251

尼崎市の新築一戸建て・新築一軒家

251件中1-30件を表示中
尼崎市では一戸建ては、約86,260棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は36.3%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては31.7%です。尼崎市の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約33.4%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約21.1%です。尼崎市の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は107.3㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は5.3つとなっています。さらに、売却用の空き家率は1.1%となっています。

価格相場の目安

50㎡以下50~100㎡100~200㎡200~400㎡400~600㎡
築10年以内
2,211万円
(44.2万円/㎡)
3,400万円
(37.8万円/㎡)
3,740万円
(34.0万円/㎡)
14,571万円
(54.0万円/㎡)
20,425万円
(47.5万円/㎡)
築10~20年
1,350万円
(30.0万円/㎡)
2,100万円
(30.0万円/㎡)
3,067万円
(26.7万円/㎡)
5,290万円
(23.0万円/㎡)
13,037万円
(29.6万円/㎡)
築20~30年
730万円
(16.2万円/㎡)
1,218万円
(17.4万円/㎡)
2,957万円
(21.9万円/㎡)
7,533万円
(26.9万円/㎡)
10,750万円
(21.5万円/㎡)
築30年以上
491万円
(10.9万円/㎡)
824万円
(12.7万円/㎡)
2,320万円
(16.0万円/㎡)
4,321万円
(16.6万円/㎡)
8,044万円
(15.9万円/㎡)

尼崎市一戸建て・一軒家取引実績の傾向

尼崎市でよく取引されている面積は、90です。この土地面積は、首都圏や近畿圏、愛知などの都心部の新築一戸建ての平均土地面積(70~80㎡)に近いです。また、尼崎市でよく取引されてる物件の築年数は、0です。このことから、新築の一戸建てが数多く売買されたと考えられます。さらに、尼崎市の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は14となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

尼崎市のデータ

尼崎市兵庫県の平均
面積50.7k㎡8401.0k㎡
人口452,5635,534,800
人口密度8922.8人/k㎡658.8人/k㎡
15歳未満の人口割合11.1%12.8%
65歳未満の人口割合26.8%26.8%
外国人人口割合1.7%1.4%
一人暮らし人口割合41.2%32.7%
ファミリー人口割合52.2%59.3%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。

尼崎市で子育てにおすすめの地区

兵庫県尼崎市で子育てにおすすめの地区は、静かな住宅街が広がる阪急沿線になります。とくに武庫之荘駅がおすすめです。戸建てを中心としたエリアで、近くには武庫川が流れていたり、西武庫公園には四季折々の花が咲いていますし、電車好きの子どもが喜びそうな信号機や踏切があるほか、公園が複数あって、子どもが遊べる遊具や池などもあります。南側には北図書館もあり、読み聞かせなどもやっています。ほか子育て支援している「すこやかプラザ」もあります。また、隣の塚口駅には、さんさんタウンやつかしんなどのショッピングモール、その先の園田には、コストコやイオンモール、島忠・ホームズなどもあって、お買い物にも便利です。スーパーの激戦区にもなっているため新鮮で安い食材が揃っています。また、梅田(大阪)まで15分、東西南北に駅がつながる西宮北口にも1駅と、通勤にも便利。

尼崎市に住むメリット・デメリット

兵庫県尼崎市に住むメリットは、利便性です。大阪には10〜15分エリア、三宮も20分以内です。また、スーパーの激戦区といわれている上、大型のショッピングセンター、デーパート、家電ショップ、スポーツショップ、コストコなどがあり、お買い物も便利で安いです。もともとは田園地帯だったので、緑も多く、田能遺跡ほか、文化財も多く残っています。最近では、尼崎城を再建するということで話題になりました。
また、一方、デメリットは、空気が悪いなどの環境風評があることです。実際には、尼崎市を流れる神崎川や武庫川、庄下川はいまや下が見えるほどきれいで、鳥や魚がたくさん繁殖していて、川沿いで遊ぶ人や散歩する人を多く見かけます。2013年には「環境モデル都市」に選定されていたり、「尼崎21世紀の森」構想で海沿いにある運河を「尼崎運河」として再開発しており環境に力をいれている市になります。

尼崎市
駅、市区町村を検索してみましょう