鶴見緑地駅の中古マンションを探す

11
適正な修繕積立金の物件に住もう!
長く安心して住みたいけど、この物件の「管理」は大丈夫かな?
適正な修繕積立金とは?
修繕積立金はマンションの「貯金」です。将来のメンテナンスのため、一定の金額を毎月コツコツ貯めていく必要があります。
この貯金が十分に貯められているマンションは、しっかり管理がされており建物が長期に渡って良好に維持される可能性が高いです。
国交省が推進する「マンション管理計画認定制度」では適正な修繕積立金の基準を設けており、オウチーノではこれを満たしているマンションに「適正な修繕積立金」マークを表示し、推奨しています。
一方で、多くのマンションでは修繕積立金の額が不足しており、十分な維持管理がなされない恐れがあります。それを防ぐためには修繕積立金を変更する必要がありますが、住民間の合意形成(総会決議)は容易ではありません。
修繕積立金が適正なマンションを購入することで、将来のリスクを軽減することが出来ます。
現在の検索条件
駅・地域
大阪府 / 大阪市鶴見区 / 鶴見緑地駅
詳細条件
この条件で
不動産会社に相談
ネット未公開の物件が見つかるかもしれません
物件をリクエスト
新着メールを受取る
条件に合った新着物件がいち早く受け取れます

鶴見緑地駅マンション価格相場

価格相場の目安

30㎡以下30~60㎡60~90㎡90~150㎡
築10年以内
-
-
3,379万円
(50.4万円/㎡)
-
築10~20年
-
-
3,558万円
(50.8万円/㎡)
-
築20~30年
-
1,200万円
(20.0万円/㎡)
1,200万円
(20.0万円/㎡)
-
築30~40年
-
1,650万円
(30.0万円/㎡)
1,140万円
(19.0万円/㎡)
-

鶴見緑地駅マンション取引実績の傾向

鶴見緑地駅でよく取引されている面積は、55です。この面積から傾向を考えると、1人暮らしや夫婦世帯が数多く住むマンションエリアということが考えられます。理由としては、国が掲げる「誘導居住面積水準」から、世帯別のマンションの理想の住まいの広さは、一人暮らし世帯で40㎡、2人暮らし世帯で55㎡とされているためです。また、鶴見緑地駅でよく取引されてる物件の築年数は、12です。築年数が10~15年以内のマンションは、成約率が高くなります。これは、新築より3割程度安くなる傾向があるためです。さらに、鶴見緑地駅の物件でよく取引されている物件と駅までの距離は4となります。

※国土交通省「不動産取引価格情報」に基づき、実際の新築・中古を含む売買取引事例から、オウチーノ独自の方法で相場価格を算出し、各項目を表示しています。
鶴見緑地駅
駅、市区町村を検索してみましょう