502

西宮市の一戸建て・一軒家

502件中 1-30件を表示中

西宮市の一戸建て・一軒家について

西宮市では一戸建ては、約85,890棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は34.9%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては30.1%です。西宮市の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約21.5%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約22.0%です。西宮市の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は121.6㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は5.6つとなっています。さらに、売却用の空き家率は0.6%となっています。

西宮市一戸建て・一軒家価格相場

価格相場の目安

50㎡以下50~100㎡100~200㎡200~400㎡400~600㎡
築10年以内
2,900万円
(58.0万円/㎡)
4,453万円
(49.5万円/㎡)
4,898万円
(39.2万円/㎡)
4,501万円
(18.8万円/㎡)
4,007万円
(7.9万円/㎡)
築10~20年
2,000万円
(40.0万円/㎡)
3,211万円
(37.8万円/㎡)
4,419万円
(30.5万円/㎡)
3,690万円
(14.8万円/㎡)
8,484万円
(18.6万円/㎡)
築20~30年
-
2,550万円
(30.0万円/㎡)
3,617万円
(23.3万円/㎡)
2,838万円
(12.6万円/㎡)
14,238万円
(31.0万円/㎡)
築30年以上
779万円
(17.3万円/㎡)
1,400万円
(20.0万円/㎡)
2,755万円
(19.0万円/㎡)
3,318万円
(13.0万円/㎡)
12,600万円
(28.0万円/㎡)

西宮市一戸建て・一軒家取引実績の傾向

西宮市でよく取引されている面積は、90です。この土地面積は、首都圏や近畿圏、愛知などの都心部の新築一戸建ての平均土地面積(70~80㎡)に近いです。また、西宮市でよく取引されてる物件の築年数は、0です。このことから、新築の一戸建てが数多く売買されたと考えられます。さらに、西宮市の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は8となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

西宮市のデータ

西宮市兵庫県の平均
面積100.0k㎡8401.0k㎡
人口487,8505,534,800
人口密度4880.5人/k㎡658.8人/k㎡
15歳未満の人口割合13.5%12.8%
65歳未満の人口割合22.4%26.8%
外国人人口割合0.9%1.4%
一人暮らし人口割合35.0%32.7%
ファミリー人口割合59.0%59.3%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。

西宮市で人気のスポット

兵庫県西宮市は阪急沿線と夙川エリアを中心に戸建てが並び、私立の学校も多く、「お屋敷」といわれる物件が続く高級住宅街として有名ですが、最近の人気のスポットは、西宮北口駅になります。阪急神戸線と阪急今津線の交差駅となり、梅田駅と三宮駅のほぼ中間に位置し、梅田までも、神戸三宮までも、宝塚へもすべて14分と通勤やおでかけにも非常に便利です。もともと球場があった場所を再開発した西日本最大級のショッピングモール「阪急西宮ガーデンズ」と直結していて、映画館もあります。北側には高層マンションが並び、複合施設も併設しています。また南西側も再開発され、タワーマンションが立ち並び、兵庫県立芸術文化センターもあり、文化と教育の雰囲気が漂います。

西宮市で高級住宅街とされる地区

兵庫県西宮の高級住宅街は、西宮七園といわれる「香櫨園」「苦楽園」「甲陽園」「甲東園」「甲風園」「昭和園」「甲子園」で、駅でいうと阪急甲陽線の「甲陽園駅」「苦楽園口駅」、阪急宝塚線の「甲東園駅」、阪急神戸線「西宮北口駅」「夙川駅」から阪神本線の「香櫨園駅」「甲子園駅」になります。
このうち「西宮北口駅」の北側の「昭和園」エリアはマンションが立ち並びますが、それ意外のエリアは邸宅といわれるような戸建てが並ぶ住宅街になっています。
「苦楽園」エリアは、隣りが芦屋市六麓荘という関西エリアで最も高級住宅地と言われるエリアで、同様に豪邸の物件が並んでいます。
「苦楽園」「甲陽園」「甲東園」は坂もあり、駅からは遠くバスや車を利用するところも多くあります。この高級住宅街地区には、関西で有名な「神戸女学院中・高校・大学」や男子中・高校「甲陽学院」「関西学院」があります。

西宮市
駅、市区町村を検索してみましょう