130

さいたま市浦和区の中古一戸建て・中古一軒家

130件中1-30件を表示中
さいたま市浦和区では一戸建ては、約24,170棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は35.3%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては32.5%です。さいたま市浦和区の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約26.9%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約21.6%です。さいたま市浦和区の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は119.9㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は5.6つとなっています。さらに、売却用の空き家率は0.6%となっています。

価格相場の目安

50㎡以下50~100㎡100~200㎡200~400㎡400~600㎡
築10年以内
3,739万円
(74.8万円/㎡)
4,343万円
(54.3万円/㎡)
4,313万円
(39.2万円/㎡)
16,184万円
(61.1万円/㎡)
-
築10~20年
-
3,800万円
(38.0万円/㎡)
4,208万円
(37.6万円/㎡)
13,633万円
(44.7万円/㎡)
-
築20~30年
2,350万円
(50.0万円/㎡)
3,920万円
(49.0万円/㎡)
4,232万円
(30.9万円/㎡)
6,039万円
(25.2万円/㎡)
-
築30年以上
1,226万円
(27.3万円/㎡)
1,235万円
(19.0万円/㎡)
3,935万円
(26.8万円/㎡)
7,941万円
(30.5万円/㎡)
-

さいたま市浦和区一戸建て・一軒家取引実績の傾向

さいたま市浦和区でよく取引されている面積は、100です。この土地面積は、首都圏や近畿圏、愛知などの都心部の新築一戸建ての平均土地面積(70~80㎡)に近いです。また、さいたま市浦和区でよく取引されてる物件の築年数は、0です。このことから、新築の一戸建てが数多く売買されたと考えられます。さらに、さいたま市浦和区の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は12となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

さいたま市浦和区のデータ

さいたま市浦和区埼玉県の平均
面積11.5k㎡3797.8k㎡
人口154,4167,266,534
人口密度13415.8人/k㎡1913.4人/k㎡
15歳未満の人口割合13.4%12.5%
65歳未満の人口割合20.3%24.6%
外国人人口割合1.0%1.4%
一人暮らし人口割合35.0%30.5%
ファミリー人口割合59.9%61.3%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。

さいたま市浦和区とさいたま市大宮区どっちに住むのが良い?

埼玉県の県庁所在地さいたま市浦和区。平成13年5月・平成の大合併で埼玉県浦和市はさいたま市浦和区となりました。
埼玉県民の間では浦和・大宮問題という一種の縄張り争い的な論争が流行った時代もありました。例えば県庁の移転問題。平成の大合併に伴い、旧浦和市から旧大宮市寄りのさいたま新都心(さいたま市中央区)に移転するという話がありましたが、浦和の猛反対により移転話はなくなりました。大宮区は新幹線・在来線のターミナルとなる大宮駅を中心に繁華街が広がる一方で、住宅となるマンションや戸建ては大宮駅までバス通勤が必須となってしまう懸念があります。浦和区の中心・JR浦和駅は伊勢丹やパルコなど人気施設もありつつ、マンションや戸建ての住宅街も駅近くに広がっているので、不動産の資産価値からも浦和区にメリットがあるといえます。

さいたま市浦和区で一人暮らしにおすすめの場所

さいたま市浦和区の中心はJR浦和駅です。さいたま市を南北に横断している京浜東北線・埼京線・湘南新宿ライン・高崎線・宇都宮線が乗り入れており通勤や通学など東京・横浜と大宮・川越方面へのアクセスが可能です。ただ、JR浦和駅始発の電車はありません。駅前や駅構内には浦和パルコやアトレ浦和などがあり、週末は若い人を中心に賑わっている街です。アクセス便利で買い物環境が整っているので一人暮らし向けのマンションも多い一方で家賃相場も高めです。
同じさいたま市浦和区内でも一人暮らしにおすすめできるエリアはJR浦和駅の隣駅・京浜東北線「北浦和」です。その理由は埼玉大学や県立浦和高校など人気の学校が多く学生が多い街です。そのためマンションの家賃相場も浦和よりも安く設定されている印象があります。浦和エリアは坂道や階段など起伏が激しいスポットも少ないので自転車があるとより生活がしやすい場所になります。

さいたま市浦和区
駅、市区町村を検索してみましょう