和光市の中古マンションを探す

75
前のページへ
75件中 / 1-30件を表示中
適正な修繕積立金の物件に住もう!
長く安心して住みたいけど、この物件の「管理」は大丈夫かな?
適正な修繕積立金とは?
修繕積立金はマンションの「貯金」です。将来のメンテナンスのため、一定の金額を毎月コツコツ貯めていく必要があります。
この貯金が十分に貯められているマンションは、しっかり管理がされており建物が長期に渡って良好に維持される可能性が高いです。
国交省が推進する「マンション管理計画認定制度」では適正な修繕積立金の基準を設けており、オウチーノではこれを満たしているマンションに「適正な修繕積立金」マークを表示し、推奨しています。
一方で、多くのマンションでは修繕積立金の額が不足しており、十分な維持管理がなされない恐れがあります。それを防ぐためには修繕積立金を変更する必要がありますが、住民間の合意形成(総会決議)は容易ではありません。
修繕積立金が適正なマンションを購入することで、将来のリスクを軽減することが出来ます。
現在の検索条件
駅・地域
埼玉県 / 和光市
詳細条件
この条件で
不動産会社に相談
ネット未公開の物件が見つかるかもしれません
物件をリクエスト
新着メールを受取る
条件に合った新着物件がいち早く受け取れます

和光市のマンションについて

和光市ではマンション(非木造の建物のみ)は約1,550棟建っています。全体から見ると、マンション・アパートの住戸は76.4%を占めています。そのうち、持ち家のマンションは24.6%です。和光市のマンションを防災の面から考えると、現在建っているマンションのうち、1981年以前(旧耐震基準)のマンションは全体の約15.6%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降のマンションは約25.2%です。和光市のマンション住戸の特徴として、その平均専有面積は71.4㎡です。そして、マンションの平均部屋数は4.0つとなっています。さらに、11階建て以上に住む高層マンション世帯が12.2%います。

和光市マンション価格相場

価格相場の目安

30㎡以下30~60㎡60~90㎡90~150㎡
築10年以内
-
3,300万円
(55.0万円/㎡)
3,505万円
(52.3万円/㎡)
-
築10~20年
-
2,727万円
(45.5万円/㎡)
3,281万円
(46.9万円/㎡)
4,659万円
(50.6万円/㎡)
築20~30年
705万円
(47.0万円/㎡)
2,200万円
(40.0万円/㎡)
2,383万円
(36.7万円/㎡)
-
築30~40年
650万円
(43.3万円/㎡)
2,200万円
(40.0万円/㎡)
3,300万円
(47.1万円/㎡)
4,073万円
(44.3万円/㎡)
築40年以上
-
825万円
(18.3万円/㎡)
1,100万円
(16.9万円/㎡)
-

和光市マンション取引実績の傾向

和光市でよく取引されている面積は、65です。この面積から考えると、主に夫婦や小さい子供を持つ家族世帯に人気のマンションエリアである可能性があります。理由としては、国が掲げる「誘導居住面積水準」から、世帯別のマンションの理想の住まいの広さは、夫婦と3~5歳未満の子供世帯で65㎡、5歳以上の3人世帯で75㎡とされているためです。また、和光市でよく取引されてる物件の築年数は、18です。築15~20年前後のマンションは、築15年を境に価格が大きく下落します。そして、そのまま価格が安定する傾向があります。さらに、和光市の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は45となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

和光市のデータ

和光市埼玉県の平均
面積11.0k㎡3797.8k㎡
人口80,8267,266,534
人口密度7321.2人/k㎡1913.4人/k㎡
15歳未満の人口割合13.9%12.5%
65歳未満の人口割合16.8%24.6%
外国人人口割合2.1%1.4%
一人暮らし人口割合41.1%30.5%
ファミリー人口割合53.6%61.3%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。

和光市に住むメリット・デメリット

埼玉県和光市に住むメリットは、東武東上線、東京メトロ有楽町線、都心線と3路線が利用可能のため、アクセスが非常に良いといえます。東京都と隣接しているためベッドタウン化しているのでファミリー向けのマンションや一戸建てなどの不動産も多い傾向にあります。

和光市で子育てにおすすめの地区

埼玉県和光市は都心へのアクセスの良さからベッドタウン化していますが、ファミリー層が多く住んでいる市ともいえます。アメリカ軍朝霞キャンプの跡地にできた緑豊かな「和光樹林公園」や北部の「荒川河川敷運動公園」などファミリーでお出掛けしたくなる大きな公園があります。和光樹林公園のから少しだけ足を延ばせば練馬区の「大泉中央公園」へも行くことができます。また「和光市総合児童センター」は市内で一番大きな児童センターで、プール、体育遊戯室、科学館、グラウンドなどを持つ児童施設です。都心に近い立地ですが、子どもが自由に遊べる環境が多くあるので、子育て世代やファミリー層には住みやすい環境といえるでしょう。

和光市
駅、市区町村を検索してみましょう