幼児教育・保育無償化でどうなる!?2019年10月以降変わるポイントをプロが解説

幼児教育・保育無償化でどうなる!?2019年10月以降変わるポイントをプロが解説

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの金子 由紀子です。

2019年10月から幼稚園・保育園児の授業料・保育料が無償化されます。無償化といっても全くお金がかからなくなる、というわけではありません。有償なものもあることをしっかり確認しておきましょう。

幼児教育・保育の無償化って?

共働き家庭の増加や少子化対策、海外諸国とも比べて高い教育費を軽減するため、子ども・子育て支援法に盛り込まれた制度です。

小学校・中学校は以前から義務教育で、公立であれば授業料や教科書代はかかりません。高校も2010年から授業料のみ無償化され、保護者の負担は軽くなりました(私立は公立高校の授業料相当分118,800円を基本額とし、保護者の年収により加算される)。

ただ、幼稚園の授業料や保育園の保育料は今まで各家庭の負担で(保育園は保護者の所得や子どもの人数により軽減措置がありましたが)、初めて家庭の外で社会性を身につけ、様々なことを学ぶ「幼児教育」が無償化されることはとても有意義なことだと思います。

幼児教育・保育無償化では、親の所得や子どもの人数に関係なく、すべての子どもを対象とする、としています。

ただ、無償とはいえ上限があり、学校教育法上「学校に類する教育を行う施設」によっては無償化対象外となるので、確認は必要です。

ここでは、無償化の対象となる施設についてまとめておきましょう(表1)。  

(表1)2019年2月12日閣議決定資料(文部科学省・内閣府HPより作成)

幼稚園 保育園 認定こども園
3~5歳 上限月25,700円まで無償(預かり保育を利用する場合+11,300円) 認可:無償、認可外:上限月37,000円 無償(預かり保育を利用する場合は+11,300円)
0~2歳 認可:住民税非課税世帯は無償、認可外:住民税非課税世帯は上限42,000円 認可:住民税非課税世帯は無償、認可外:住民税非課税世帯は上限42,000円

※給食費・制服代・行事費用・送迎バス代などは実費。幼稚園・こども園の預かり保育は、自治体による保育の必要性(仕事、病気、介護など)の認定がいる。専業主婦世帯の利用料は対象外。

幼児教育・保育無償化のメリット

メリット1:教育への金銭面の不安が減る

今まで「教育にはお金がかかるので、小さいうちから計画的にコツコツ貯めていこう」とお話ししてきましたが(これはもちろん今後も変わりません)、無償化されることにより、貯蓄に回すお金や習い事の選択肢が増えたりするのは、家庭にとっては嬉しいことですね。

メリット2:少子化の解消につながる

子どもの教育費の家計に対する不安から、二人目三人目を望んでいてもあきらめるご家庭もあるかもしれません。
授業料・保育料の無償化により、母親も働きやすくなり出生率も上がるとなかなか向上しない少子化に歯止めがかかる可能性もあります。

メリット3:平等な教育を受けることが可能

日本では憲法で誰でも等しく教育を受ける権利が保証されています。もし授業料や保育料が払えなくて幼児教育を受けられない子がいるとしたら残念なこと。無償化により、経済的格差による不平等を縮小することができるのです。

幼児教育・保育無償化のデメリット

デメリット1:財源の確保

幼児教育・保育無償化には国と地方の負担分を合わせて約8,000億円の予算があてられる予定ですが、この財源は消費税10%増税による増収分を見込んでいます。子育て世代には、国民みんなの協力があって実現する制度であることを忘れないでほしいと思います。

デメリット2:施設、教員・保育士の不足

今でさえ、「待機児童」が問題となっている地域もある中、無償化になることにより、利用したい乳幼児が増えることが予想され、幼稚園・保育園の施設の不足や、教員・保育士の数が足りなくなることも考えられます。子どもたちの安全を見守る教員・保育士の確保、待遇改善も検討課題です。

手続き・申請方法は?

すでに幼稚園や保育園に通っている場合は、園から手続き方法の説明や必要書類が配布されると思います。これから入園する方たちは、お住いの自治体に問い合わせ、申請してください。

家計管理で気を付けることとは?

子育て世代にとっては、とてもありがたい制度なので、無駄にしないよう有効に活用しましょう。例えば、幼稚園の授業料が毎月25,000円だとしたら、1年で30万円。3年間だったら90万円になりますね。

習い事などに使うのもOKですが、将来の大学等進学費用(入学金や初年度学費などに200~300万円は貯めておくのが理想)や留学費用(留学先や期間により異なる)などに取っておくのも一案です。

いつの間にか使ってしまった!ということのないように計画的に大切に、管理していきましょう。

金子 由紀子(かねこ ゆきこ)
キッズ・マネー・ステーション認定講師、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー。
生きていくために大切な「お金」のことを学ぶため、FP資格を取得。子ども・保護者・学生向けマネー講座をはじめ雑誌・WEBへの執筆など幅広く活動。KMS事務局として、マネー関連教材・講座の開発や全国各地でのイベント等の開催にも関わる。

キッズ・マネー・ステーション

キッズ・マネー・ステーションとは、「見えないお金」が増えている現代社会の子どもたちに、物やお金の大切さを知り「自立する力」を持ってほしいという想いで設立。全国に約160名在籍する認定講師が自治体や学校などを中心に、お金教育・キャリア教育の授業や講演を行います。2018年までに1000件以上の講座実績を持っています。