今習い事で人気の「リトミック」の効果とは?教室選びのポイントを元塾講師が解説

今習い事で人気の「リトミック」の効果とは?教室選びのポイントを元塾講師が解説

こんにちは、元進学塾講師で現在は幼稚園教諭をしているライターのnammmyです。

子どもに何かお稽古を習わせたいと思って調べた時に「リトミック」の名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

なんとなく、音楽関係やリズム遊びのようなイメージはつくけれども、実際のところどのようなものをリトミックというのか?
そしてリトミックの効果はどのようなものか知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はリトミックの魅力や、教室選びのポイントについてご紹介していきます。

リトミックとは?

幼児期の子ども達はスポンジのように様々なことを吸収し、日々成長していきます。
今後生きていく上での土台作りをする大事な時期だからこそ、お父さんお母さんや、お友達と音楽を通じて楽しく触れ合うことで成長を助長するリトミックは幼児期におすすめの習い事です。

リトミックは20世紀初頭にスイスの作曲家エミール・ジャック=ダルクローズ博士によって創案された音楽教育法で、児童心理学、生理学の観点から幼児期の人格形成教育として知られています。
日本でも明治時代から音楽家や舞踊家などの間で広まり、戦後になって本格的にリトミック教育がスタートしました。

今では幼稚園や保育園の保育活動の中で取り入れられたり、児童館や子育て支援センターなどのイベントやお稽古ごとで人気があり、子ども達が身近に触れ合うことのできるものになりました。

リトミックの効果とは?

特定非営利活動法人リトミック研究センターによれば、人格を形成するには心(マインド)、力(パワー)、性(キャラクター)の3つがお互いに補い合い成長していくものとされています。
リトミックは人間にとって最も身近で親しみやすい音楽を使って子ども達に働きかける作用があります。

リトミックは音楽を集中して聞き、即座に反応する即時反応を重視します。
この「感じ→考え→行動をする」というのは人間が生きていく上で非常に大切な能力です。

集中して音楽を聞くことにより集中力や注意力などの力(パワー)が身に付き、音楽を聞いて自由に表現することで積極性や創造性などの性(キャラクター)が発揮され、次はどんな音を鳴らそうかな、リズムにしようかな、お友達がこうだったら次はこうしてみようかななどと思うことにより競争心や向上心、探求心などの心(パワー)を育むことができます。

単に音楽の能力を身につけるだけでなく、これらの生きていく上で欠かすことのできない要素の成長を促すのがリトミックの最大の魅力です。

リトミックと体操・お遊戯との違いは?

リトミックと体操・お遊戯は、一見音楽をかけて体を動かすことから同じように思われることもあります。

しかし、体操やお遊戯は決まった形があり、それらを繰り返し反復練習することで、完成形に近づけていきます。

一方でリトミックの動きやリズムに正解はありません。
音楽を聞き、その音を楽しみ、即座に体中や楽器を使って表現します。
手や足踏み、お腹をたたいてみたり、楽器を使ってみたり。
またペットボトルに鈴を入れたオリジナルの楽器など自由に使って行います。

音楽を身体全体で感じ、それを自由に表現するのがリトミックの基本です。

何歳から始めるといいの?

リトミックは首座りをした2、3か月の赤ちゃんから通うことのできるベビーリトミックというものもあります。
産後、一人で育児をしていて、煮詰まってしまったり、孤独感を感じるお母さんもいる時期です。
外に出て、音楽に親しむことで赤ちゃんのためだけでなく、お母さんのストレス発散にもなるので近くにお教室がある方はベビーからの参加もおすすめです。

参加する際に早いから良い、遅いから悪いということはなく、乳児期から2歳ぐらいまではおうちの方と一緒に楽しみ、3歳ぐらいからは少しずつ社会生活の練習としてお友達や先生と楽しむ場になります。

興味のある方はぜひ一度近くの教室に体験にいってみるのがおすすめです。

リトミックは中学受験に活用できるの?

ではリトミックのどのようなところが中学受験に活きてくるのでしょうか?
それは近年トレンドの公立中高一貫校を入試を中心に行われている適性検査に活きてきます。

この入試方法は一般の中学入試の4科目とは違い、理系、文系といった形で出題されます。
内容も小学校で習うものしか出ず、学校で習ったことを元に思考、表現力が問われるような問題が出されます。
記述量がとにかく多く、問題を読み、考え、自身の解答を記述する能力が求められてきます。

この力がまさにリトミックの「感じ→考え→行動する」というプロセスで自然と身につけることができます。

日本人は協調性があることが美徳とされているところがあり、大人数の中で自身の考えを述べるのが苦手な人も多くいます。
しかし、これからも国際社会を生き抜くためには周りの意見に耳を傾けつつも自身の考えをしっかり述べ、表現することのできる人材が求められており、そのような子どもを多くの公立中高一貫校、私立中学では求めています。

そのような能力が幼いうちに楽しく身につけることができたら、その子にとっての大きな強みとなります。

リトミックの教室選びのポイントは?

リトミックは大変人気のある教室のため、様々な種類があります。
そのご家庭の目的に沿ったお教室選びがポイントです。

筆者の近所にあるリトミック教室を例にいくつかおすすめポイントをご紹介します。

英語リトミック

一つ目は英語リトミックです。
講師が外国人で英語でリトミックを行ってくれます。
リトミックのみでなく、英語に親しめることが魅力です。
英語とリトミックを同時に学ぶことができるので家計の負担は少なく通うことができます。

ハワイアンリトミック

二つ目はハワイアンリトミックです。
講師はフラダンスの先生もしている方でハワイアンミュージックを使い、リトミックを行います。
時にはアロハを着たり、レイを付けて、ウクレレを用いてリトミックを行います。

音大出身の講師によるリトミック

三つ目は音大出身の講師によるリトミックです。
講師は音大のマリンバ科出身で、ピアノ教室も行っており、教室においてある楽器の種類も豊富です。
音楽のプロなので、音楽教育に特化したリトミックを受けることができます。

保育園併設の場所で行われているリトミック

四つ目は保育園に併設されている支援センターで行われているリトミックです。 現役保育士が講師をしているので、リトミックだけでなく、集団生活の基礎を教えてくれたり、育児相談にものってくれます。

それぞれ教室の雰囲気や講師の経歴も違うため、同じリトミックでも全く雰囲気が違います。
気になる教室は一度体験にいき、子ども自身が一番楽しく通うことのできる教室が一番です。

目的に応じて教室選びをしてみてくださいね。

nammmy
幼稚園教諭(元塾講師)

大学で児童学を専攻、新卒で低学年専門教諭として塾に勤務。結婚を機に幼稚園教諭に転職。 今は1歳と3歳の2児の男の子ママとして育児の傍ら、ライターをしています。