0

大川市の新築一戸建て・新築一軒家

検索結果はありません
検索方法を変えてみましょう。たとえば、
  • 駅・エリアを変える
  • 間取り、価格などのフィルターを変える
大川市では一戸建ては、約9,880棟建っています。全体から見ると、一戸建ての住戸は77.9%を占めています。そのうち、持ち家の一戸建ては73.8%です。大川市の一戸建てを防災の面から考えると、現在建っている一戸建てのうち、1981年以前(旧耐震基準)の一戸建ては全体の約49.3%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降の一戸建ては約11.1%です。大川市の一戸建て住戸の特徴として、その平均延べ床面積は148.4㎡です。そして、一戸建ての平均部屋数は6.6つとなっています。さらに、売却用の空き家率は0.2%となっています。

価格相場の目安

50㎡以下50~100㎡100~200㎡200~400㎡400~600㎡
築10年以内
-
-
1,600万円
(8.2万円/㎡)
-
-
築20~30年
-
-
463万円
(2.5万円/㎡)
825万円
(3.8万円/㎡)
1,595万円
(2.8万円/㎡)
築30年以上
-
181万円
(2.0万円/㎡)
710万円
(4.6万円/㎡)
622万円
(2.2万円/㎡)
900万円
(1.8万円/㎡)

大川市一戸建て・一軒家取引実績の傾向

大川市でよく取引されている面積は、500です。この土地面積は、都市部を除く全国の平均土地面積に近いです。また、大川市でよく取引されてる物件の築年数は、36です。築30年以上の物件は、中古一戸建て全体の中でも出回っている物件が多く、成約数も多い条件の一つです。これは、建物価格が値下がりし、かなり購入しやすい価格帯となっていることが大きな理由のひとつと考えられます。ただし、築31年以上の一戸建てを購入する際は、見た目のチェックだけではなく、設備や建物の構造、建て替えの規制をしっかりチェックし、補修やリフォーム、建て替えが必要かどうかを見極めましょう。さらに、大川市の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は75となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

大川市のデータ

大川市福岡県の平均
面積33.6k㎡4986.4k㎡
人口34,8385,101,556
人口密度1036.2人/k㎡1023.1人/k㎡
15歳未満の人口割合10.5%13.3%
65歳未満の人口割合32.9%25.6%
外国人人口割合0.4%0.9%
一人暮らし人口割合26.2%37.4%
ファミリー人口割合53.4%54.5%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。
大川市