7

広島市中区の中古一戸建て・中古一軒家

7件中1-7件を表示中
広島市中区では一戸建ては、約10,900棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は14.0%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては11.5%です。広島市中区の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約49.3%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約17.0%です。広島市中区の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は115.3㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は5.4つとなっています。さらに、売却用の空き家率は0.7%となっています。

価格相場の目安

50㎡以下50~100㎡100~200㎡200~400㎡400~600㎡
築10年以内
2,801万円
(62.3万円/㎡)
3,284万円
(41.1万円/㎡)
3,578万円
(31.1万円/㎡)
-
-
築10~20年
-
2,400万円
(36.9万円/㎡)
2,898万円
(23.2万円/㎡)
-
-
築20~30年
-
3,500万円
(41.2万円/㎡)
8,824万円
(70.6万円/㎡)
-
-
築30年以上
844万円
(18.8万円/㎡)
1,105万円
(15.8万円/㎡)
3,352万円
(24.8万円/㎡)
-
-

広島市中区一戸建て・一軒家取引実績の傾向

広島市中区でよく取引されている面積は、100です。この土地面積は、首都圏や近畿圏、愛知などの都心部の新築一戸建ての平均土地面積(70~80㎡)に近いです。また、広島市中区でよく取引されてる物件の築年数は、0です。このことから、新築の一戸建てが数多く売買されたと考えられます。さらに、広島市中区の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は45となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

広島市中区のデータ

広島市中区広島県の平均
面積15.3k㎡8479.5k㎡
人口136,6402,843,990
人口密度8919.1人/k㎡335.4人/k㎡
15歳未満の人口割合10.5%13.2%
65歳未満の人口割合22.8%27.2%
外国人人口割合2.5%1.2%
一人暮らし人口割合57.7%34.5%
ファミリー人口割合38.7%57.5%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。
広島市中区