、その他の「保障」が必要なのか、よく検討して加入するのが大切です。

学資保険で「教育費」のすべてを準備できるわけではない

大学や専門学校進学時に一括で200~300万円受け取れる、あるいは進学後毎年40~50万円受け取れるといった加入の仕方をする方が多いようです。

ただ、実際はこれで足りるわけではありません。国公立でも初年度に178万円、2年目以降108万円かかるというデータがあります(文部科学省平成28年度「子どもの学習費調査」、平成年度「教育費負担の実態調査結果」より試算)。

学資保険だけではなく、その他の貯蓄商品や円より利率のいい外貨(ドル)建ての積み立て商品(我が家では満期時にドルのまま受け取り、その後の短期留学や海外旅行に利用しました)、投資信託など組み合わせて準備するのがいいと思います。

まとめ

「たくさんかかって大変!」と思われる教育費。
ただ、いつ頃必要になるかわかっているので早く始めるほど負担も少なく準備しやすいとも言えます。
かわいいわが子のための教育費、計画的に上手に貯めていきましょう。

ライター:金子 由紀子(かねこ ゆきこ)

キッズ・マネー・ステーション認定講師ファイナンシャルプランナー 住宅ローンアドバイザー
生きていくために大切な「お金」のことを学ぶため、FP資格を取得。子ども・保護者・学生向けマネー講座をはじめ雑誌・WEBへの執筆など幅広く活動。KMS事務局として、マネー関連教材・講座の開発や全国各地でのイベント等の開催にも関わる。

キッズ・マネー・ステーション

キッズ・マネー・ステーションとは、「見えないお金」が増えている現代社会の子どもたちに、物やお金の大切さを知り「自立する力」を持ってほしいという想いで設立。全国に約160名在籍する認定講師が自治体や学校などを中心に、お金教育・キャリア教育の授業や講演を行います。2018年までに1000件以上の講座実績を持っています。