2020年4月の改正でどう変わる?【私立高校の授業料無償化】のしくみとは

2020年4月の改正でどう変わる?【私立高校の授業料無償化】のしくみとは

こんにちは、キッズ・マネー・ステーション認定講師、ファイナンシャルプランナーの串宮由紀子です。

2019年10月幼児教育の無償化が始まりましたが、2020年4月からは「高等学校等就学支援金制度」の改正が行われます。

そこで、「高等学校等就学支援金制度」の概要と改正ポイントについてご紹介します。

高等学校等就学支援金制度とは?

「高校無償化」と言われていますが、正式には「高等学校等就学支援金制度」と言います。 高等学校等における教育費の経済的負担を軽減するため、国が授業料を支援する制度です。すでに全国で約8割の生徒が利用しています。

受給資格について

「高等学校等就学支援金制度」の受給資格については以下の通りです。
受給資格をすべて満たす方に支給されます。

  • 国立・公立・私立は問わず、高等学校、高等専門学校(1~3年)、専修学校(高等課程)等の学校に通う生徒
  • 日本国内に住所を有する方

受給の対象にならない方

受給資格について、上記に当てはまる方でも、以下のいずれかに該当する方は対象となりません。

  • 保護者等の道府県民税所得割と市町村民税所得割の合算額が50万7,000円以上の方(年収目安約910万円以上の方。 ※両親、高校生、中学生の4人家族で両親の一方が働いている場合の目安)家族の人数や年齢、働いている人の人数等で実際に対象となる年収は変わります。
  • 高校学校等を既に卒業または修了した方
  • 高等学校等に在学した期間が通算して36月を超えた方

現状の支給額

現状の支給額(全日制高校の場合)について、公立と私立では以下のようになっています。
※定時制・通信制の場合は異なります。

公立学校に通う生徒

現状、公立高校授業料相当額(年額11万8,800円)が支給されており、国公立高校は授業料負担が「実質0円」になっています。

私立学校等に通う生徒

所得に応じ、年額29万7,000円、23万7,600円、17万8,200円、11万8,800円という支給額になっています。

2020年4月から「高等学校等就学支援金制度の制度」改正でどう変わる?

(1)私立高校等に通う生徒の「就学支援金」の上限額を引上げ

下図のように現在は全日制私立高校の場合、支給額が4段階に分かれていますが、2020年4月以降は年収目安(※)が、約590万円未満世帯の生徒を対象に、私立高校の平均授業料を勘案した水準まで上限額を引上げられます。

※両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の一方が働いている場合の目安。
出典:文部科学省 2020年4月からの「私立高等学校の授業料の実質無償化」リーフレット(令和元年5月)より。

上限額の引上げは、現在、就学支援金の対象となっている学校に適用され、引上げ後の支給額は在校生(2020年4月より前に入学した生徒)にも適用されます。

「就学支援金」の上限額を引上げにより、年収約590万円未満世帯では、「私立高校の授業料実質無償化」となる予定です。

(2)所得の判定基準の変更

もう1つの変更点として、所得の判定基準が、地方税の「所得割額」から、保護者等の「課税所得」へ変わります。

所得割額とは地方税である住民税(道府県民税・市町村民税)を算出するときに用いる金額で、前年度の収入をもとに計算されます。

一方、課税所得とは、国税である所得税を算出するときに用いる金額で、今年度の収入をもとに計算されます。

まとめ

今回解説した「高等学校等就学支援金制度」のほかにも、都道府県によっては、独自の授業料支援を行っている場合があります。

詳しくはお住まいの都道府県にお問い合わせて確認してみましょう。
申し込みは学校を通して行います。入学時などに学校から案内がありますので、忘れずに申請をしてください。

今回は2020年4月に改正される「高等学校等就学支援金制度」についての概要と年収制限等についてご紹介しました。

2019年10月から始まった「幼児教育の無償化」、また2020年4月から始まる「大学無償化」にも該当する場合、教育費の負担は今後大幅に軽減されると思います。

それぞれの制度の仕組みを理解し、要件を満たす場合、提出期限に注意し申請しましょう。

執筆者:串宮由紀子(くしみや ゆきこ)
キッズ・マネー・ステーション認定講師/ファイナンシャルプランナー 2013年、ママ達が気軽にお金について話す場を設けたく、マネーサロンなないろを立ち上げ、子育て中のママという立場から、ママと子ども達へお金についてわかりやすく伝授している。2014年9月には、ママとキッズがトータルでお金について学べる「ママとキッズのお金管理マスター塾」を開講。自らも2人の娘(中1、小4)にマネー教育を実践。

キッズ・マネー・ステーション

キッズ・マネー・ステーションとは、「見えないお金」が増えている現代社会の子どもたちに、物やお金の大切さを知り「自立する力」を持ってほしいという想いで設立。全国に約160名在籍する認定講師が自治体や学校などを中心に、お金教育・キャリア教育の授業や講演を行います。2018年までに1000件以上の講座実績を持っています。