成田湯川駅の新耐震基準の中古マンション一覧

新耐震基準の物件の一覧です。新耐震基準とは、1981年6月1日以降の建築確認において適応されている建物の構造基準を指します。これは、震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと、震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないという基準で定められています。
1
適正な修繕積立金の物件に住もう!
長く安心して住みたいけど、この物件の「管理」は大丈夫かな?
適正な修繕積立金とは?
修繕積立金はマンションの「貯金」です。将来のメンテナンスのため、一定の金額を毎月コツコツ貯めていく必要があります。
この貯金が十分に貯められているマンションは、しっかり管理がされており建物が長期に渡って良好に維持される可能性が高いです。
国交省が推進する「マンション管理計画認定制度」では適正な修繕積立金の基準を設けており、オウチーノではこれを満たしているマンションに「適正な修繕積立金」マークを表示し、推奨しています。
一方で、多くのマンションでは修繕積立金の額が不足しており、十分な維持管理がなされない恐れがあります。それを防ぐためには修繕積立金を変更する必要がありますが、住民間の合意形成(総会決議)は容易ではありません。
修繕積立金が適正なマンションを購入することで、将来のリスクを軽減することが出来ます。
現在の検索条件
駅・地域
千葉県 / 成田市 / 成田湯川駅
詳細条件
新耐震基準
新着物件通知
現在の検索条件の物件が新しく掲載されたときに、お知らせを受け取れます
成田湯川駅
駅、市区町村を検索してみましょう