1013

足立区の中古マンション

1013件中1-30件を表示中
足立区ではマンション(非木造の建物のみ)は約12,370棟建っています。全体から見ると、マンション・アパートの住戸は69.3%を占めています。そのうち、持ち家のマンションは20.0%です。足立区のマンションを防災の面から考えると、現在建っているマンションのうち、1981年以前(旧耐震基準)のマンションは全体の約21.4%、新耐震基準の内容が大きく改正された2000年以降のマンションは約29.9%です。足立区のマンション住戸の特徴として、その平均専有面積は65.8㎡です。そして、マンションの平均部屋数は3.7つとなっています。さらに、11階建て以上に住む高層マンション世帯が11.6%います。

価格相場の目安

30㎡以下30~60㎡60~90㎡90~150㎡
築10年以内
1,300万円
(65.0万円/㎡)
2,750万円
(50.0万円/㎡)
3,400万円
(48.6万円/㎡)
4,343万円
(45.7万円/㎡)
築10~20年
2,200万円
(73.3万円/㎡)
2,400万円
(40.0万円/㎡)
2,600万円
(40.0万円/㎡)
3,906万円
(41.1万円/㎡)
築20~30年
760万円
(38.0万円/㎡)
1,800万円
(32.7万円/㎡)
1,900万円
(31.7万円/㎡)
3,895万円
(41.0万円/㎡)
築30~40年
738万円
(29.5万円/㎡)
1,571万円
(28.6万円/㎡)
1,600万円
(26.7万円/㎡)
-
築40年以上
684万円
(22.8万円/㎡)
1,007万円
(22.4万円/㎡)
1,500万円
(23.1万円/㎡)
-

足立区マンション取引実績の傾向

足立区でよく取引されている面積は、60です。この面積から傾向を考えると、1人暮らしや夫婦世帯が数多く住むマンションエリアということが考えられます。理由としては、国が掲げる「誘導居住面積水準」から、世帯別のマンションの理想の住まいの広さは、一人暮らし世帯で40㎡、2人暮らし世帯で55㎡とされているためです。また、足立区でよく取引されてる物件の築年数は、9です。築年数5~10年の物件は、中古マンションの中で、成約率がぐっと高くなります。これは、昔のマンションと比べて保存状態がかなり良く、価格的にもお手頃感が出てくるといった理由が考えられるでしょう。さらに、足立区の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は6となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。

足立区のデータ

足立区東京都の平均
面積53.3k㎡2190.9k㎡
人口670,12213,515,271
人口密度12584.5人/k㎡6168.7人/k㎡
15歳未満の人口割合11.8%11.2%
65歳未満の人口割合24.6%22.2%
外国人人口割合3.2%2.8%
一人暮らし人口割合41.4%47.3%
ファミリー人口割合52.4%47.8%
※このデータは平成27年度の国勢調査に基づき作成しています。

足立区で人気のスポット

東京都足立区で人気のスポットは北千住駅前です。駅前にはマルイやルミネの商業ビルが並び、地元以外の人も多く訪れる買い物スポットとなっています。また、近代的な賑やかさもありながら下町の面影を残し、路地商店街があるのも面白い街並みだといえます。ホルモン焼き、古民家カフェ、古い居酒屋、弁当屋など歩いているだけでも楽しいところ。なぜか、猫が多いのも下町の土地柄でしょうか。

足立区で子育てにおすすめの場所

東京都足立区で子育てにおすすめのエリアといえば千住大橋駅周辺です。大規模な都市再開発を行い、駅前には商業施設ポンテポルタがあり、食品、病院、雑貨などが揃います。大型マンションもあり、戸建ても共存する街です。マンションの供給が進んでいるので家族連れのいる家庭が多く、さくら公園や隅田川沿いも綺麗に整備され、子供連れで遊ぶ姿が家族の姿がふえたエリアです。

足立区
駅、市区町村を検索してみましょう