106

大阪市阿倍野区の一戸建て・一軒家

106件中 1-30件を表示中

大阪市阿倍野区の一戸建て・一軒家について

大阪市阿倍野区では一戸建ては、約20,140棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は34.4%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては30.0%です。大阪市阿倍野区の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約40.7%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約18.3%です。大阪市阿倍野区の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は123.1㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は5.7つとなっています。さらに、売却用の空き家率は0.6%となっています。

大阪市阿倍野区一戸建て・一軒家価格相場

価格相場の目安

50㎡以下50~100㎡100~200㎡200~400㎡400~600㎡
築10年以内
2,700万円
(54.0万円/㎡)
4,038万円
(53.8万円/㎡)
5,091万円
(46.3万円/㎡)
-
-
築10~20年
1,900万円
(47.5万円/㎡)
2,730万円
(39.0万円/㎡)
3,900万円
(39.0万円/㎡)
11,875万円
(39.6万円/㎡)
-
築20~30年
1,733万円
(43.3万円/㎡)
2,045万円
(33.0万円/㎡)
4,073万円
(29.1万円/㎡)
-
-
築30年以上
788万円
(17.5万円/㎡)
1,232万円
(18.9万円/㎡)
3,250万円
(21.7万円/㎡)
8,000万円
(25.8万円/㎡)
-

大阪市阿倍野区一戸建て・一軒家取引実績の傾向

大阪市阿倍野区でよく取引されている面積は、65です。この土地面積は、首都圏や近畿圏、愛知などの都心部の新築一戸建ての平均土地面積(70~80㎡)に近いです。また、大阪市阿倍野区でよく取引されてる物件の築年数は、0です。このことから、新築の一戸建てが数多く売買されたと考えられます。さらに、大阪市阿倍野区の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は4となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

大阪市阿倍野区のデータ

大阪市阿倍野区大阪府の平均
面積6.0k㎡1905.1k㎡
人口107,6268,839,469
人口密度17997.7人/k㎡4639.8人/k㎡
15歳未満の人口割合12.4%12.4%
65歳未満の人口割合25.3%25.8%
外国人人口割合1.5%1.7%
一人暮らし人口割合41.9%37.5%
ファミリー人口割合51.7%56.1%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。

大阪市阿倍野区で人気のスポット

大阪市阿倍野区といえば大阪有数の繁華街であり、日本で一番大きな高層ビル〈あべのハルカス〉や大型ショッピングモール〈あべのキューズモール〉が建設された地区になります。これらを初め多数の商業施設が集積された場所であり、同じく繁華街として有名な梅田・難波と比べ、主要駅〈天王寺駅〉の周りに大型の商業施設が集約されており、狭範囲で様々な場所に買い物に行けるという利点があります。
また、天王寺駅直結で多数の場所に枝分かれした屋根付きの歩道橋が伸びている為、信号待ちゼロ、雨に濡れる心配もゼロでスムーズに目的地に行くことが出来ます。この歩道橋は大阪ではわりとメジャーなスポットで、テレビのインタビュー取材の場所としてもよく選ばれているので、興味のある方は行ってみては如何でしょうか。

大阪市阿倍野区に住むメリット・デメリット

大阪市阿倍野区は地下鉄御堂筋線・谷町線やJRといった大阪で主要な路線の通る、非常にアクセスの良い地区になります。梅田・難波といった大阪の主要都市にも乗り換えなく一本で行くことが出来るため、通勤・通学及び週末に遊びに出掛ける時もとても便利です。また阿倍野区には多数の塾・予備校が集約されている為、勉学に力を入れたいと考えているご家庭にはオススメだと思います。
ただ、阿倍野区に住む上でデメリットがあるとすればそれは治安の面です。阿倍野区は大阪の中でも治安が悪いとされる地域に隣接しており、それらの場所に踏み込むことはあまりお勧め出来ません。しかし、阿倍野区内には帝塚山・北畠といった所謂高級住宅街が存在しており、阿倍野区内は至って治安が良いお金持ちの住む街です。周辺の地域に気をつければ、とても住みやすく良い街だと言えます。

大阪市阿倍野区
駅、市区町村を検索してみましょう