【事例6選】隠さない梁(はり)で格上げリビングに大変身

【事例6選】隠さない梁(はり)で格上げリビングに大変身

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

皆さんは家の「梁(はり)」を見たことがありますか? 梁は屋根や床など建物の上からの荷重を支える部材です。梁は見えないように設計されているのが一般的ですが、この梁をあえて見せる家が増えてきています。日常のなかで見上げたところに家を支える梁があると、より家を身近に感じることができるのかもしれませんね。梁をあえて見せる家をお届けします。

1.梁の自然な色が空間にマッチ

梁の自然な色が空間にマッチ


スケルトンリフォームで空間を刷新。梁の濃い色合いがホワイトを基調とする空間を際立たせています。

2.リビングのシンボルに

リビングのシンボルに


梁と壁と床が三位一体となって調和しているリビング。勾配のある天井のため圧迫感もありません。

3.構造用化粧梁で強度を補強

構造用化粧梁で強度を補強


広いリビングに強度補強のため梁を4本新設。構造用の化粧梁を使うことで空間づくりの重要な一部に。

4.既存の梁を木板化粧して活用

既存の梁を木板化粧


そのままでは異質なものだった梁。木板化粧を施しインテリアと調和したよいアクセントに。

5.隠されていた梁が50年以上を経てお目見え

和モダンな空間にもエコカラット


築50年以上の古民家。隠されていた立派な梁を見せて吹き抜けにし、開放的な家になりました。

6.天窓からの光は梁を介して

自然な空調は寝室にピッタリ


梁を見せることにより、高い天井とアクセントのある空間に仕上げました。天窓からの光が梁を介して自然に伝わります。

あわせて読みたい