瀬戸内市の中古一戸建て・中古一軒家

瀬戸内市では一戸建ては、約13,540棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は83.9%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては80.0%です。瀬戸内市の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約36.6%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約16.5%です。瀬戸内市の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は143.0㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は6.7つとなっています。さらに、売却用の空き家率は0.3%となっています。
6件中1-6件を表示中
瀬戸内市